2005/9/18

(無題)  

月見というのはもっともお手軽な天体ショー。
お手軽とはいっても、天体ショーってのは
その日のその夜だけのイベントである。
また日が昇れば日常が待っている。
その時間の出来事シチュエーション全部を含め
ぼけーと見れる“その時間”があることに
シアワセな気分にひたれる。


そんなシアワセな日の最終、
辞めて6年にもなるのに
「今回私がプロデュースしました。
 お店でかけてもらえませんか」
とCD渡された。
だーからオラ店員じゃないんだよってば。




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ