2016/7/23

浜松花蝶ちん2日間  チンドン

ということで、「浜松花蝶ちん」も地元賑やかしに頑張っているグループである。出入りして7年になるだろうか。いまさらプロだからアマチュアだからという仲ではない。ましてや依頼仕事に変わりはない。

掛川市 長谷地区の夏祭りと、浜松市内の和雑貨店 周年売出し、2日続きの依頼。泊まりまで用意していただいたので行ってきた。

花蝶ちん、ひさしぶりなのだ。というのも昨年暮に座長が亡くなった為、(既に決まっていたのを除き)活動を控えていたのだ。その間で以後続けるか否かの意識改革が行われたのはいうまでもない。もう座長取り巻きの仲良しグループではないのだ。

掛川 長谷地区夏祭り、本番始まり会場の公園に出てみると、まだ小さい子供連れの若家族がおのおのビニールシート広げ盛り上がっていた。聞くところによると人口急増地区で(今時)小学校も大きいらしい。確かに周りを見渡すとマンションもあるがコーポも多い。

夏の集まりはこれだけで、あらためて盆踊りというのはやらないらしいが、地域密着が薄いはずの新興住宅地でこのように盛大な地域イベントができるというのは、そこにスタッフの尽力が伺える。

画像はナシよ。

2016/7/23

接し方  チンドン

三ヶ根宣伝社(=ワタシ)は独立個人商店のようなもので、所属フリーです。出方(でかた:他グループへの出張)にプロアマ問いません。(もちろん志向が合えば)
そもそも愛知県のプロチンドン屋は、1つは女性グループ、もう1つは立上げ直後、この2つしかないわけですから。

ちんどんに限らず大衆芸能という分野は、独立した職業として発生し確立できるのは需要の多い都会ならでは。

例えばニューオリンズの葬式バンド、ファンファーレチョカリーナのようなジプシーバンド、宮城は北村大沢楽隊、岐阜の地歌舞伎、田舎温泉旅館のストリップ(ハナシに聞くだけ)等々…、芸の向上に日々邁進しながらも普段の生活は地域に密着している。

結局は、意識 志向の問題で、そこにプロだアマだと簡単に線引きはできない。

ただ、プログループでの仕事の時、(簡単な線引きで分けてしまう輩に)アマグループのメンバーから雇っているのかと思われぬよう、仕事はきっちり行うことは心がけている。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ