2008/3/27

(無題)  

私のスミカから最寄り駅は
JR東海道本線、三河塩津という駅で
500メートルほどのところにあります。
その隣の蒲郡という駅だったら
たいていのモノは停まるので
テキトーに行きゃなんか乗れる、
というペースで電車はやってくるのですが
この三河塩津は普通電車しか停まらないので
30分に1本しかない、ということになるのです。
蒲郡競艇場の目の前の駅で
蒲郡競艇場といえば
毎日ナイターがウリになっているのに
そんなんでいいのかJR。

それにひきかえ深夜の貨物列車の本数はかなり多く
名古屋の地下鉄の本数以上あるのではないかと思うほどである。
ウチからは30m程隔てたところに線路が走っている。
最初土地を見たとき
あら、線路が近いなぁとは思ったが
JR旅客車両の通過音というものは
(ガード下のライブハウスKDハポンしかり)
レールの継ぎ目さえなければ
そう、たいしたものではないので
これくらいでないとかえって寂しすぎるという考えで
好意的に受け入れたのだが
さすが日本の大動脈東海道本線、
深夜にこんなに貨物列車が通るのはちと計算外。
それも貨物は重い、編成も長い、
それを機関車1台で引っ張るのだから
それなりの出力、重量の機関車。
全体として音、振動がかなりあるのだよ。
以前は名鉄本線踏み切り近くに住んでいたことあるから
こんなことは慣れっこなんですがね、
それでも名鉄なら深夜はお休みだったしなぁ。










teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ