2008/3/2

(無題)  

この時期、年中行事として静岡は久能山
石垣いちご刈に行くことに決めている。
いちご刈なんぞわざわざ静岡まで行かなくとも
三河方面でいっくらでもあるのだが
小学生のときのバスツアーで体験して以来
あのカベ(石垣)に向かってむしゃむしゃという
クラいのかアカルいのかよーわからん行為が忘れられず
この歳になって行こうと思い立って今年が3回目。
ってことは思い起こすこと2年前。
復活戦にあたり最初は折り込みチラシによくある
バスツアーというオキラク旅(酒も呑めるし)も
候補に入れてはみたものの具体的な案もなく
結局単独行動した。
静岡市久能山に着くとあたりはいちごの香りが
充満しているのにまず感激、
なんとたった2人で行ってもハウス1棟独占できるのだ。
(ただし食ってもいいのはその半分くらいまでにしきられる)
バスツアーだと自分の立った前のエリア1mくらいだから
それを思えば感激ひとしお、
それ以来年中行事と決めてしまった。
決して食い放題としての値段は安く無い。
スーパーで売られているいちごの値段をおもえば
モトとるためにはそうとうの気合をいれなければならない。

静岡までビンボー人は高速なぞ使いません。
だがしかし1号線を走っていると
この先何とかバイパスという緑の看板が良く現れます。
緑看板ってことは、つまりは
知らんうちに有料道路に堕とし込もうという
蟻地獄作戦には乗ってはなるものかと
この案内表示が出てくるたんびに
市街地道路に迂回していたのだが
去年の帰路でこの何とかバイパスたちってのは
全部タダだということを知り
今年は次々に現れる何とかバイパス、迷い無く突入する。
さすがバイパスっちゅーくらいあって
だいぶ時間の節約できて到着。

今年は15m程のハウス一棟ぜーんぶあてがわれた。
但し時間は30分勝負。
え、ここの全部食っていいんですか
ぜーんぜんいいけど端から順番にせめて行ってね
とルールを確認し戦闘開始。
だがしかし10分もするとハラはってきた。
20分目は既に惰性。
結局3m位しか進めなかったというお粗末な結果に。
去年もおととしもあてがわれたエリア内
それなりに完食したんだけどなぁ、
いちご侮るべからず。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ