2005/9/10

(無題)  

ケニーズは今日オープンさせねばならぬ。
まだまだ今日も近くのホームセンターで材料かって
シロウト工事を続ける。

メインの作業というより
ちょっとそこのはさみを取ってくるとか
メジャー取るとかペン取るとか、
2,3歩のことなのだが
暑さの空気をかきわけてとりにいくことがまいる。

工事進行遅れながら何とか遅れオープン。
さすがにオープン日のジャムセッションは
久々なヒトにも会えてよかったよかったってところかな。

2005/9/9

(無題)  

今週は2,3時間の睡眠×ヨルヒル2回という
1日を倍使う?2元生活を送っている。
カラダまいらないように
ゆきちゃんラーメン。

2005/9/8

(無題)  

移転先新ケニーズはビル2階で、
その建物の1階は喫茶店で、
そこの人がこのビルオーナーつまり大家。

工事手伝いに行ったところ、
その喫茶店でメシ喰う事になった。
営業時間終了間際の入店、および
大家、店子という立場上
(大家である)おばちゃんの勧められるまま
(つまり本日分の仕込みの余りの)
ハンバーグカレーを喰う事になった。

最近めったにコメ喰わぬ私が
“キッサテンでカレー”くうなんて
かなりの久しぶりの事件なのだ。

このおばちゃんは聴くところによると
(というか聴かないでもべらべらしゃべるタイプ)
喫茶店で一代築いた人らしい。

その辺さすが、
このカレーは、食った後コーヒーが飲みたくなるような
見事にキッサテンカレー味だったのである。
しゃくだからコーヒーはがまんしたけど。


2005/9/7

(無題)  

即興音楽的ライブ見てきた。
出演ユニットは3つ。
そのうちの1つが
(たぶん)ギャグとして
「じゃ、今からこのユニットはスタンダードやります。」
といって演奏を始めたのだが、
このイベントに対する方向性、ユニット構成からすれば
スタンダードの意味するところは
勝手に“ジャズ”スタンダードが想像されてしまうところが
このギャグのミソなわけで。

そもそも何に対してのスタンダードか、
という基準点をどこに置くかによって
世界は変わってくるのだ。
ジャンルのみならず、その音楽コンセプトに合った
奏法、テクニック、飛び道具、等。

基準点を、このライブイベントの意図するところ
(いわゆるフリーとか即興とか、厳密にはメンドウなのだが
 ようは“いわゆる”そんなカンジ)にもってくれば、
このユニットがいっっっちばん“スタンダード”なことを
それも、その“スタンダード”に向かって
旨くやっているように聞こえてしまったのだよ。
ジャズミュージシャンがジャズスタンダード曲を
上手に演奏するように。
それがいい、わるいかはノーコメント。


2005/9/6

(無題)  

今日は自分の新構想バンドの予定を決めに
他店に挨拶。

喫茶店なのだが台風が来るってんで
半閉め状態、
火起こすのメンドウそうだから
コーヒー頼むつもりできたんだけど
(私でも酒ばっかりではなくそおいう事もあります)
ビールにした(結局ね)

新構想といっても
最近奇をてらわないすっきりしたことが
やりたくなった。

今まで“このてのもの”は“おんがくとして”
おもしろくなく思っていた。
が、果たして自分が“このてのもの”をやったとして
本当におもしろくないのか
と思ったのだ。

なので今回は
メンバーもすっきり系を揃え
誰が聞いてもジャズに聞こえるものを
ジャズってどんなんかなぁというヒトのまえで
やってみたいと。
(もちろんおざなりのスタンダード演奏、
 或いは最近の唄えなさそうなモダン系バンド
 にしないのはあたりまえ)

ってことで来月10月22日北区フォーティサーティ決定。

その後、先日書いたように
ケニーズが金山に移転、それも
土曜日にはオープンさせるつもりでいるので
私は今週は予定が埋まっている日以外は
その手伝いに。
最初はテンション高くちゃっちゃと動けるんだが
だんだん座っている時間のほうが長くなり
そのうち頭も働かなくなってくる。
あーぁどーなることやら


2005/9/5

(無題)  

偶然なんだけど10月には「尾張藩」
ホームグランドのケニーズ以外に
演る機会ができてきた。
そんなところに
岐阜・岐南町ソウルダイナってとこが15日あいているから
デモ音源持っていったらやらしてもらえるよ、
と、その店に出没する方から教えていただいた。
ってことになれば10月は
それこそいろんなとこ回るバンドになるのだ。
予定チラシにハクがつくっちゅーもんやね。

だがしかし…
デモ音源…
書面だけだったら⇒の告知コーナーなカンジの
ハッタリバンドなんだがなぁ
まともな演奏残ってねーぞぉ〜
ライブ自体は演奏自体もまともじゃないが
音量でハッタリきかせるバンド、
録音バランスもMDの自動レベル録音じゃ
追いつかなくて歪んでばっかだし。
それ修正してもスカスカ。

まあとりあえず、少ない音源よりむりやり編集でっちあげて
そのお店に持っていった。

「ほうほう、ジャンルは…
 みなさんこのお歳でフュージョンですかぁ…」
「はぁ、フュージョンといってもキメキメなんぞではなくて…
 というかやってもじじいばっかなので合わないんです」
「フュージョンってキメが難しいですよね、
 私もプリズムとかのコピーやってましてね」
ひえ〜こまったなぁ、へたくそなのすぐばれるじゃん。

「ライブハウスってのは
 ライブやると、店にお客さん付かないし
 普段普通の飲み屋でお客さんつくっても
 ライブはそおいうお客さんこないし
 というジレンマですよね」
(自分たちで呼ばないと来ないということね)
「すんません、私ら、やっと外(の店)でも
 やろうということなんで
 このエリアに知り合いなんていないんで
 集客も期待できないんですが…」
「じゃ対バンにしましょう
 一応こちらでもあたって見ますが
 他にそちらでこころあたりでもあれば」

ってことなんでだれかおりませぬか、岐阜方面バンド


2005/9/4

(無題)  

本日は名古屋のパンクの殿堂ハックフィンで演るんだねぇ。
何やるかって?
これから打ち合わせするんですよ。
ベースに至ってはリハなし本番勝負だし。
すんません。

今日のプログラムは5組、
ほかのグループはってーと
人生パンクにどっぷり浸かって
たぶんふだんからよく集まって
スタジオ借りてリハでも本番さながら大アクションで
大汗かいて練習しているだろう人たちを対バンに
まことにもうしわけないねぇ。

私ら似非(えせ)パンカーです。
数ある(らしい)パンクのジャンルとしては
さしずめ“エセパン”ですか、
ほんとにすんません、ってなキモチで望む。

5組あるとリハ待ちだけで結構時間とられるのだが
今日を通して、たとえば、
ちょっと外に出た、くらいのタイミングだけで
4人(4組)も知り合いが前を通った。

(その4組のなかには皆様おなじみ神出鬼没、
 元同級生のTぽんもはいっているのですよ
 おかしいよ、絶対)

本日今池祭りをやっていたにしても
みなさん、この一本裏手のみちで逢うとは。

たいてい
「おーおー、あれま、こんなとこでなにやってんの」
「きょうここでパンクやるんだよ」
「ぎゃははは、(とウケてしまう)へーがんばってね〜」
って会話ですがね。

今日はなんせ私らはパンカーだからね、
ダイエーでビール買って来て
王将で餃子買って来て
路上に座り込んで喰っちゃう。
(パンカーっちゅうもんをなめているわけではありませんです、
 決してそんなんではありませんから、すんませんです、ハイ)

本番が始まった。

ほかの組たち、みんなおもしれーわ。
思っていたよりずっと“音楽”になっている。
普段これをBGMとして聴こうとは思わないけど
こーいうシチュエーションだといいなぁ

一番ヒトのよさそうなヒトが
本番ではいちばんエグイこえで
“ぐぃがぁおぁいえぇぇ”とシャウトしてたりするのは
さすがパンクですねぇ。

私らといえば、なんといってもベース、
元パンカー(ギターだったらしい)のツッチーが
(今はジャズベースよ)
今ここでパンクやってるってことが
なんかおかしくてしょうがなかった。

普通だったら電気ベースをピックでべんべん弾くところを
彼はアップライトベースで
その速度でランニングするからね。

しかし聴いているみんなは
“デカイ音”自体がよっぽど好きな連中なんだね
PAの前にだんだん寄ってくるし
そこでバリトンにマイク突っ込んで
最低音“ぶっ”とふいてやると
よろこぶよろこぶ

終ってから他バンドの人たちが
巧いというより、なんかすごいってカンジですねぇと
言ってくれた。

おもえばずーっとそういわれているなあ

以前私について
このように紹介されたことがあった。

この人はうんこ画家です。
どーしようもないうんこしか描かないです。
ただ、うんこってーのは
フツーの人が上手に描けば描くほど
キタナイものになるのですが
この人が描くとそんなうんこがいいもんだなぁと
思わせてくれます。

今日はさしづめ
大壁面に大うんこ描いて、
それを見たヒトがすごいうんこですねー
といっているようなものか。

全体終了後、打ち上げに誘われたのだが
「今日は電車できているのでご無礼します」
と、人生上数少ない飲酒の断りをしてしまったが
言ってしまってふと気づいたこの言葉の矛盾、

普通電車だから呑めるんだよ



2005/9/3

(無題)  

きのうはジャズを知る者、名前を聞くのも懐かしい
当時は一世を風靡したトランペット第一人者
沖 至(おきいたる)さんのライブにいったのだが
(↑スペース明けとかないと“おきし”さんと読んだ若者あり)
そのときサックスケースを持ってきていた女性に
「お久しぶりです」と声をかけられた。
えーっとえーっと…
あー、3年位前の今池祭りのとき
村上さんのドラムとがーがー吹いていた娘だ。
あれから3年間フランスへ行ってて
沖さんとつるんでいたりしたらしいから
ばっちり計算が合う。

で、「明日はメリーポピンズで
私のライブ(ピアノとデュオ)なんです」

と言われる。
メリーポピンズでかぁ、集客苦しいだろうなぁ
というオモイが頭の中いっぱいに拡がっちゃったのもあって
「じゃあ、いくいく」と返事をした。

つまり、今日の行動イメージとしては
8時すぎにメリーポピンズに到着、
案の定あの暗い店内に出演者二人はぽつんと控えている。
「おー久しぶりだなー、なにやっとんだー」
ってカンジでマスターに迎えられて
しみじみと店内パソコンで映画のレンタルDVD観てすごす。
「最近良いハナシないですかぁ」
「みりゃわかるだろ、あるわけないがや」
とか言う会話しながら…
しょうがないから9時まわってライブは始まる。
そのうち4,5人のグループがどかどかと入ってくる。
サックス、ピアノが楚々とデュオやっている空気を
まったく読まずそのまま騒いでいる。
あぁいたたまれない八事の夜…

何もそこまでと思いでしょうが
すんません、私にとってのメリーポピンズのイメージは
そんなんです。土曜日であっても。
しょんぼりするにはうってつけの場所です。

で、これからは実際。
メリーポピンズ行く前の用事が
早く終わってしまった。
これじゃ7時前に着いてしまいそうだ。
店内滞在時間が長くなると
その分呑んじゃいそう(=お金使っちゃいそう)だから
コンビニでビール(もちろん“その他の雑酒”)買って
一パイ引っ掛けてから到着。
それでも現在やっと7時過ぎ。
隣の、窓の大きい入りやすそうな飲食店はってーと、
やっぱりこの時間、それでも(やっと)1組入ってんだぁ
ってことはこちらはなぁ…
勇気を出して入店!

あ…

すわる席無い…

それにもう始まっている…

マスター一人でてんやわんや状態。
このヒトも同様な「見込み違い」をしていて
今日は手伝い雇わなかったらしい。

1セット終了後の休憩中も
ばんばんオーダー入り続け
私も洗いもの手伝ったりして。

早く始まった分、早く終っちゃった。
まだ9時。いつもなら今から始まる時間。
お客さんも10時にはひけちゃって
そんなことなら今日はもうオシマイ!

早い時間からお客さんが入ってきちゃって
食いそびれてしまったから
手伝ってくれたお礼に、といって
マスター用弁当をいただいちゃって店を出た。

今日は次に向かうはケニーズ。
月曜で閉めるんで本日最後のセッション日。
スタンダードセッションギライの私でも
なぜか今日はおもしろく感じたへんな日。
おかげであっという間に3時4時。

ケニーズ、閉めると言っても実は金山に移転するんです。
突貫工事で、来週土曜にはオープンさせる予定。
じゃ、みなさんまた来週のジャムセッションで会いましょう
ってことに。

さっき弁当喰ったばっかとおもったら
さすがに4時でははらがへる。
帰路、近場の“なか卯”行ったのだが
今週実は大丸2回行ったのでその癖がのこり
なか卯のうどんではどーもものたりない
さすがに大丸までは喰えんので
横綱にはしご。

あれ、今日夜メシ3回か。



2005/9/2

(無題)  

学校が始まり大丸にも学生が戻ってきた。
そうでなくともそう毎日行くもんじゃなし
当然並び方が変わったことなんぞ
大丸客全体から見ればほとんど知らないだろう。

到着したら(単独行動です)
前のならびかたになっていたので
並び方変わったんだよーといったのだが
全員ムシしやがる。
どころか白目線。
ちょっとキレた。
オヤジさんに並び方をまたもとに戻してはいないことの
確認を取ってから

だぁかぁらぁ
ここの入り口前ほどおを空けてぇ
一人目がこのいす、
こっからならぶんだぞぉ、いいかぁ

と大振り大声。(かえって地域メイワクか)

確かにこの並び方には無理があるし
張り紙ひとつ張っていないから
しょうがないにしても
こおいうコアなところに集まるもんどうしなら
順番に伝えれないもんかねぇ



2005/9/1

(無題)  

どんばんぽろひ
本日はリーダー(私)の権限行使で
演奏放棄&即時解散。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ