2005/5/31

(無題)  

夜中の飲食店探しも困るけど
昼過ぎて3時〜5時の間の
飲食店探しというのも難しい。

東新町交差点カドのサバラン
休憩に入ってしまう。
2キロもはなれていないところに
バレンティア店という支店あり。
ここは1日中やっているので
行ってみる。

クリックすると元のサイズで表示します

コギレイな外装ではある。
イタ店らしく見えてしまう。
バレンティア店という名前もそれっぽいが
バレンティア新栄というビル自体の名前

でもあんかけスパ店。

本店とメニュー及び値段同じなのに量は多くない
麺がまた
「わぁ〜やわらかぁい
 舌と上あごでつぶれてしまいそう」
なほど超ソフト。
そんなのスパゲティーにしてみれば
褒め言葉でもなんでもない

若い女性が入って来た。
立ったまま壁のメニューを一通りみて

「あ…あんかけスパだけなんですかぁ」と訊いている。

そうだよなぁ
この外装だもんなぁ
当然ペペロンチーノとかカルボナーラとかを
期待して入ってくるよなぁ
と思っていたら次にでた言葉が

「ナポリタンとかできないんですかぁ」

といって外に出て行った。

私は何もなかったかのように装い店を出た。


次に向かうは、先日より気になっていた
ホワイト餃子植田店
夕方からの店だから
新栄から天白区までゆっくり向かい
時間つぶししつつ腹ごなししつつ。
地図上では通りから一本はずれたところにあるので
どうせうらぶれた店構えで
探すのに苦労するのかと思いきや

クリックすると元のサイズで表示します

ひゃー、さすが天白区
予想に反してきれいすぎ
店内も餃子専門店とは思えん

クリックすると元のサイズで表示します

Jポップなんぞかかってる。

ちなみにこちらは中川店内

クリックすると元のサイズで表示します

トラディショナルな街の中華料理店的内装。
店員の装いも中川はタオラー、植田はバンダナー&黒T

客層:学生風、女性同士、
とっつぁんボーヤに育ってしまった一人暮らし息子に
逢いに来た若作り母
(↑想像)
…などなど天白っぽい

頼み方も皆さん上品、
一人一人前(10コ)しか頼んでいないなぁ

こちらのほうが皮うすく、
より揚げてあるパリパリ感が強い

はじめてホワイト餃子に遭遇するとしたら
同じ品物であるにもかかわらず
どちらの店に行くかで
品物自体の印象が変わってくるんだろうな

これなら「点心」のはんちゅうとして
こおいう変わり餃子もあるかなと思ってしまうもの

中川のそれはひたすらジャンク。
↑私はこのほうが好きではあるが


品物のみならず
プレゼンテーションは大切な要因と痛切。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ