2005/3/16

見なきゃ良かった  

約一年ちょっと前の話。
私の先代主力機種
マツダポーター号1976年モノは
クリックすると元のサイズで表示します
  (カタログより)
まず、エンジン部品が壊れたのだが、
当然その場では部品もなく
特注で作ってもらうことにして
それは6万円かかった。
できはすばらしかった。
だがしかし、すばらしすぎたのだ。
この部品ひとつだけ新品にしたおかげで
ほかの弱かったところに集中ダメージが及び
結局全体的にお釈迦になってしまった。
その6万円部品が活きていた時間は1日半。

今日、その6万円かけた部品が
3000円で売りに出ているのを見つけてしまった。
「ほかの弱かったところ部品」も2000円。

もちろんその当時も
売りに出ていなかったし
こればっかりはトキのモノだから
しょうがないのだが…





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ