続・超山田堂ねっと

超山田堂のブログですよ〜♪♪♪

 
超山田堂在処だよ→ 「通信販売について」 ☆☆☆当ブログにてご紹介しております商品は 全て 通信販売 承らさせていただきまーす!!!☆☆☆ メール またはお電話にて 在庫確認のうえ ご注文くださいませ お品代とご発送送料の合計金額を お知らせさせていただきますので 当方からご案内させていただきますお振込先に ご入金くださいませ ご発送につきましては ご入金確認させていただき次第 速やかにご発送させていただきます 代引きでのご発送も承っております 代引きでのご注文のさいは ご注文お決まり次第 速やかにご発送させていただきます なお 中古レコード、CD、古本、古着 など  中古のお品物は全て現品限りでございます 店頭売り切れの際はご容赦くださいませ たいへん恐縮ではございますが  まずはメール、お電話にて在庫の確認をお願い致します メールアドレス/ ultrasuperyamada@gmail.com もしくは kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp (24時間受付けておりますが uitraのほうが早くお返事出来ます) メールはなるべく早くご返事させていただきますが もし返信が遅いようでございましたら お手数ですが再度メールをお送りくださいますよう お願い申し上げます 電話でのお問い合わせに関しまして 接客等でご対応できない場合はご容赦くださいませ (ちなみにお店がけっこう広いので はじっこにいるとコール10回くらいでは出れない場合がございます) TEL/ 042−329−3966 ご入金方法/ お振込み(三菱東京UFJ銀行、郵便局、ジャパンネット銀行)、 現金書留、  代引き郵便でのご発送 がご利用いただけます (代引き郵便は配達お時間のご指定は出来ません 郵パック代引きでのご発送ですと ご指定可能ですがプラス料金になります) ご発送方法/ 普通郵便or郵メール便、 クリックポスト便、 レターパック便(全国一律370yen&520yen)、 郵パック便<地域により異なります>(600yen〜<地域により異なります>) 郵パック便の場合は配達時間帯指定が可能です (午前9-12/午後12-14/午後14-17/夕方17-19/夜間19-21) ご不明な点  ご質問等 お気軽にご連絡くださいませ!!! みなさまのご注文を 心よりお待ちいたしておりまーす!!!

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

激レア音源 ジョニー・サンダース 1984欧州ツアー2タイトル!!!

激レア音源

ジョニー・サンダース
1984欧州ツアー2タイトル!!!

ハートブレイカーズ鉄壁のリズム隊ジェリー&ビリーに
盟友シルヴェインを従えた豪華メンバーによるスペイン公演を
良好なステレオ・オーディエンス録音で収録した
秘蔵激レア音源が超☆登場!!!
アンド
同ツアーから
フィンランド公演を高音質マスターより激☆収録!!!


『JOHNNY THUNDERS / ESCAMINOS』 [CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

名作『インコールドブラッド』
そして同じく名盤アコースティック作
『ハートミー』を83年にリリース後
ハートブレイカーズのリユニオン
L.A.M.F.』のリミックスなど
精力的に活動していた84年に
ハートブレイカーズ鉄壁のリズム隊ジェリー・ノーラン&ビリー・ラス
そしてドールズ時代の盟友シルヴェイン・シルヴェインという
豪華ラインナップによるバンドを従えて敢行されたツアーから
スペインはマドリッドのエスカミノスで行われたライブを
良好なステレオ・オーディエンス録音で収録した秘蔵激レア音源が超☆登場!!! 
マスターに起因するピッチのズレは丁寧に修正されております
当時のものとしては良好な音質でヴォーカルも大きく
各パート共にバランスよく収録されております
この時のツアーでは多くの名演を残してくれていますが
この日も見事なパフォーマンスを繰り広げており
ジョニーのコンディションも絶好調のようで
シルヴェインのナンバー"14th Street Beat"では
シルヴェインとのツインヴォーカルが聴けるのも堪りません!!! 
またオープニングを告げるSEもいつもの「黄金の腕のテーマ」ではなく
公演地であるスペインの音楽と思われる曲を使用しているのが
聴けるのも珍しい!!!
アンコールラストのアコースティックでの"Joey"が
イントロ部のみというのが惜しいところですが
ファン悶絶のキラーアイテムです!!!

=収録曲=

01.Intro / Pipeline
02.Personality Crisis
03.Too Much Junkie Business
04.In Cold Blood
05.Just Another Girl
06.Sad Vacation
07.Who Do Voo Doo
08.Green Onions
09.14th Street Beat
10.Alone In A Crowd
11.Don't Mess With Cupid
12.What's That Got To Do With Rock 'N' Roll
13.Great Big Kiss
14.I Love You
15.Born To Lose
16.crowd
17.Joey(Incomplete)

〈Escaminos,Madrid, Spain June 16,1984〉

Johnny Thunders - Guitar, Vocals    
Sylvain Sylvain - Guitar, Vocals
Billy Rath - Bass      
Jerry Nolan - Drums
________

『JOHNNY THUNDERS / HELSINKI ROCKS』 [CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

上記アイテムと同時期ツアー
フィンランド〜スウェーデンツアーから
84年7月23日
ヘルシンキのクラブ77で行われたライブを
高音質ステレオ・オーディエンス録音で収録した
秘蔵激レア音源が轟☆登場!!!
マスターに起因するピッチのズレは丁寧に修正されております
このツアーは同レーベル既発盤
『Unreleased"Jakob Oscar 1984"Tapes(TOTH0675)』と
『Stop Spitting You Mother Fuckers!(TOTH0406)』でも
お聴きいただくことができますが
本作は初登場となる激レア音源です!!!
レンジも広くバランスも申し分なく非常にクリアに収録された
高音質サウンドでご堪能いただけます
既発盤でも確認できるように
フィンランドのオーディエンスは
非常に気性が荒かった様子がわかりますが
ジョニーはまさに絶好調なキレッキレなプレイで
シルヴェインのナンバーもフィーチャーしながらの
極上のパフォーマンスを繰り広げてくれております!!!

=収録曲=

01.Pipeline
02.Personality Crisis
03.Too Much Junkie Business
04.In Cold Blood
05.14th Street Beat
06.Don't Mess With Cupid
07.Sad Vacation
08.Countdown Love
09.Size 10 Shoe
10.Alone In A Crowd
11.Born To Lose
12.Chinese Rocks
13.You Can't Put Your Arms Around A Memory
14.Eve Of Destruction
15.Like A Rolling Stone
16.Talk About You
17.Courageous Cat Theme
18.Pipeline

〈Club 77, Helsinki, Finland July 23,1984〉

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

通販はこちらまで↓

ultrasuperyamada@gmail.com

kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp

042-329-3966(3時〜11時)
0
投稿者:超山田SAD-HERO

激レア音源  イギー・ポップ 波状アタック 第3弾!!!

激レア音源

イギー・ポップ
波状アタック第3弾!!!

伝説の83年初来日公演から
大阪厚生年金ホールでのライブを収録した
秘蔵激レア音源が超☆登場!!!
アンド
83年6月からのジャパン〜オーストラリア・ツアーから
日本公演直後のメルボルン公演を
高音質ステレオ・サウンドボード録音で収録した
激レア音源が爆☆登場!!!
ア〜ンド
同じくジャパン〜オーストラリア・ツアーから
オーストラリア2公演を収録した激レア音源!!!
ア〜〜ンド
86年の『ブラー・ブラー・ブラー・ツアー』から
ユトレヒト公演を
FMブロードキャスト音源にオーディエンスソースを補填し
完全収録した決定版が鮮☆登場!!!


『IGGY POP / OSAKA 1983』 [CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

今や伝説となった初来日公演の初日である
83年6月17日
大阪厚生年金ホールで行われたライブを
ステレオ・オーディエンス録音で収録した
秘蔵激レア音源が超☆登場!!!
レンジは狭いながらもヴォーカル大きめな抜けのよい音像で
各パートくっきりとした迫力抜群のサウンドで収録されております
この時のツアーは
イギーのコンディションは必ずしもベストではなかったと
後に本人も発言していますが
これを聴く限りでは全くそんなことは感じさせない
グレイトなパフォーマンスを披露してくれております!!!
(Louie Louieのみテープチェンジにより
後半部欠落がございますが
それ以外は完全収録されております)
4日間のライブではセットリストもガラッと変わっており
初日の公演となったこの日のオープニングは
アルバム『イディオット』から"Mass Productio”
中野サンプラザ初日とこの日しかプレイされなかった"The Passenge”
同じくツバキハウス公演とこの日のみプレイされた
ストゥージズナンバー"Penetratio”など
強力なセットリスト!!!
ブロンディのギタリスト
フランク・インファンテと
アルバム『パーティ』『ゾンビ・バードハウス』
のレコーディングにも参加しているロブ・デュプリーによる
ツインギターを配したバンドを従えての伝説の初来日
初日のパフォーマンスが鮮やかに蘇ります!!!

=収録曲=

01.Mass Production
02.Fire Engine
03.Fortune Teller
04.Bang Bang
05.I'm A Conservative
06.The Passenger
07.I'm Bored (aborted)
08.I'm Bored
09.Run Like A Villain
10.No Fun
11.Louie Louie (Incomplete)
12.The Villagers
13.96 Tears
14.Dum Dum Boys
15.Nightclubbing
16.Penetration
17.Real Cool Time

〈Koseinenkin Hall, Osaka, Japan June 17,1983〉

Iggy Pop: Vocal
Rob Duprey: Guitar
Frank Infante: Guitar
Larry Mysilewicz: Drums
Michael Page: Bass
--------------------------------------
『IGGY POP / MELBOURNE 1983』 [CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

今や伝説の4日間に渡る初来日公演を終えた
6日後にスタートしたオーストラリア・ツアーの3日目となる
83年7月2日
メルボルンはシーヴュー・ボールルームで行われたライブを
高音質ステレオ・サウンドボード録音で収録した激レア音源が爆☆登場!!!
ラフなミックスによる生々しい迫力抜群のサウンドで収録されております
(オープニングの"Fire Engine"のみイントロ部が欠落していますが
それ以外は完全収録されています)
ジャパン・ツアー同様に
日毎に様変わりするセットリストで行われたこのツアー
この日はFire Engineからの前半は
日本での最終公演ツバキハウスと同じセットリストで
"No Fun"からヴェルベットアンダーグラウンドのカバー
"I'm Waiting For The Man"はメドレーでプレイ!!!
キングスメンのカバー"Louie Louie"
?&アンド・ザ・ミステリアンズのカバー"96 Tears"
そして日本では2公演でしかプレイされなかった
"The Passenger"が聴けるのも嬉しポイント!!!
ブロンディのギタリスト
フランク・インファンテと
アルバム『パーティ』『ゾンビ・バードハウス』
のレコーディングにも参加しているロブ・デュプリーによる
ツインギターを配したバンドを従えての極上ライブを
凶暴サウンドでご堪能いただけるマストアイテム!!!

=収録曲=

01.Fire Engine (Incomplete)
02.Loose
03.Penetration
04.Fortune Teller
05.Five Foot One
06.No Fun 〜 I'm Waiting For My Man
07.I'm Bored
08.Run Like A Villain
09.Louie Louie
10.audience noize
11.I'm A Conservative
12.The Villagers
13.96 Tears
14.The Passenger
15.Mass Production

〈Seaview Ballroom, Melbourne, Australia July 2,1983〉

Iggy Pop: Vocal
Rob Duprey: Guitar
Frank Infante: Guitar
Larry Mysilewicz: Drums
Michael Page: Bass

--------------------------------------
『IGGY POP / AUSTRALIA TOUR 1983』 [CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

上記と同じくオーストラリア・ツアーから
83年6月29日
シドニーで行われたライブを
FMブロードキャスト音源から
高音質ステレオ・サウンドボード録音で収録した激レアレア音源に
オーストラリア・ツアーの4日目となる7月3日
ヴィクトリアで行われたライブを
ステレオ・オーディエンス録音で収録した
激レア音源をカップリング収録したニューアイテム!!!
先ずはシドニーでのライブ
ラフなミックスが堪らない高音質で収録されております!!!
6曲のみというのが惜しいところですが
"No Fun"からヴェルベットアンダーグラウンドのカバー
"I'm Waiting For The Man"のメドレー
直前の初来日公演では
2公演でしかプレイされなかった"The Passenger"など
極上のパフォーマンスを繰り広げてくれております
もうひとつヴィクトリア公演は
レンジの広いステレオの
抜けの良いサウンドで5曲が収録されており
当時のものとしては良好な音質で収録されております
シドニー公演とのダブリ曲がないのが嬉しいところ
フランク・インファンテとロブ・デュプリーによる
ツインギターを配したバンドを従えてのライブを
高音質で収録した2公演をカップリングした強力盤!!!

=収録曲=

01.Loose
02.Penetration
03.I'm Bored
04.No Fun〜Waiting For My Man
05.Run Like A Villain
06.The Passenger

〈FM stereo broadcast Sydney June 29,1983〉

07.Louie Louie
08.Mass Production
09.Dum, Dum Boys
10.Nightclubbing
11.China Girl

〈Seaview Ballroom,St.Kilda, Victoria, Australia July 3,1983〉

Iggy Pop: Vocal
Rob Duprey: Guitar
Frank Infante: Guitar
Larry Mysilewicz: Drums
Michael Page: Bass

--------------------------------------
『IGGY POP / COMPLETE UTRECHT TAPES』 [CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

通算8作目となるアルバム『ブラー・ブラー・ブラー』
リリース後に行われた『ブラー・ブラー・ブラー・ツアー』から
86年11月24日
オランダのユトレヒトで行われたライブを
2つのソースから完全収録した決定版が鮮☆登場!!! 
この公演はFM放送された
高音質ステレオ・サウンドボード録音による
ブロードキャスト音源がありますが
残念ながらオープニングナンバー"I Got A Right"と
ラストナンバー"Cry For Love"の2曲が
カットされてしまっておりましたが
本作ではそのカットされた2曲を
非常に良好なステレオ・オーディエンス録音で収録された
別ソースから補填し
当日演奏された全曲を収録しております
またFM放送された別ソースでは
DJによるトークでフェイドアウトされていた"Lust For Life"も
DJの被りなしの完全版となっております
もちろん元マスターに起因する
ピッチのズレも丁寧に修正されております
ストゥージズナンバー"I Got A Right""Gimme Danger"と
悶絶必至のオープニングから
当時の新作『Blah Blah Blah』からの5曲を含むセットリストで
宙を飛び交うように響き渡る
シーマス・ビーゲンのキーボードをフィーチャーし
タイトな演奏を聴かせてくれる極上ライブです!!!

=収録曲=

01.I Got A Right
02.Gimme Danger
03.Some Weird Sin
04.Real Wild Child
05.Sister Midnight
06.Blah Blah Blah
07.Baby,It Can't Fall
08.Nightclubbing
09.Fire Girl
10.Five foot One
11.Loose
12.TV Eye
13.The Passenger
14.Lust For Life
15.Down On The Street
16.China Girl
17.Cry For Love

〈Muziekcentrum Vredenburg,Utrecht, Netherlands November 24,1986〉

Iggy Pop: Vocals
Kevin Armstrong: Guitar
Seamus Beaghen: Keyboards, Guitar
Phil Bucher: Bass
Gavin Harrison: Drums

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

通販はこちらまで↓

ultrasuperyamada@gmail.com

kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp

042-329-3966(3時〜11時)
0
投稿者:超山田SAD-HERO

激レア音源  イギー・ポップ 波状アタック第2弾!!!

激レア音源

イギー・ポップ
波状アタック第2弾!!!

『ソルジャー』リリース直後の80年ノース・アメリカン・ツアーから
ニューヨーク公演を完全収録した秘蔵激レア音源が超☆登場!!!
アンド
同じく『パーティ』リリース直後である81年の北米ツアー初日の
ニューヨーク
リッツでのライブを良好なステレオ・オーディエンス録音で収録した
秘蔵激レア音源が爆☆登場!!!
ア〜ンド
またまた同じく
『パーティ』リリース直後の81年『フォロー・ザ・サン・ツアー』から
ヒューストン公演を高音質ステレオ・オーディエンス録音で完全収録した
激レア音源が轟☆登場!!!
ア〜〜ンド
『ゾンビ・バードハウス』リリース時の82年のツアーから
トレントン公演を高音質ステレオ・オーディエンス録音で
完全収録した秘蔵激レア音源!!!


『IGGY POP / MY FATHER'S PLACE』 [CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

『ソルジャー』リリースから約1ヶ月後の80年3月4日
ニューヨークのマイ・ファーザーズ・プレイスで行われたライブを完全収録!!!
モノラル・オーディエンス録音で収録した
2つのソースをミックスしたマトリクス音源!!!
("I'm A Conservative"の中盤からはステレオで音質アップします)
オープニングSEから収録されており
ヴォーカルを含め各パート共に
非常にバランスの良い良好な音質で収録されております
リリース直後の『ソルジャー』にも参加
パティ・スミスとの共作で知られるプラハ出身のギタリスト
アイヴァン・クラール
翌年リリースの次作『パーティ』のレコーディング・メンバーで
『ゾンビ・バードハウス』にも参加しているギタリスト
ロブ・デュプレー等によるバンド編成
正規レアライブコンピ盤『ナゲッツ』に収録の"Hassles"で幕を開け
当時の新作『ソルジャー』からのナンバーを中心に
このツアーでのみプレイされたアルバム未収録のレア・ナンバー
"Joe & Billy"を含めた強力なセットリスト!!!
アイヴァン・クラールのキーボードをフィーチャーしたナンバーや
アイヴァンがギターに持ち替えロブ・デュプレーとの
ツイン・ギターによる多彩なサウンドで魅了するナンバー等
極上のパフォーマンスをご堪能いただけるキラーアイテム!!!

=収録曲=

01.Intro
02.Hassles
03.Sacred Cow
04.I Snub You
05.Winter Of My Discontent
06.Calling Sister Midnight
07.Joe And Billy
08.Dogfood
09.Five Foot One
10.I'm A Conservative
11.One For My Baby And One For The Road
12.Lust For Life
13.China Girl
14.Loco Mosquito

〈My Father's Place Roslyn, NY,USA March 4,1980〉

Iggy Pop: Vocals
Rob Duprey: Guitar
Ivan Kral: Keyboards, Guitar
Michael Page: Bass
Douglas Browne: Drums
________________

『IGGY POP / THE RITZ '81』[CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

ソロ6枚目のアルバム『パーティ』リリース直後からスタートした
ヨーロピアンツアーを経て
約1ヶ月のブランクの間にギターがアイヴァンから
ゲイリーヴァレンタインにチェンジし開始された
北米ツアー初日のニューヨークはリッツでのライブを
良好なステレオ・オーディエンス録音で収録した
秘蔵激レア音源が超☆登場!!! 
当時のものとしては非常に良好な音質で
ヴォーカル コーラスも含め各パート共に
バランス良く収録されております
『パーティ』のレコーディング・メンバーである
マイケル・ペイジがベース
ダグラス・ブラウンがドラムス
ロブ・デュプリー&ゲイリー・ヴァレンタインがギター
そしてキーボードにリチャード・ソールという布陣に
この日は『パーティ』にも参加していた
アップタウン・ホーンズが3曲で参加するというサプライズも!!! 
オープニングのSEから収録されており
クラッシュも使用していた映画「夕陽のガンマン」
のテーマに続き"Bang Bang"でスタート
『パーティ』から7曲をフィーチャーしたセットリストで
ラストは"Louie Louie""Gloria"のカバー2連発という
激熱パフォーマンスをたっぷりご堪能いただけます!!!

=収録曲=

01.Intro (Sixty Seconds To What?)
02.Bang Bang
03.Eggs On Plate
04.Search And Destroy
05.Funtime
06.Rock'n Roll Party
07.Lust For Life
08.Pumpin For Jill
09.Raw Power
10.New Values
11.The Passenger
12.Sincerity
13.Houston Is Hot Tonight
14.Pleasure
15.Flesh & Blood
16.Louie Louie
17.Gloria

〈The Ritz, New York, USA August 2,1981〉

Iggy Pop: Vocals
Douglas Bowne: Drums
Rob Duprey: Guitars
Gary Valentine: Guitar
Michael Page: Bass
Richard Sohl: Keyboards
The Uptown Horns: Brass on tracks 12, 13, 14
________________

『IGGY POP / CARDI'S -FOLLOW THE SUN TOUR '81-』 [CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

ソロ6枚目のアルバム『パーティ』リリース直後の
81年11月11日
ヒューストンのカーディーズで行われたライブを
良好なステレオ・オーディエンス録音で完全収録した
激レア音源が轟☆登場!!!
("I Need More"のイントロ部僅かに
テープチェンジによる欠落がございます) 
ギターが響き渡る高音寄りのサウンドで
レンジも広くヴォーカルも非常にクリアに収録されております
9月までの北米ツアーを終え10月からスタートした
『フォロー・ザ・サン・ツアー』は
『パーティ』のレコーディング・メッバーである
マイケル・ペイジがベース
ダグラス・ブラウンがドラムス
ロブ・デュプリー&ゲイリー・ヴァレンタインがギター
そして前回までのツアーに参加していた
リチャード・ソールに替わって
カルロス・アロマーがギターという布陣
ツアー中最長の15曲
約75分のロングセットを完全収録!!! 
3本のギターがラウドに交差する
ヘヴィなサウンドに乗って暴れまくるイギーの
爆裂パフォーマンスをご堪能いただけます!!!

=収録曲=

01.I Need More (Instrumental)
02.Some Weird Sin
03.Houston Is Hot Tonight
04.TV Eye
05.Rock'n Roll Party
06.1969
07.Bang Bang
08.Dum Dum Boys
09.Eggs On Plate
10.I'm A Conservative
11.I Need More (Incomplete)
12.The Winter Of My Discontent
13.Lust For Life
14.Pumping For Jill
15.Nightclubbing

〈Cardi's, Houston, USA November 11,1981〉

Iggy Pop - vocal
Carlos Alomar - guitar
Rob Duprey - guitar
Gary Valentine - guitar
Douglas Browne - drums
Michael Page - bass
________________

『IGGY POP / CITY GARDENS '82』 [CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

メジャーとの契約が切れ
ブロンディのベーシストである
クリス・スタインのレーベルからリリースした
7枚目のソロアルバム『ゾンビ・バードハウス』リリース時の
ゾンビ・バードハウス・ツアーの初日である
82年10月13日
トレントンのシティガーデンズで行われたライブを
高音質ステレオ・オーディエンス録音で完全収録した
秘蔵激レア音源が烈☆登場!!! 
当時のものとしては上級クラスと言える音質で収録されており
ヴォーカルも大きく各パート共に非常にバランス良く
レンジの広いクリアなステレオサウンドでご堪能いただけます
ブロンディのギタリスト
フランク・インファンテ
元クリミナルズのマイケル・ペイジ等
翌年の来日公演と同じザ・アンタッチャブルズを従えてのライブ
オープニングを告げるSEから収録されており
『ゾンビ・バードハウス』からのナンバーを中心にしたセットリストで
アルバム『パーティ』
『ゾンビ・バードハウス』のレコーディングにも参加している
ロブ・デュプリーがキーボードのみならず
フランクとのツインギターも披露するなど
最強のパフォーマンスを迫力抜群の高音質サウンドで
ノーカット完全収録した実況録音盤!!!

=収録曲=

01.Little Boxes
02.Eat Or Be Eaten
03.Sweet Sixteen
04.Street Crazies
05.Platonic
06.The Villagers
07.Fall In Love With Me
08.Life Of Work
09.Kill City
10.Loose
11.Search And Destroy
12.Ordinary Bummer
13.The Horse Song
14.Watching The News ~ Angry Hills
15.Bulldozer
16.China Girl
17.Balad Of Cookie McBride
18.Run Like A Villain

〈City Gardens, Trenton, USA October 13,1982〉

Iggy Pop: Vocal
Rob Duprey: Keyboard,Guitar
Frank Infante: Guitar
Larry Mysliwiec Drums
Michael Page: Bass

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

通販はこちらまで↓

ultrasuperyamada@gmail.com

kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp

042-329-3966(3時〜11時)
0
投稿者:超山田SAD-HERO

激レア音源 イギー・ポップ 波状アタック 第1弾!!!

激レア音源

イギー・ポップ
波状アタック第1弾!!!

77年
3〜4月までの僅かの期間のみデヴィット・ボウイが
キーボードで参加した『ザ・イディオット・ツアー』の
秘蔵激レア音源から
ニューヨーク公演が超☆登場!!!
アンド
同じく『ザ・イディオット・ツアー』の秘蔵激レア音源から
サンディエゴ公演が爆☆登場!!!


『IGGY POP / THE PALLADIUM 1977』 [CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

名盤『イディオット』リリースに合わせて行われた
『ザ・イディオット・ツアー』から
77年3月18日
ニューヨークのパラディアムで行われたライブを
良好なモノラル・オーディエンス録音で完全収録した
秘蔵激レア音源が超☆登場!!!
モノラルながらヴォーカルが大きめで
ベースの輪郭が非常にクリアな音像の
暴力的とも言えるサウンドで収録されております
このツアーはボウイが参加することは一切告知されずに行われ
『イディオット』から3曲
この約半年後にリリースされる
次作『ラストフォーライフ』から3曲
それ以外は全てストゥージズのナンバーというセットリスト
このツアーの特徴でもある
ボウイのコーラス&キーボードを活かしたアレンジで
後にティンマシーンのメンバーとなった
セイルズブラザースによる鉄壁のリズム隊に
『ラストフォーライフ』&ボウイの『ロウ』にも参加した
リッキー・ガーディナーのギターが
変幻自在に飛び交うバンドサウンドに
イギーが吠えまくる強烈なパフォーマンス!!!
ボーナストラックに『イディオット』リリース時の
ラジオスポットCMもプラス収録!!!

=収録曲=

01.Raw Power
02.TV Eye
03.Dirt
04.1969
05.Turn Blue
06.Funtime
07.Gimme Danger
08.No Fun
09.Sister Midnight
10.Search And Destroy
11.I Wanna Be Your Dog
12.Tonight
13.Some Weird Sin
14.China Girl
15.Radio Spot

〈THE PALLADIUM, NEW YORK, NY, USA MARCH 18,1977〉

Iggy Pop - Vocals
David Bowie - Keyboard and Vocal
Ricky Gardiner - Guitar
Tony Sales - Bass
Hunt Sales - Drums
__________________

『IGGY POP / CIVIC AUDITORIUM 1977』 [CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

名盤『イディオット』リリースに合わせて行われた
『ザ・イディオット・ツアー』の最終公演となった
77年4月16日
サンディエゴのシビック・オーディトリアムで行われたライブを
良好なステレオ・オーディエンス録音で
完全収録した秘蔵激レア音源が爆☆登場!!! 
マスターカセットからダイレクトにデジタル化
テープ劣化による音揺れがある箇所が数箇所ありますが
奥行きのあるベースにヴォーカルも大きく
各パート共にバランスよく迫力抜群の音像で収録されております
デヴィット・ボウイが参加した
このツアーの最終日となった
この日にライブは
ツアー中最多となる17曲をプレイ!!!
女性コーラスを配しR&B寄りのアレンジでプレイされる"No Fun"
ラストにプレイされたゼムのカバー"Gloria"
そしてツアー後半に数回しかプレイされなかった
?&ザ・ミステリアンズのレアカバー"96 Tears"など
この時期ならではレアナンバーも!!!

=収録曲=

01.Raw Power
02.TV Eye
03.Dirt
04.1969
05.No Fun
06.96 Tears
07.Turn Blue
08.Funtime
09.Gimme Danger
10.Sister Midnight
11.I Need Somebody
12.Search & Destroy
13.I Wanna Be Your Dog
14.Tonight
15.Some Weird Sin
16.China Girl
17.Gloria

Iggy Pop - Vocals
David Bowie - Keyboard and Vocal
Ricky Gardiner - Guitar
Tony Sales - Bass
Hunt Sales - Drums


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

通販はこちらまで↓

ultrasuperyamada@gmail.com

kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp

042-329-3966(3時〜11時)
0
投稿者:超山田SAD-HERO

激レア音源 ラモーンズ!!! デッド・ボーイズ!!!ブロンディ!!!

激レア音源

USパンク
ディープ&コアな3バンド
新旧激レア音源!!!

まずはラモーンズ!!!
79年『ロード・トゥ・ルーイン』ツアーから
ポートランド公演を高音質ステレオ・オーディエンス録音で収録した定番音源がさらに音質アップで超☆登場!!!
つづいて
デッド・ボーイズ!!!
1stアルバムリリースから40周年を記念して再録盤をリリースしたデッドボーイズの
2017年ライブを高音質マトリクス録音で激☆収録!!!
そして
ブロンディ!!!
デボラ・ハリー率いるブロンディ
ガービッジとのツアーから
ハリウッド公演を高音質ステレオ・オーディエンス録音で完全爆☆収録!!!


『RAMONES / ALL THE KIDS WANNA SNIFF SOME GLUE 〈NEW TRANSFER EDITION〉』 [CDーRです]

クリックすると元のサイズで表示します

79年『ロード・トゥ・ルーイン』ツアーから
1月3日ポートランドでのクラブギグを完全収録した
同レーベル既発定番アイテム
『ALL THE KIDS WANNA SNIFF SOME GLUE(TOTH1266)』が
マスターカセットからのニュートランスファーにより
大幅に音質アップしたアップグレード盤として新装リリース!!!
ノイズや音割れもなく
ヴォーカルはもちろん各パート共に非常にバランス良くラウドに収録され
小さなライブハウスでのギグを
ステージの目の前で聴いているような生々しい音像で
サウンドボード録音では味わえない迫力をご堪能いただける音源が
ニュートランスファーにより
さらにレンジ 奥行き共に広がりのあるより生々しいサウンドに生まれ変わっています
オープニングの"Rockaway Beach"が途中からなのが惜しいところですが
それ以外はバッチリ収録されており
7曲目"Rock'n'Roll High School"中盤でいきなりギターとベースの音が消え
演奏ストップという機材トラブルによるハプニングもありますが
すぐに復活し"I Wanna Be Sedated"から怒濤のごとくプレイされ
アンコールではリクエストに答えてとジョーイのMCに導かれてプレイされる
"Chainsaw"などレアなナンバーを披露!!!
飛ばしまくるラモーンズに大歓声で答えるオーディエンスの様子を
リアルにドキョメントした好アイテム!!! 
ラモーンズマニア必聴盤!!!

=収録曲=

01.Rockaway Beach
02.Teenage Lobotomy
03.Blitzkrieg Bop
04.I Don't Want You
05.Go Mental
06.Gimme Gimme Shock Treatment
07.Rock'n'Roll High School
08.I Wanna Be Sedated
09.I Just Wanna Have Something To Do
10.She's The One
11.I'm Against It
12.Sheena Is A Punk Rocker
13.Havana Affair
14.Commando
15.Needles And Pins
16.Surfin' Bird
17.Cretin Hop
18.Listen To My Heart
19.California Sun
20.I Don't Wanna Walk Around With You
21.Pinhead
22.Do You Wanna Dance?
23.Judy Is A Punk
24.Today Your Love,Tomorrow The World
25.Chainsaw
26.Now I Wanna Sniff Some Glue
27.We're A Happy Family

〈Earth Tavern Portland,Oegon USA January 3,1979〉

Joey Ramone - lead vocals
Johnny Ramone – guitar
Dee Dee Ramone - bass,vocals
Marky Ramone - drums
--------------------------------
『DEAD BOYS / HOTEL VEGAS 2017』 [CDーRです]

クリックすると元のサイズで表示します

77年にリリースしたデビュー・アルバム『Young Loud and Snotty』を
オリジナルメンバーであるチーター・クロムジョニー・ブリッツを中心に
新たに3人のメンバーを迎えて再レコーディングしたアルバム
『Still Snotty: Young, Loud and Snotty at 40』をリリースし
見事復活を遂げたデッドボーイズ!!! 
再録音盤リリースに先駆けて行われたライブの
高音質ステレオ・サウンドボード&ステレオ・オーディエンスの
ふたつのソースをマトリクスした激レア音源が超☆登場!!! 
ラフなミックスな迫力抜群な強烈サウンド!!!!
オリジナルメンバーであるチーター・クロムジョニー・ブリッツに
シルヴェイン・シルヴェイン&ザ・シルヴェインズ等のギタリスト
ギンチー
ペンタグラムのヴォーカリスト
ボビー・リエブリング等を迎えたメンバーでのライブで
サウンドチェックから収録されており
再録音盤では収録されなかった"Hey Little Girl"を含む
『Young Loud and Snotty』全曲に
セカンドアルバム『We Have Come For Your Children』からの
"Son Of Sam"の全11曲を収録
ナスティ&ダーティなサウンドをバリバリご堪能いただけます!!!

=収録曲=

01.Soundcheck
02.Sonic Reducer
03.All This And More
04.What Love Is
05.Aint Nothing To Do
06.Not Anymore
07.Caught With The Meat In Your Mouth
08.Hey Little Girl
09.I Need Lunch
10.High Tension Wire
11.Down In Flames
12.Son Of Sam

〈Hotel Vegas,Austin, Texas March 15,2017〉

Cheetah Chrome - lead guitar
Johnny Blitz - drums
Ginchy - Guitar
Michael Scanland - Bass
Jason Hout - Vocals
Bobby Liebling - Vocals
--------------------------------
『BLONDIE / LIVE AT THE HOLLYWOOD BOWL』 [CDーRです]

クリックすると元のサイズで表示します

97年の再結成以降精力的に活動を続けているデボラ・ハリー率いるブロンディ!!!
2017年7月9日
ハリウッド・ボウルで行われたライブを
高音質デジタル・ステレオ・オーディエンス録音で完全収録!!!
オープニングのSEから収録されており
野外公演ならではの抜けの良い音像で
ヴォーカルはもちろん各パート共に非常にバランスの良いサウンドで収録されております約1万7千人を収容する大型野外音楽堂であるハリウッドボウルに登場したブロンディ
通算11枚目となる最新アルバム『POLLINATOR』からの4曲をフィーチャーし往年のヒットナンバーも交えたセットリストで
ボブ・ディラン60年代の名曲"Rainy Day Women #12 & 35"のレアなカバーが聴けるのも嬉しポイントです

=収録曲=

01.-intro-
02.One Way Or Another
03.Hanging On The Telephone
04.Fun
05.Call Me
06.Rapture
07.Rainy Day Women #12 & 35
08.Fragments
09.Long Time
10.Atomic
11.Too Much
12.Heart Of Glass
13.Union City Blue
14.Dreaming

〈HOLLYWOOD BOWL, Hollywood,CA USA July 9,2017〉

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

通販はこちらまで↓

ultrasuperyamada@gmail.com

kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp

042-329-3966(3時〜11時)
0
投稿者:超山田SAD-HERO

激レア音源 ロカビリー大統領 ブライアン・セッツァー!!!

激レア音源

ブライアン・セッツァー
R&Rヴァラエティー
大盛況4ロッキン・タイトル!!!

大ヒットアルバム『THE DIRTY BOOGIE』リリースに合わせ行われたUSツアーから
8月のデンバー公演を高音質ステレオ・オーディエンス録音で完全収録した
新発掘激レア音源が烈☆登場!!!
アンド
大ヒットアルバム『THE DIRTY BOOGIE』リリースに合わせ行われたUSツアーから
12月のデンバー公演を高音質ステレオ・サウンドボード録音で完全収録した
新発掘激レア音源が疾☆登場!!!
ア〜ンド
68カンバックスペシャル
アルバム『イグニッション』リリース直後のコロラド公演を
高音質ステレオ・オーディエンス録音で完全収録した
秘蔵激レア音源が颯☆登場!!!
ア〜〜ンド
恒例のクリスマス・スペシャル・ライブ音源から
フェニックス公演を高音質ステレオ・オーディエンス録音で完全収録!!!


『BRIAN SETZER ORCHESTRA / PARAMOUNT THEATRE '98』 [CDーRです]

クリックすると元のサイズで表示します

大ヒットアルバム『THE DIRTY BOOGIE』リリース直後
日本公演を含む『LETS LIVE IT UP TOUR』を終え
6月からスタートした『THE DIRTY BOOGIE US SUMMER TOUR』から
ツアー中盤の98年8月2日
コロラド州デンバーのパラマウント・シアターで行われたライブを
高音質ステレオ・オーディエンス録音で完全収録した
新発掘激レア音源が超☆登場!!!
デジタルDAT録音マスターからダイレクトに収録
レンジも広く各パート共に非常にバランス良く収録されております
約2000人のキャパシティーで
歴史的建造物である会場の当日の迫真の熱気が
リアルに伝わる素晴らしいパフォーマンス!!!
『THE DIRTY BOOGIE』からのナンバーを中心にしたセットリストで
後半ではレアなビートルズのカバー"Got To Get You Into My Life"を
オーケストラ用に大胆なアレンジを施したバージョンで披露!!!
そしてラストはヴィンス・テイラーのキラー・チューン
"Brand New Cadillac"で大団円を迎える!!!
全米チャート入りも果たした『THE DIRTY BOOGIE』をリリースし
まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで迫る
凄まじいパフォーマンスです!!!

=曲目リスト=

01.James Bond Theme
02.Hoodoo Voodoo Doll
03.This Cat's On A Hot Tin Roof
04.Let the Good Times Roll
05.Let's Live It Up
06.Since I Don't Have You
07.The Dirty Boogie
08.Switchblade 327
09.Sleep Walk
10.Stray Cat Strut
11.Jump, Jive An' Wail
12.The House Is Rockin'
13.(Every Time I Hear) That Mellow Saxophone
14.Rumble In Brighton
15.Rock This Town
16.As Long AS I'm Singin'
17.Tequilla
18.Got To Get You Into My Life
19.Brand New Cadillac

〈Paramount Theatre,Denver, Colorado USA August 2,1998〉
_________

『BRIAN SETZER ORCHESTRA / MAMMOTH EVENTS CENTER '98』[CDーRです]

クリックすると元のサイズで表示します

大ヒットアルバム『THE DIRTY BOOGIE』リリース直後の
98年10月からスタートした『THE DIRTY BOOGIE US FALL TOUR』から
12月1日
コロラド州デンバーのマモス・イベント・センター
(旧フィルモア・オーディトリアム)で行われたライブを
高音質ステレオ・サウンドボード録音で完全収録した
新発掘激レア音源が超☆登場!!! 
レンジが狭いためほぼモノラルに近いミックスですが
非常にクリアな高音質サウンドで収録されております
なんとこの前月の11月は連日連夜ライブで
オフは僅か4日間のみというハード・スケジュールから
間髪開けずになだれ込んだ12月最初のライブで
約5000人を収容する大ホールにて
満員のオーディエンスに迎えられ登場したブライアン率いるオーケストラは
ツアーの疲れを感じさせるどころか
全米チャート入りも果たした『THE DIRTY BOOGIE』をリリースして
まさにノリノリR&Rな勢いの
凄まじい熱量のパフォーマンスを繰り広げてくれております!!!

=曲目リスト=

01.James Bond Theme
02.Hoodoo Voodoo Doll
03.This Cat's On A Hot Tin Roof
04.Let The Good Times Roll
05.Let's Live It Up
06.Since I Don't Have You
07.The Dirty Boogie
08.Switchblade 327
09.Sleep Walk
10.Stray Cat Strut
11.Jump, Jive An' Wail
12.The House Is Rockin'
13.(Every Time I Hear) That Mellow Saxophone
14.Rumble In Brighton
15.Rock This Town
16.As Long AS I'm Singin'
17.Tequilla
18.(She's) Sexy + 17
19.Jingle Bells

〈Mammoth Events Center,Denver, Colorado USA December 1,1998〉
_________

『BRIAN SETZER '68 COMEBACK SPECIAL / FOX THEATRE 2001』[CDーRです]

クリックすると元のサイズで表示します

68カンバックスペシャル名義によるアルバム『イグニッション』リリース直後である
2001年7月31日
コロラド州ボルダーのフォックスシアターで行われたライブを
高音質ステレオ・オーディエンス録音で完全収録した秘蔵激レア音源が超☆登場!!! 
デジタルDAT録音マスターからダイレクトに収録
最上クラスのオーディエンス録音と言えるクリアでバランスのよい極上サウンドで収録されております
オープニングSE(エルヴィス・プレスリー"Burning Love")から収録されており
当時の新作『イグニッション』からのナンバーを中心にしたセットリストで21曲をプレイ
オーケストラのメンバーであるバーニー・ドレーゼルがドラム
同じくマーク・ウィンチェスターがベースのスリーピース・スタイルでプレイされる真性ロカビリーサウンド!!!
バンジョーに持ち替えてのアコースティックコーナーも挟み
トラディショナルナンバー"Black Mountain Rag"をソロで披露する場面などバラエティに富んだパフォーマンスを
終演を告げるSEまでたっぷりノーカットで収録!!!

=曲目リスト=

01.Intro (Burning Love)
02.Please Dont Touch
03.This Cat's On A Hot Tin Roof
04.Ignition
05.Hot Rod Girl
06.Five Years, Four Months, Three Days
07.Twenty Flight Rock
08.Stray Cat Strut
09.Sleep Walk
10.'59
11.8-Track
12.Rooster Rock
13.Gentle On My Mind
14.Old Joe Clark
15.Black Mountain Rag
16.Black Mountain Rag Reprise
17.Rock This Town
18.Hell Bent
19.Gene And Eddie
20.Rumble In Brighton
21.Santa Rosa Lita
22.Brand New Cadillac

〈Fox Theatre,Boulder, Colorado USA July 31,2001〉

Brian Setzer - guitar, vocals
Bernie Dresel - drums
Mark Winchester - bass
_________

『BRIAN SETZER ORCHESTRA / CELEBRITY THEATRE 2017』[2CDーRです]

クリックすると元のサイズで表示します

遅まきながらのご紹介ですが
14回目となる恒例のクリスマス・スペシャル・ライブ激レア音源!!!
12月15日アリゾナ州フェニックスのセレブリティ・シアターで行われたライブを
高音質デジタル・ステレオ・オーディエンス録音で完全収録
マスターに起因する定位のズレは丁寧に修正されております
耳障りなオーディエンスの手拍子やチャットノイズも少なく
各パート共にバランスよく非常にクリアでレンジの広い高音質サウンドで堪能いただけます
2015年にリリースされた3枚目となるクリスマス・アルバム
『ROCKIN’RUDOLPH』からの"Most Wonderful Time Of The Year"で幕を開けるステージで
8月に亡くなったグレン・キャンベルを偲んで"Wichita Lineman"をカバー
さらに10月に亡くなったトム・ペティのナンバー"Runnin Down A Dream"をプレイ!!!
他にもジミー・ロイドのカバー"I Got A Rocket In My Pocket"
ジョニー・バーネットのカバー"Rockabilly Boogie"など
レアなカバーも惜しげもなく披露!!!

=曲目リスト=

(DISC 1)

01.Most Wonderful Time Of The Year
02.Pennsylvania6-5000
03.Rockin Around the Christmas Tree
04.Hoodoo Voodoo Doll
05.Stray Cat Strut
06.Boogie Woogie Santa Claus
07.Gene And Eddie
08.Angels We Have Heard On High
09.The Dirty Boogie
10.Jump Jive An' Wail
11.Here Comes Santa Claus

(DISC 2)

01.Wichita Lineman
02.Runnin Down A Dream
03.The Christmas Song
04.Rockabilly Boogie
05.I Got A Rocket In My Pocket
06.Fishnet Stockings
07.Rock This Town
08.Nutcracker Suite
09.Jingle Bells

〈Celebrity Theatre,Phoenix,Arizona U.S.A. December 15,2017〉

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

通販はこちらまで↓

ultrasuperyamada@gmail.com

kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp

042-329-3966(3時〜11時)
0
投稿者:超山田SAD-HERO

激レア音源 ウルトラ・スーパーR&Rバンド「THE HEARTBREAKERS L.A.M.F.」!!!

激レア音源

スーパー・バンド
「THE HEARTBREAKERS L.A.M.F.」
不滅のロックンロール
2公演!!!

オリジナルメンバーのウォルター・ルアを筆頭にグレン・マトロック
クレム・バーク等によるスペシャルバンドの
ライブ激レア音源が超☆登場!!!
アンド
同じくスペシャルバンドの
2017年カリフォルニア公演激レア音源!!!


『THE HEARTBREAKERS L.A.M.F. / THE BOWERY ELECTRIC 2017 vol.2』 [CDーRです]

クリックすると元のサイズで表示します

同レーベルより既発の『THE BOWERY ELECTRIC 2017(TOTH1765)』の
セカンドショウを収録したニューアイテムが超☆登場!!!
ジョニー・サンダース
ジェリー・ノーラン
ビリー・ラス亡き後
存命するオリジナル・メンバーは
リチャード・ヘルとウォルター・ルアのみとなってしまった
ハートブレカーズですが
そのウォルターを筆頭に
2016年に行われたベネフィットギグのために編成されたスペシャルバンド
『ザ・ハートブレイカーズ L.A.M.F.』が
一部メンバーを変更して
2017年11月29日
ニューヨークのザ・ボワリー・エレクトリックで行ったライブのセカンドショウを
高音質ステレオ・オーディエンス録音で完全収録!!!
ファーストショウを収録した既発タイトル同様に
ミキシングボード前に設置したデジタルPCM録音で
低域から高域までバランス良く収録された
迫力抜群の高音質サウンドでご堪能いただけます 
メンバーはウォルター
ブロンディのドラマーであるクレム・バーク
ジェシー・マリンの3人は前回ライブと変わらず
新たにマイク・ネス(ソーシャル・ディストーション)がギター&ヴォーカルに
グレン・マトロック(セックス・ピストルズ)がベースという布陣
往年のハートブレイカーズの名曲群に
ジョニー・サンダースのソロ作からのナンバーも交えたセットリストで
昨年のライブではプレイされなかった
"So Alone""Steppin Stone"が聴けるのも嬉しポイントです!!!

=収録曲=

01.Born To Loose
02.All By Myself
03.I Wanna Be Loved
04.It's Not Enough
05.Chinese Rocks
06.Get Off The Phone
07.Pirate Love
08.One Track Mind
09.I Love You
10.Goin' Steady
11.Let Go (Includes false start)
12.Can't Keep My Eyes On You
13.Do You Love Me?
14.Crowd Ambience/Talk
15.You Can't Put Your Arms Around A Memory
16.So Alone
17.(I'm Not Your) Steppin' Stone
18.Too Much Junkie Business

〈2nd Show / The Bowery Electric New York, NY November 29,2017〉

Walter Lure (Heartbreakers)- Guitar and Vocals
Mike Ness (Social Distortion)- Guitar and Vocals
Clem Burke (Blondie) - Drums and Vocals
Glen Matlock (Sex Pistols) - Bass and Vocals
Jesse Malin - Guitar and Vocals
______

『THE HEARTBREAKERS L.A.M.F. / ECHOPLEX 2017 [2CDーRです]

クリックすると元のサイズで表示します

同じく『ザ・ハートブレイカーズ L.A.M.F.』が
2017年12月1日
LAのエコープレックスで行ったライブを
高音質ステレオ・オーディエンス録音で完全収録した激レア音源!!!
デジタルPCM録音で
ライン録音かと疑うほどクリアな音像で
低域から高域までバランス良く収録された
迫力抜群の高音質サウンドでご堪能いただけます
同上
往年のハートブレイカーズの名曲群に
ジョニー・サンダースのソロ作からのナンバーも交えたセットリストで
グレンがリードヴォーカルでの
"(I’m Not Your) Steppin' Stone"も堪りません!!!

=収録曲=

(Disc 1)

01.-intro-
02.Pipeline
03.Born To Lose
04.All By Myself
05.I Wanna Be Loved
06.It's Not Enough
07.Chinese Rocks
08.Get Off The Phone
09.Pirate Love
10.-intro-
11.One Track Mind
12.I Love You
13.Goin' Steady
14.Let Go

(Disc 2)

01.-intro-
02.Can't Keep My Eyes On You
03.Do You Love Me?
04.-intro-
05.You Can't Put Your Arms Around A Memory
06.So Alone
07.(I'm Not Your) Steppin' Stone
08.-intro-
09.Too Much Junkie Business

〈Echoplex,Los Angels,California December 1,2017〉

Walter Lure - guitar, vocals
Mike Ness - guitar, vocals
Glen Matlock - bass, vocals
Clem Burke - drums, vocals
Jesse Malin - guitar, vocals

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

通販はこちらまで↓

ultrasuperyamada@gmail.com

kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp

042-329-3966(3時〜11時)
0
投稿者:超山田SAD-HERO

激レア音源 クラッシュinパリ!!!&ジョー・ストラマー&ロカビリー・ウォー!!!

激レア音源
ザ・クラッシュ
in・パリ!!!
そして
ジョー・ストラマー
&ラティーノ・ロカビリー・ウォー!!!

ザ・クラッシュ
81年9月パリで行われた1週間連続公演から
6日目のライブを収録した秘蔵激レア音源が
超☆初登場!!!
アンド
ジョー・ストラマー
ソロ復帰直後の88年7月
ロンドン公演を完全収録した激レア音源が激☆登場!!!


『THE CLASH / STREET PARADE IN PARIS』 [2CDーRです]

クリックすると元のサイズで表示します

81年のクラッシュは
アルバム『サンディニスタ』リリースから
インポシブル・ミッション・ツアー
そしてボンズ連続公演へ
夏はオフとその後レコーディング
秋に入りまず行ったのが
パリはモガドール劇場で行われた
1週間連続公演でした
本作は81年9月29日
連続公演6日目のライブを
良好なステレオ・オーディエンス録音で収録した
秘蔵激レア音源!!!
レンジの広いステレオで
ヴォーカルはもちろん各パート共に
非常にクリアに収録されております
マスターに起因する定位のズレも
丁寧に補修されております
("Junco Partner"の後半部と
"Clampdown"のイントロ部のみ
テープチェンジによる欠落がございます) 
約1800人を収容する
モガドール劇場での1週間連続公演は
それぞれセットリストが異なり
Futura2000と共に"Graffiti Rap"
ランキン・ロジャーを迎えての
"Armagideon Time"をプレイしているのもこの時期ならでは
当時リリース前の新曲"Know Your Rights"は
イントロが全く異なる初期バージョンでプレイされており
同じく後に『コンバット・ロック』に収録された"Ghetto Defenden"
この日のレアナンバー『サンディニスタ』からの
"The Street Parade"が聴けるのも嬉しポイントです

=収録曲=

(Disc 1)

01.Broadway
02.One More Time
03.This Is Radio Clash
04.Should I Stay Or Should I Go
05.The Guns Of Brixton
06.The Magnificent Seven
07.White Man In Hammersmith Palais
08.Train In Vain
09.Ivan Meets GI Joe
10.Clash City Rockers
11.Koka Kola
12.Junco Partner(Incomplete)
13.Grafitti Rap
14.The Leader
15.Washington Bullets
16.Ghetto Defendent
17.Complete Control
18.Somebody Got Murdered

(Disc 2)

01.Clampdown(Incomplete)
02.London Calling
03.Bankrobber
04.Janie Jones
05.Safe European Home
06.Armagideon Time
07.Know Your Rights
08.The Street Parade
09.Spanish Bombs
10.Brand New Cadillac
11.Jimmy Jazz
12.Londons Burning

〈Mogador Theatre Paris,France September 29,1981〉

----------------------------

『JOE STRUMMER AND THE LATINO ROCKABILLY WAR / GREEN WEDGE BENEFIT』 [CDーRです]

クリックすると元のサイズで表示します

クラッシュ解散後から3年間の沈黙を破り
ラティーノ・ロカビリー・ウォーを率いて
ライブをスタートさせた88年のジョー・ストラマー
本作は88年7月に7日間のみ行われた
『グリーン・ウェッジ・ベネフィット・ギグ』の6日目にあたる7月7日
ロンドンのエレクトリック・ボールルームで行われたライブを
良好なモノラル・オーディエンス録音で完全収録した
秘蔵激レア音源が超☆登場!!! 
モノラルながら非常に安定したバランスで
ヴォーカルはもちろんパーカションやコーラスなどの音も
クリアに収録されております
101ers時代の"Keys To Your Heart "や
クラッシュのナンバーはもちろん
翌年にリリースされる初のソロアルバム
『アースクェイク・ウェザー』からのナンバーをプレイ
パーカッションをフィーチャーしたバンドのサウンドは
パンク色は弱いものの
リズムを重視したアレンジでプレイされており
カリプソ風の"Junco Partner"や"Armagideon Time"
"Ride Your Donkey"などのレゲエナンバー
トロピカルな雰囲気が素晴らしい"Straight To Hell"
ポーグスのナンバー"If I Should Fall From Grace With God"や
かつての盟友ミック・ジョーンズ率いる
ビッグ・オーディオ・ダイナマイトのカバーも含めた
この時期でしかプレイされなかったレアナンバーを満載の
ファン悶絶のセットリストとなっております

=収録曲=

01.Oye Como Va(Incomplete)
02.Love Kills
03.Nothin' Bout Nothin'
04.Sightsee MC
05.15th Brigade
06.Keys To Your Heart
07.Armagideon Time
08.Somebody Got Murdered
09.Unknown Immortal
10.This Is England
11.Police And Thieves
12.V Thirteen
13.Ride Your Donkey
14.If I Should Fall From Grace With God
15.Brand New Cadillac
16.Love Of The Common People
17.Trash City
18.Ubangi Stomp
19.Police On My Back
20.Junco Partner
21.I Fought The Law
22.Straight To Hell
23.London Calling

〈Electric Ballroom, London, England July 7,1988〉

Joe Strummer - Vocals and Rhythm Guitar
Zander Schloss - guitar
Roberto Pla - Percussion
Jim Donica - Bass
Willie McNeill - Drums

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

通販はこちらまで↓

ultrasuperyamada@gmail.com

kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp

042-329-3966(3時〜11時)
1
投稿者:超山田SAD-HERO

激レア音源 シェイン・マクガワン&ポープス!!!&ドロップキック・マーフィーズ!!!

激レア音源
熱きアイリッシュ・ハート!!!

シェイン・マクガワン&ポープス!!!
アンド
ドロップキック・マーフィーズ!!!

シェイン・マクガワンがポープスを従えて行ったUSツアーから
ワシントンDCでのクラブギグを収録した秘蔵激レア音源が超登場!!!
アンド
ドロップキック・マーフィーズ
アイルランドで行われた野外ライブを
高音質ステレオ・オーディエンス録音で完全収録した激レア音源が激☆登場!!!


『SHANE MACGOWAN & THE POPES / BLAC CAT CLUB '95』 [CDーRです]

クリックすると元のサイズで表示します

ポーグス離脱後93年夏頃からポープスとの活動を開始し
94年10月にはポープスとの1stアルバム
『The Snake』をリリースしたシェインの
95年2月からのUKツアーを経て行われた
USツアー4日目の公演となる
ワシントンDCのブラック・キャット・クラブで行われたギグを
良好なステレオ・オーディエンス録音で完全収録した
秘蔵激レア音源が超☆登場!!!
("The Sickbed Of Cuchulainn"のエンディング部と
"The Irish Rover"のイントロ部のみ
テープチェンジによる欠落がございます)
非常にバランスよくクリアに収録されており
フロアの熱気をダイレクトに封じ込めた
迫力抜群のサウンドでご堪能いただけます
約700人のキャパシティでのクラブギグのため
通常のホール公演と比べより生々しいサウンドで
『The Snake』からのナンバーに
ポーグスのナンバーを交えたセットリストによる全19曲をプレイ
シェインの体調もこの日は非常に良好だったようで
終始エネルギッシュなヴォーカルが聴け
贅肉を削ぎ落としたポール・マクギネスのエレクトリック・ギターが
鳴り響く熱きポープス・サウンドをご堪能いただけます!!!

=収録曲=

01.Streams Of Whiskey
02.Donegal Express
03.If I Should Fall From Grace With God
04.Nancy Whiskey
05.The Gentleman Soldier
06.Greenland Whale Fisheries
07.A Pair Of Brown Eyes
08.The Battle Of Brisbane
09.Cracklin' Rosie
10.The Body Of An American
11.The Broad Majestic Shannon
12.Hippy Hippy Shake
13.Dark Streets Of London
14.The Sickbed Of Cuchulainn(Incomplete)
15.The Irish Rover(Incomplete)
16.Boys From The County Hell
17.Sayonara
18.Bottle Of Smoke
19.Sally MacLennane

〈Black Cat Club, Washington D.C USA August 12,1995〉
______

『DROPKICK MURPHYS / ONLY SHOW IN IRELAND SUMMER 2017』 [2CDーRです]

クリックすると元のサイズで表示します

デビューから20周年を迎え4年ぶり9作目となる最新アルバム
『11 SHORT STORIES OF PAIN & GLORY』を引っ提げ行われたツアーより
2017年7月17日アイルランドはダブリンの公園
アイヴィー・ガーデンズ内の野外ステージで行われたライブを
高音質ステレオ・オーディエンス録音で完全収録した激レア音源が超☆登場!!!
安定感のあるバランスの良いサウンドで収録されており
エキサイトするオーディエンスの歓声もジャマにならず
迫力抜群のサウンドで収録されております
1月にリリースされた最新アルバムからの7曲を
フィーチャーしたセットリストで
オープニングから飛ばしまくり
シンガロングパート満載のナンバーを惜しみなくプレイ!!!
クラッシュのカバーヴァージョンで知られる"I Fought The Law"
AC/DCのカバー"TNT"も交えた約95分の極上パフォーマンス!!!

=収録曲=

(DISC 1)

01.The Lonesome Boatman
02.The Boys Are Back
03.Hang Em High
04.Blood
05.I Had A Hat
06.Sunday Hardcore Matinee
07.Going Out In Style
08.Paying My Way
09.Famous For Nothing
10.The Fields Of Athenry
11.Out Of Our Heads
12.First Class Loser
13.Rebels With A Cause

(DISC 2)

01.The Auld Triange
02.Bastards On Parade
03.Barroom Hero
04.Warrior's Code
05.Prisoner's Song
06.I Fought The Law
07.You'll Never Walk Alone
08.Rose Tattoo
09.State of Mssachusetts
10.Johnny I Hardly Knew Ya
11.Encore Break
12.TNT
13.Shipping Up To Boston
14.Next Time

〈Iveagh Gardens,Dublin Ireland July 16,2017〉

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

通販はこちらまで↓

ultrasuperyamada@gmail.com

kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp

042-329-3966(3時〜11時)
0
投稿者:超山田SAD-HERO

激レア音源 ポーグス!!! ライヴ3タイトル!!!

激レア音源
愛しき酔いどれ天使たち
ポーグス!!!
怒涛のライブ
3タイトル!!!

87年3月14日
レスターで行われたライブを高音質ステレオ・オーディエンス録音で
完全収録した秘蔵激レア音源が超☆登場!!!
アンド
名作『落ちた天使』リリース直後
人気絶頂期のポーグスの未発表ギグを
高音質ステレオ・オーディエンス録音で収録した秘蔵激レア音源が爆☆登場!!!
ア〜ンド
シェーン脱退直前の91年のミラノ公演を
高音質ステレオ・オーディエンス録音で収録したレア音源が轟☆登場!!!


『THE POGUES / RAKE AT THE GATES OF HELL』
[CDーRです]

クリックすると元のサイズで表示します

ダブリナーズとの共演シングル『ザ・アイリッシュ・ローバー』
リリース直後の87年3月14日
レスターのデ・モントホールで行われたライブを
高音質ステレオ・オーディエンス録音で完全収録した
秘蔵激レア音源が超☆登場!!! 
マスターに起因する定位とピッチのズレは丁寧に補修されております
オープニングを告げるSEから収録されており
ヴォーカルはもちろん各パート共に非常にクリアでバランスよく
オーディエンスの歓声もちょうど良いあんばいで収録されており
迫力抜群のライブの模様をご堪能いただけます
86年12月ダブリン公演以来となる
約3ヶ月ぶりのライブとなったヨーロッパツアー初日の公演で
大歓声で迎えるオーディエンスを前に
リリースされたばかりのシングル"The Irish Rover"で幕を開け
映画『ストレート・トゥ・ヘル』から"Rake At The Gates Of Hell"
後に正規ボックスセットで日の目を見た
当時の未発表インストナンバー"The Balinalee"
そして翌年リリースされる名作
『落ちた天使』からのナンバーも加えた極上のセットリスト!!!
"If I Should Fall From Grace With God"は
『ストレート・トゥ・ヘル』のサントラバージョンに
近いアレンジでプレイされています
ファン必聴の超絶オススメ盤です!!!

=収録曲=

01.Intro
02.The Irish Rover
03.Streams Of Whiskey
04.Rake At The Gates Of Hell
05.Medley
06.The Balinalee
07 The Body Of An American
08.If I Should Fall From Grace With God
09.Lullaby Of London
10.South Australia
11.Repeal Of The Licensing Laws
12.Turkish Song Of The Damned
13.The Sickbed Of Cuchulainn
14.The Broad Majestic Shannon
15.Metropolis
16.Dark Streets Of London
17.Dirty Old Town
18.Transmetropolitan
19.Sally MacLennane
20.Jesse James
21.Greenland Whale Fisheries
22.The Irish Rover

〈De Montford Hall, Leicester University, Leicester March 14,1987〉
_______

『THE POGUES / THE ODEON 1988』 [2CDーRです]

クリックすると元のサイズで表示します

1988年1月に3枚目のアルバム『落ちた天使』をリリース後
2月後半よりスタートしたヨーロッパ・ツアーの4日目となる2月24日
バーミンガムのザ・オデオンで行われたライブを
良好なステレオ・オーディエンス録音で完全収録した
秘蔵激レア音源が超☆登場!!!
オーディエンスの歓声が大きい箇所で音割れがあるのと
若干遠めの箱鳴りな音像ですが
レンジの広いステレオでクリアなサウンドで収録されております
まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのブレイク寸前のライブで
12月以降のライブでは
作者でもあるフィリップがリードヴォーカルにチェンジした
"Thousands Are Sailing"も
アルバムと同様にシェーンのヴォーカルで聴く事ができるなど
『落ちた天使』からのナンバーを中心にプレイ
もちろん"The Body Of An American""Dirty Old Town"など
ライブでは欠かせないナンバーに
酔いどれシェーン必殺バラード
"Lullaby Of London""A Pair Of Brown Eyes"
1stアルバムに収録されたトラディショナルナンバー
"Kitty"など極上のセットリスト!!!

=収録曲=

(Disc 1)

01.The Battle March Medley
02.The Broad Majestic Shannon
03.Medley
04.The Body Of An American
05.If I Should Fall From Grace With God
06.Repeal Of The Licensing Laws
07.Lullaby Of London
08.South Australia
09.Bottle Of Smoke
10.Metropolis
11.Kitty
12.Thousands Are Sailing

(Disc 2)

01.Turkish Song Of The Damned
02.Streets Of Sorrow - Birmingham Six
03.A Rainy Night In Soho
04.Fiesta
05.Dirty Old Town
06.Sally MacLennane
07.The Sickbed Of Cuchulainn
08.Jesse James
09.A Pair Of Brown Eyes
10.The Irish Rover
11.Greenland Whale Fisheries
12.The Parting Glass

〈The Odeon, Birmngham February 24,1988〉
_______

『THE POGUES / SUMMER IN MILANO』 [CD⁻Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

シェーン脱退の1ヶ月前にあたる7月6日
イタリアのミラノで行われたライブを
高音質ステレオ・オーディエンス録音で収録した激レア音源が超☆登場!!!
レンジの広いステレオで
ヴォーカルはくっきりと大きめに各パート共に
非常にバランス良く収録されており
抜けの良いクリアなサウンドでご堪能いただけます
シェイン在籍時最後のスタジオ作となった
前年11月リリースの5枚目のアルバム
『ヘルズ・ディッチ』からのナンバー4曲を含むセットリスト
この約一ヶ月後の日本公演を最後にバンドを脱退したシェインは
このライブの頃は脱退の原因となったアルコールのダメージが大きかった時期ですが
この日はいつものように酔いどれてはいるものの
ヴォーカルは割としっかりしており
"Young Ned Of The Hill"などダビーなアレンジを取り入れたナンバーを
織り交ぜてのバンドアンサンブルもバッチリ決まっています
"Summer In Siam"での印象的なピアノと
シェインのヴォーカルはまさに屈指の名演と言える素晴らしいパフォーマンス!!!
激オススメ盤です!!!

=収録曲=

01.Intro
02.Streams Of Whiskey
03.If I Should Fall From Grace With God
04.Boys From The County Hell
05.Young Ned Of The Hill
06.Rain Street
07.Sayonara
08.Repeal Of The Licensing Laws
09.The Body Of An American
10.Donegal Express
11.Gartloney Rats
12.Summer In Siam
13.Medley
14.The Sunnyside Of The Street
15.Dirty Old Town
16.The Sickbed Of Cuchulainn
17.Yeah, Yeah, Yeah, Yeah, Yeah
18.The Star Of The County Down
19.Sally MacLennane
20.Fiesta

〈Palatrussardi, Milano, Italy July 6,1991〉

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

通販はこちらまで↓

ultrasuperyamada@gmail.com

kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp

042-329-3966(3時〜11時)
0
投稿者:超山田SAD-HERO
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/39 
 

カレンダー

2022
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索



このブログを検索
AutoPage最新お知らせ