PCDEPOT WEB本店/OZZIOUSEN

2007/3/19


 1週おいての更新です m(_ _)m

先週は日曜日の午前中に大雨の中ゴルフを敢行し、昼から晴れたのをいいことにカッパ着てたので着替えずにそのままゴルフし・・・夕食で焼酎のボトル1本を空けたのが不幸にも始まりでしたw

月曜日はなんだか辛くて・・・・でも火曜日は水曜日が出張日なので水曜日(14日)の代わりに「ホワイトデー狂想曲」状態ww お返しと色々ありまして・・・で・・・水曜日は出張でいつも通りに帰宅して木曜日に起きると

のどが・・・その上、呼吸困難と鼻水と咳が止まらなくなり・・・

金曜日には頭がガンガンで、土曜日には本気で「このまま死ぬんじゃ・・・」と思いつつ日曜日は東京に用事で出かける筈だったところを土曜日のうちにキャンセルし、日曜日はおとなしくしてました^^; 今日は咳が止まりませんがとにかく6年生の授業が午後あるのでがんばって・・・で今に至ります。

ここで思ったのが、最近独りになって「自由」も増えたけど「あくまでも独り」なのね・・・と>< そんな寂し思いを胸に秘め2週間分のネタどすwww

土星の衛星・エンセラダスに生命存在か…NASA
おもしろいですな・・・本当ならですけど^^;

猪木が新団体旗揚げに闘魂燃やす
うぅーん「燃える闘魂」もなにを考えていることやらw まぁ前からこの手の話は出てましたけどね とうとう本格化するんですな^^;

サイモン・ケリー猪木社長辞任後もユークスは変わらず支援=新日本プロレス
前の話とは別口のようですな・・・でも確かに現場の状態がトップダウンじゃお上はやる気なくすとは思いますけどね・・・特に最近の新日本の盛り上がりを見ると・・・

インリン様が約1年3カ月ぶりに降臨=ハッスル
         &
小川が高田総統とまさかの結託=ハッスル
ですが・・・どうも「行き詰まった」感が・・・小川が・・・ねぇ(略

サスケ氏 透明マスク知事…岩手県知事選に出馬表明
透明って・・・「銀行強盗」じゃないんだから^^;

Second Life“不”人気、7つの理由
人気ないんですかねぇ・・・おもしろそうですけど・・・別に「一匹狼」でもおもしろそうだと思うのは「わたし」だけ?w

SCE、PS3向け3Dアバターコミュニティ「Home」を発表。07年秋に開始予定
まっこれも似たようなモンだけど・・・

限定台数999台 - PCで制御可能な「ロボットアーム限定パック」
これは漢の浪漫ですなw

センチュリー、PS3対応のHDD拡張用ケーブルキット「裸族のPS3」
裸族・・・うぅーーーーん・・・だから?って聞かないでw

さて、ネトゲですが、このところの「ホワイトデー狂想曲」と「超体調不良」でまともにアクセスしてません^^; やっとこ昨日ログオンできるまでに復活しましたが結局チームメイトとちょっとだけチャットしたのみ^^; 今週は今日からGNOの作戦開始と明後日からGNO2の作戦開始があるのでもうちょこっとだけがんばろうかと・・・ちなみにGW&GEは完全休止状態 ><

さて・・・先週からの我が家のホームシアターですが、このところは機器については動きはありません。実質熟成に入ったところかな・・・と・・・でもまぁ最近はとうとう「フルHD」がブームになってきてポツポツ「Blue-ray」「HD-DVD」機が出てきましたし、そろそろ「虫」が騒ぎ始めるかな・・・とww ただ資金が^^; まぁ夏のボーナスをどう使うか・・・ですかね・・・プロジェクターも安いのが出れば・・・なんて・・・

さて、今週の鑑賞レポですが2週間分なんですがあまりありません^^; 鑑賞作品は「アキハバラ@Deep」「ジェネシス」「間宮兄弟」「チャイニーズオデッセイ1&2」「ザ・セル」「ヴァン・ヘルシング」です。もう少しちょこちょこ見てるんですがなのぶん「ホワイトデー狂想曲」と「超体調不良」ですから^^;

ではまず

「アキハバラ@Deep」ですがこれは、昔で言うところの「七人のおたく」の「現代版」ですなw あれよりは現代版ですから洗練されてますしキャストも意外な性格(吃音、元重症の引きこもり、極度の潔癖症・女性恐怖症、点滅する光などを見ると瞬間的に硬直の発作が起きる持病、ミリタリーマニアの武闘派美少女、アルビノで日光に弱い少年)が用意されていて中々いいですね最近、成宮寛貴さんの演技がなかなかですな^^ 彼の演技はあずみ、乱歩地獄、TVドラマでも悪魔が来たりて笛を吹くなどいいですな、また佐々木蔵之介氏もなかなかですな^^ みてて笑いを誘いますw 純粋に楽しめる作品ですね

「ジェネシス」ですが、こちらは放題の悪い癖でどうも題名と内容とパッケージが逢いません^^; この映画、原題は「Storm」というヒロインの名前なんですがこっちの方が観ていくと納得いきます^^; 内容というかストーリー展開は意外にも観ていくウチに引き込まれていく感が強く、期待して観なければ意外におもしろいですなw ヒロインがいきなり「終われる」最初の展開から一気に今度は主演の男の過去へすっ飛んでいくと同時にヒロインが扮するアメコミがカットインされ・・・最後の展開は月並みですが、それでいて「納得」できるのかもw ヨーロッパ版「コンスタンティン喧嘩版」みたいなw

「間宮兄弟」ですが、前述の佐々木蔵之介 とドランクドラゴンの塚地武雅の兄弟が織りなす森田芳光監督の放つハートフル兄弟コメディーですな^^ 森田芳光といえば「の・ようなもの」「家族ゲーム」に通じるものがありますね。ストーリーは両人の織りなす日常というよりよくよく考えると「非日常」がまるで日常のように描かれてます。これは監督独特の手法なんでしょうけどキャストも常盤貴子 、沢尻エリカ 、北川景子 、戸田菜穂、高嶋政伸、岩崎ひろみとなかなかのキャストで固められ、やはり日常にみえる「非日常」がおもしろおかしくそれでいてハートウォーミングに描いてます。でもよくよく考えると「そりゃないだろうw」で進んでいくのになんかすんなり受け入れられてしまうところがさすがかもしれません^^ 観てほんのちょっとでもイヤされれば監督の思いとおりかもw わたしは結構「イヤされました」www

「チャイニーズオデッセイ1&2」これは以前にも紹介しましたが香港MEGA Star原盤で日本語字幕もむちゃくちゃなやつですが今回はHDリマスターDTS版を手に入れましたので再観ですw この作品は原題「西遊記大結局之仙履奇縁」&「西遊記第壹佰零壹回之月光寶盒」で邦題は1が「月下の恋」2が「永遠の恋」とこれは結構、原題と邦題が合ってます^^ 内容は前にも書きましたが、要するにチャウ・シンチー版「西遊記」です。孫悟空も三蔵法師などの主要メンバーも牛魔王などのサブ悪キャラもしっかり出てきますが日本のものとは基本的に解釈もまったく違う作品ですし、この映画香港映画特有のギャグ満載ですがれっきとした「ラブストーリー」ですw 何度観てもおもしろいと思いますが、香港映画が五月蠅いと感じる人にはだめかもしれません。ただ当時の香港での評価はかなりいいようで・・・またキャストもおなじみのチャウ・シンチー(周星馳)、ン・マンタ(呉孟達)だけでなく当時新人のアテナ・チュウ(朱茵)、おなじみのロー・ガーイン(羅家英)、エイダ・チョイ(蔡少芬)、カレン・モク(莫文蔚) といったスター目白押しですね。まぁおすすめですけど好き嫌いは大きいかな・・・と・・・

「ザ・セル」ですが、これはちょいとサイケデリックなサスペンスSFサイコスリラー映画ですかね^^; 異常殺人犯の脳内世界に入り込む奇想天外なストーリーを主演のジェニファー・ロペスが演じてますが、わたし的にはおもしろいと思います。以前にCATVで観て「なんじゃこりゃー」と思いましたが、何度か観るうちに「ふぅーん」となり、つい最近、大画面で観ると「なるほどねぇ」となりました。最近はソウみたいなサイコホラーも当たり前になりましたし、結局は2000年という公開は早すぎたのかもしれません。でも、これ一回じゃ到底理解不能ですし、何回も観るのも機会でもない限りどうかなぁという作品ですね。でも理解できると「ほぉ〜」と思えますw

「ヴァン・ヘルシング」ですが、これは昨夜地上は初登場でありましたので英語&字幕にて鑑賞しました。モンスター・ハンター“ヴァン・ヘルシング”とドラキュラの運命の対決を描くスペクタクル・アドベンチャーとの触れ込みですが、監督は「ハムナプトラ」シリーズのスティーヴン・ソマーズ。ヴァン・ヘルシングを演じるのは、ヒュー・ジャックマン。クールなヒロインにはケイト・ベッキンセールが演じてます。この2人
ヒュー・ジャックマンは「X-Man」、ケイト・ベッキンセールは「アンダーワールド」とどうもモンスターものに縁が深いようですねw ただこの作品「ここまでやるかぁ」ぐらいの「曲解」でストーリーを進めるあたり、監督独特のストーリー展開でいいですね。最近の映画は原作があるのでなんともねぇ・・・オリジナルが少ないのは少しだけ・・・(略 観て楽しめる作品ですし、いいかな・・・と何度でも観れますね^^

さて・・・ちゅうことでそろそろ・・・・お後がよろしいようで・・・テケテンテン m(_ _)m
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ