PCDEPOT WEB本店/OZZIOUSEN

2006/12/15


 久々に週に2回更新します。このところ週1回更新でしたので久々かもしれません・・・それにしてもなんか冬なのに変な天気ですなぁ・・・雨降ったり、暑くなったり・・・ほんっとおかしな(略

さて、そんなこんなで今週のネタです。

年賀状はお早めに=全国で受け付け開始−郵政公社

もうそんな季節だったんですねぇ・・・

プレステ3、年内に100万台出荷
ほんとにそれだけ出荷できるんでしょうかねぇ・・・でもこの「祭り」に踊らされた1人でもあるので・・・(略


2006年プロレス大賞が決定! ベストバウトは10.29丸藤vsKENTA
今回は復帰賞とか「もうすぐ復帰がんばれ」賞とか作ってあげればよかったのにw

鈴木みのるが06年プロレス大賞受賞、次の目標は小橋との三冠戦だ!
あくまでもこの人「マイペースなのね」と思う今日この頃w でも彼のブログでも大賞受賞時のコメントもそうですが「自分第一主義」じゃないのがまた渋いかも^^;

メカマミーの野望「来年はMVPとベストバウトだ」
さすが・・・としか・・・^^;

1.7頑固プロレスにゴージャス松野が参戦
まだやってたのね^^;

MVP男みのるが初代タイガーにTKO勝利=リアルジャパン
やはりこの男、ただ者じゃないんですな・・・

レッスルキングダムの全カード&試合順決定
1/4ですな・・・でもなんで世界タッグがあってIWGPタッグやんないんだろう・・・ワイルドチャイルド絶好調なのに・・・(-。-) ボソッ

さてネトゲなんですが、このところいろいろとやらかしてしまいまして・・・というのも先週土曜日に職場の忘年会があり、FOMAカード等々他の鞄に入れていてしっかり忘れていて出張の際持って行くのを忘れ(略

というアフォなことしました><

で・・・元々ロクにログオンしてないのにこれが輪を掛けてログオンできないというよりログオンするのがめんどくさくなり日程とか前線移動とか技術LVUPとかもうどうでもよくなり(略 なのです^^; GNOの方はGP-03D導入後は「巣」に突入しGNO2はなんか惰性で宇宙にとどまりチームの皆さんには迷惑かけてるんでしょうねぇと思いつつ今週はこのままだらだらいきそうです><

さてホームシアター関連ですが、前回少しだけ報告しましたが今回2つの機器を投入しました。ひとつは

32型ハイビジョン対応液晶TV

です。これは前に42型プラズマを交換してしばらくして「白」画面の右上全体的にになんだか赤い点々というかドットのモアレのようなものが出現し、その範囲がどんどん大きくなってきました。まだ保証期間中だし、この際と思ってサポートに電話したところなんとまぁこの機種「生産終了」ということで サポートの見解は「預かり修理」だそうでこの際ですから修理することにしました。修理に関しては「2週間」かかるそうでいつ戻ってくることやら・・・そんなわけでTVがないのも困りまして・・・バイデザインのアウトレット覗いてたら32型液晶が60000円弱・・・ボーナスも入ったのでそのまま

ご購入ぅ〜っ

ということで・・・

B&W ノーチラスHTM-1ですが、こちらは前回の説明通り、半額セールだったもので・・・

その2つですが、今週火曜日夜に到着しました。液晶の方は色合いとコントラストがプラズマやDLPに比べると少し「淡い」画像になります。もう少し詰めていけばいい色も出そうですが、もともとはTVの代替機ではなくPCのモニターとして大画面液晶を買うつもりだったこともあるのであまり弄っていません(本当はPCと繋げているケーブルテレビSTBの実験用モニターなので

もうひとつのセンタースピーカーですが、到着してとにかくでかいっ!のひと言です。今まで使用していた「CDM-CSE」と比較すると2まわりほどでかいです^^; 

ただやはりB&Wの公式HPでは「804Sや802などに最適な・・・」と書いてあるので「でかい」のは仕方ありませんが、部屋が1LDKなので・・・まだエージングもそこそこなんですがいい音します^^vTVやDVD、CDの音も「太く、通る」カンジがします。ただまだエージングが進んでませんので少し薄い感じも残ってますが・・・

さて・・・今週は月曜日以降、DVDの「ディセント」「GUNDAM SEED STARGASER」「ダークブレイド」の3作品を鑑賞しましたのでコメントなんぞ・・・

「ディセント」ですが、前回のネタの中にこの映画のレビューが入ってますが、とにかく

ここまでやるのかぁ

というのが第一印象ですね。この作品はヨーロピアンホラーなので映像なんかはハリウッドよりも「暗い」イメージが強いです。監督は人狼パニック・ホラー「ドッグ・ソルジャー」で注目されたニール・マーシャルで今回の舞台は洞窟、女だらけの冒険隊が不思議な生物と肉弾戦を繰り広げるという内容で前半は女友達同士の友情ドラマ、後半は怒涛のスプラッタ、ラストは通り一遍の終わり方を見せつつ意外な結末へといったカンジです。最初に家族をいきなり交通事故それもパイプが突き刺さる凄い衝撃の映像から始まりますが前半戦に流れていくストーリーは割と穏やかです。後半戦にいきなり訳のわからん「凶暴な地底人」が出てくるあたりからなんだかスプラッタ系へ怒濤の「快進撃」(?)を始めますw そしてラストですが・・・終わったのね・・・と思わせつついきなり「現実(?)」に引き戻される手法はハリウッドではないなと思わせてくれますww 「28日後」のもうひとつのエンディングに近いものがありますね。とにかく観て「おもしろい」と感じる映画だと思います。

もうひとつは「GUNDAM SEED STARGASER」ですが、「もうひとつのSEED」といった形の外伝物語ですね。「Destiny」の最初の方のエピソードであるユニウスセブン落下事件の最中にあるストーリーといったところでしょうか。もう少しメカメカしてるのかと思いきやなんか中途半端な展開で少々気抜けしたというのが印象です。まぁどちらかというと「GUNDAMUを兵器ではなく平和利用したいんだよね」というところが中途半端で最後のオチもなんか中途半端・・・とどのつまりは

中途半端ですね^^;

最後に「ダークブレイド」ですが、これは日本未公開の映画です。「新感覚近未来アクション」と銘うっています。で・・・ジャケットもなんだか「ブレイド」シリーズを思わせるような感じでついつい借りてしまったんですが・・・・

が・・・


ジャケットの女性は出てきますがそんなシーンはひとつも出てきません^^; で・・・新感覚と言うよりは「そりゃないだろうっ!!!」というくらいに退屈してしまうストーリー展開です>< とにかく自主製作映画でこういうの結構あるなぁ・・・くらいの感覚で観るといいかもしれません。とにかく先入観を持つとまったく楽しめませんw ただよくあるゲームなんかのシナリオでみられるストーリーを無理矢理ヨーロピアンノアールにこじつけてアクションを結びつけようとするきらいが見受けられます^^; まっこうやって話題になるんで観ない方がいいとは言いませんが、あまりお勧めしません^;

まっそんなところで・・・

今日の所は・・・お後がよろしいようで・・・・テケテンテンテン・・・m(_ _)m
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ