PCDEPOT WEB本店/OZZIOUSEN

2006/6/23

これまた久しぶり・・・m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m  時事ネタ&ネットワークゲーム

 またまた久しぶり(1週間)の更新です^^; だいぶ私生活も職場も落ち着いたんですが、なんだかやはりさぼり癖がつくとなかなか更新しないものです(゚o゚)ヾ(--;オイオイ... まぁ忙しいんですけどね・・・仕事が・・・なんとか週一以上のペースにはしたいんですけどねぇ・・・でもあくまでもこのブログは「不定期更新」ですw 

 さてさて・・・久しぶりにいろいろなHPを巡ってたら「世界初(*1)HD DVD搭載ハードディスクレコーダー「RD−A1」の発売について」というページをみつけました。東芝のHD-DVDと言えばプレーヤーがえらく「不評」でしたがこれはどうなんでしょうかねぇ? 最近「ホームシアター」に「没頭」してると言っても過言ではないんですが本体のスペック的には「申し分」ないんですよね・・・でもこの390000円が「安い」と見るか「高い」とみるかはおそらく「両極端」だと思います。わたしは「見た目」だけでは「安い」と思いますがただこれ見た目ですけど「でかい」ですね・・・

{ホームシアター構築日記」その2:怒濤の快進撃

 5月の連休の後・・・引っ越しも落ち着き、HHDレコーダーも意味がないということが判明した後、前回の日記にも書いた通りCATVのHV番組をいかにして「移動」するというという問題もRecPot購入にて解決しましたが、そこから先の「メディアへの移動は?」となると未だ「実現」できておりません>< ということで・・・ただいまというか現在進行中のプロジェクトは「いかにしてすでに販売していないD-VHSの出物を探し出すか?」となっております。今更、高額出して買うもんでもなさそうだし・・・それこれやってるうちに前回のケーブルの購入後から1週間後・・・ヤフオクを覗いているとある商品を見つけました。我が家の超高級(?)プロジェクターは「マランツ」なんですが基本的に日本ではあまり知られておりません^^; どちらかというと日本では「シャープ」や「三菱」のDLPプロジェクターの方が「有名」です。が・・・ヨーロッパではこれがまたなぜかかなりの「人気」らしく、マランツの「HP」みると解りますが「トータルコーディネート」する会社なんですね・・・で・・・意外というかその世界ではそこそこ有名なんですが・・・とにかくヤフオクであるモノをみつけたんですね・・・それが「DV8400」というユニバーサルプレーヤーなんですがこれ・・・要するに「マルチプレーヤー」とも言うようなものなんですが、プロジェクターを購入してからそれなりにマランツについて調べたんですが、これが意外に「出物」で調べているうちに「HTPC」よりも本格的なユニバーサルプレーヤーの方が「数段」格が上ということが判明し、このプレーヤー「DVI端子」がついているんですね・・・で・・・やっちゃいました^^; とうとう「怒濤の快進撃」が始まったのです^^; 購入しました。値段はすでに生産完了品ですので「それなり」です^^; ご想像にお任せしますが・・・モノが到着し、前に購入しておいたYAMAHA YSP-1に光ケーブル接続し、我が家のプロジェクターにDVIで接続して見てみると・・・我が家の「HTPC」もやはりHD出力していますので「いい画」なんですがこれがどうにも「VP8400」と比較してみると・・・我が家にある購入した「SWエピソードIII」が「劇的」に「変化」したのです^^; とにかく「画のコントラスト」「深み」「配色」が「段違い」によくなります。職業柄「画像」を本職にしてますので・・・とにかく「感動」しました。で・・・ここで終われば「快進撃」とは言いませんがとうとうホームシアターですから「画」がよくなれば次は・・・・そう・・・AV(アダルトではありませんよw)「ビジュアル」の次は「オーディオ」・・・そう「音」です^^; 前にも書いたとおり昔購入したPC用の「5.1Chサラウンドスピーカー」を引っぱりだし、それなりに「感動」していたわたしですがプロジェクターを「グレードアップ」し、スクリーンを「110インチ」の大画面にしてケーブルを交換し、とうとうユニバーサルプレーヤーに手を出し本来は「家中にスピーカーなんか並べたら邪魔」と思って購入したはずのYSP-1が物足りなくなり・・・そうなんです・・・スピーカーに手を出したんです>< これがまたいろいろなHPをみてると「個性豊か」なものもあれば「とにかく高級」に走るもの・・・スピーカの会社にしてもとにかく多種多様その上、各社「グレード」によって「ピンからキリ」まであります。昔、オーディオに凝っていた時期があり、国産スピーカーを6本も買いあさり当時いいと言われていた「SANSUI」のアンプからマルチチャンネルで出力していたことも後押ししてとうとう手を出してしまいました(全部処分したんですけどねぇ・・・)ただし今回はスピーカーを変えて「劇的」に変わようというわけではなく「それなりに本格的なところ踏みだそう」というコンセプトの元、いろいろなホームシアターのHPを調べ始めたのが6月の始め・・・ここからがほんとうの意味での「怒濤の快進撃」が(゚o゚)ヾ(--;オイオイ... で・・・マランツのプロジェクター、マランツのユニバーサルプレーヤーとくれば・・・スピーカーは? と言うと答えは「マランツでしょう」と・・・・はいきませんw マランツでは「トータルコーディネート」としてマランツの音響機器には「B&W」という会社のスピーカーを推奨しています。このスピーカー・・・巷では賛否両論で「おとなしめだかいい音」とか「抜けるような音」「ノーチラス管の響きが・・・」などいいコメントもありますが、「こぢんまりしていてイマイチ」とか「面白味に欠ける」などの意見もあるスピーカーですがこの会社のスピーカー最高級グレードの「805」になると値段の桁が変わりますw で・・・とりあえず今回の我が家のホームシアターのコンセプトはあくまでも「それなりに・・・」ですのでその他の会社のスピーカーも視野に入れつつ購入への考察に踏み出したのです。で・・・候補としては最初に考えたのは「皆がやってるのではあくまでも2番煎じだからそれなりでも少しは個性を出して・・・」なんて「あほ」なこと考えながらヤフオクやホシアター関連のHPを巡ること2週間・・・まずは日本でも人気のある「JBL」や「BOSE」のスピーカーについて調べると・・・あるある・・・こりゃすごいのね・・・と思いつつ、まず頭に浮かんだのが、昔マルチチャンネル組んでいたときのこと・・・全部のスピーカーから音を出してスーパーウーハーまで出力するとマンションが地響きするんですね^^; で・・・考えたのが「小型もしくは中型のスピーカーで余裕のあるアンプから出力してみてはどうだろう?」ということでした。そうなると「JBL」や「BOSE」のように高出力びんびんに出すスピーカー(これはこれで相当「魅力」なんですけどね^^;)では許容範囲から逸脱するということで他のスピーカーなんぞ調べてると・・・「B&W」のスピーカーの出物がヤフオクにw で・・・「マランツの推奨スピーカーだし・・・」(というかB&Wの正規輸入代理店なんですけどねマランツ(゚o゚)ヾ(--;オイオイ...)とか考えつつ落札w まず購入したのが「B&W VM-1」という中型のものでその後小型の「B&W DM303」「B&W DM600 S3」と立て続けに落札し6本もの「スピーカー長者」にww で・・・最初はそれで「VM-1」をフロントにして「MD300」をサラウンド、「MD600」をサラウンドバックで使おうかと考えていましたが・・・今回のコンセプトが「それなり」です・・・購入したスピーカーがVM-1を除いてすべて「ブックシェリフ型」でなんですが一応5.1チャンネルサラウンドを組むとしても賃貸マンションですのでそれほど高出力が出せない・・・そりゃ専用ルームや個人宅であればいいんですが・・・今の構成だとスピーカーの種類は同一なんですがシリーズがまちまちでフロントのがつんとした音が出ないからセンタースピーカーがそれなりにしっかりしないといけないとなり・・・ここでヤフオクでの「センタースピーカー購入大作戦&AVアンプ購入大作戦」が発動したのでした・・・しかし・・・センタースピーカーってあまりないんですね・・・B&W・・・そしてAVアンプですがが・・・「プレーヤーもプロジェクターもマランツだし・・・」で・・・AVアンプですからAVセレクターも機能としてあるわけで・・・我が家の映像機器は接続が「DVI」なんですね・・・で・・・そこで「DVIセレクター」が必要か?というとほんとうは「直に接続すればOK」なので必要ないんですが「どうせHTPCもあるんだし・・・」となり・・・選択肢はひとつに・・・マランツの「PS8500」というやつです・・・で・・・この機種には下位機種に「PS7500」というのがあります。ヤフオクではこの機種がよく出てますが「PS8500」はまったくなし・・・で・・・このPS7500ってそこそこの性能と機能で一応評価されている機種ですが「DVIセレクター」がないんです^^; 要するに「DVIセレクター付きのPS7500」が「PS8500」かというとそうではありません。スピーカー出力も違いますし、この機種なぜにマランツがそうしてるかよくわかりませんがDVD音声出力フォーマットには各種「ドルビーサラウンド規格」とういうのがありますが・・・これがまたこの機種だけが「ほとんどすべてに対応」してるんですね^^; と・・・いうことでAVアンプは決定しましたが・・・じゃセンターは?ということで・・・その先、2週間ほど悩むことになるのです^^; で・・・悩んでいる間にあることに気がつきます。このアンプ「7.1チャンネルサラウンド対応なのです^^; ということで「ついてるもんは使わなきゃ損」ということでさらにセンター&セカンドフロントスピーカーの選定に入ります(゚o゚)ヾ(--;オイオイ...そこで考えたのが「B&Wのそこそこいい奴の購入」だったんですが・・・そこがまた「貧乏性」なのかどうしても「躊躇」してしまい・・・(だって200000円超える買い物は未だかつてあまりしたことないもので・・・え?プラズマTV?いや・・・まぁ・・・そういうことで・・・(゚o゚)ヾ(--;オイオイ...)しかぁーしっ! ここでまた違うスピーカーを見つけてしまいます・・・それが・・・KEFという会社のスピーカーで・・・
 
 さて・・・ここまでで「怒濤の快進撃」はまだまだ序章から抜け出ておりません^^; ここからがほんとうの意味でのホームシアター構築怒濤の快進撃への第一歩です。ただ文字数の限度がありますので今日の所はここまでで・・・

次回「それなりホームシアターへの道:怒濤の快進撃その2」へ続く(゚o゚)ヾ(--;オイオイ...
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ