PCDEPOT WEB本店/OZZIOUSEN

2005/10/27

木曜日も( ^-^)_旦~  時事ネタ&ネットワークゲーム

 10/27、木曜日ですね・・・今日は学生実習・教室会議と忙しく更新が夜になぅってしまいました。 まっ1日忙しいのはいいことなんですけどね^^; ただ体調も本調子ではありませんし、風邪が流行ってますからねぇ・・・気をつけないと・・・さて・・・今日の時事ネタです。まずは大森、安田とリベンジ戦ということで・・・すでにアントニオ猪木にも見放され堂々の「借金王」となった安田ですが・・・どうなっちゃうんでしょうねぇ・・・ゼロワンから見放されたらあとはハッスルだけか・・・で・・・同じく格闘技ネタで前田氏苦言も…須藤“オレ流”貫くですが・・・前田からこんな「苦言」が出るとは・・・と思いません?彼の行動というかこの半生でこんな言葉が出るとは信じられませんね^^; 今日は政治関連ネタやその他のネタがあまりなく今日はここまでですな・・・

PC:

 今日の関連ネタ、まずはアビーからアルミ製ATXケースと容量750W電源の2製品が明日登場予定!ということで・・・ケースはいいとして750Wの電源って・・・いいすねw で・・・次は鮮やかなボディカラーとキートップの独特なフォントが特徴的なスリムタイプキーボード「Elysium」が登場!ということで・・・なかなかカラフルでいいかもw そして・・・今週最大のイベントは【特別企画】 “WPC EXPO 2005”が本日開幕!! ASUSTeKにGigabyte、MSI、ThermalTake……気になるブースをチェック!!ですが・・・一回でいいから見てみたいですな・・・

GNO: 壁:凸改 削り:専砂II 射撃:砂II、専砂II 56日目

 さて・・・GNOはどうなるんでしょう? って・・・ゲームのことではなく・・・我が部隊なんですけどね^^; なんだか本当にモチベーションが上がらない・・・このまま惰性で続けるのもなんだし・・・なんかおもいろいことないですか?(゚o゚)ヾ(--;オイオイ...

GNO2: 壁:G3(回避↑装甲↓)、凸陸☆(回避↑HP↓) 射撃:SC☆×3(HP↑・装甲↓) 51日目

 こちらは作戦中です。作戦進行率は

クリックすると元のサイズで表示します

ということでこのままだと前代未聞、初の「マイナス侵攻で防衛早期終了」がありえるかもしれません。朝9:00にみたときは16%でしたがさっき夕方18:00に確認したところ11%までいきましたから・・・9時間で5%・・・あと2日以上ありますので20時間で0%となると・・・こりゃ見物ですなw ログは

クリックすると元のサイズで表示します

ということでマドラス基地も防衛成功し・・・すでにジオンさんも攻略するもんがないのでは・・・という勢いですな^^; どうなるんでしょう?w で・・・我が部隊は昨日と変わらず順位もあまり大きく移動しとりません^^; なんとか糸口をつかみたいところですが・・・今日技術LVUPするとBDと強凸が出る予定ですのでここで大きく変動するかどうか・・・かもしれませんね・・・我が部隊は「専BD-1、強凸★、SC☆×3」の予定です。今回は射撃パイに距離4を取得させていませんので・・・思いっきり搭載余るんですよねぇ・・・まっいいかw

さて・・・今日のお勧めHP(もはや多くは語るまいw)は「闘病日記」呼んでる方に朗報です。ということでこんなのはいかがでしょうw

闘病日誌その7 −入院偏その1−

 手術が終わりました。実際、手術に関して言えば麻酔が効いてしまえばまったく苦痛もなにもなくましてや仰向けに寝てますし、場所が場所だけになにしてるかさえわかりませんでした^^; とりあえず手術も終了し、回復室へと搬入され看護婦さんに抱きかかえられベッドに寝かされ「頭は絶対に上げちゃだめですよ。ものすごい頭痛が起きますから」と脅かされ、うとうとしてるとかみさんが見舞いに来て「大丈夫?」とか聞かれてもなんだか朦朧としていて手を挙げてピースサインするぐらいであとは「大丈夫じゃないかなぁ」とかとんちんかんな返事していたようです^^; そして夕方18:00頃になり点滴も3袋終了したところで普通ならば「お小水」が出るんですが、麻酔の関係で頭が上げられませんので横向きになって溲瓶にしなければならないとのこと・・・ところが下半身に未だ麻酔が聞いてるためにまったく出ず・・・しょうがないので導管して採尿することに・・・このときはまだ麻酔が効いてるのでなんてことなかったんですが・・・少ししか採尿できず・・・夜遅くに麻酔も切れたところで下半身にかなり張りを感じ・・・こりゃきたかな・・・と思い、夜勤の看護婦さんを呼び出し、横に動かしてもらい溲瓶と格闘・・・しばし格闘しても一向にだめで・・・しょうがなしに採尿してもらうことに・・・これが入院して最初の試練「浣腸」に次ぐ「第2の災難」でした。女性の場合尿道は短く採尿する際の導管はほとんど痛みを伴わないそうなんですが・・・男性の場合は・・・そうです。長さがありますので・・・導管するのに・・・そう・・・すごく痛いんです>< ましてや麻酔も切れてますし、夜勤の看護婦さんはすごく優しい言い方なんですが、これがまた豪快な方でして・・・TT とにかくこの入院生活でまさに激動の苦難No1と言える程の苦痛を味わうこととなりました^^; ただ採尿後は下半身の張りもなくなりほっとしたのかゆっくり寝れそうな感じでした。ただ・・・そのつかの間の幸せもまた哀しい出来事により無惨にも崩れ去りますが・・・ほっとしたのか少し眠くなってきましたのでなんとか寝ようと思った瞬間・・・回復室にはもう一人いたのです。下半身の張りと採尿の痛みで忘れていたんですが・・・そうです、わたしと同日に入院したおばさんがいたのです。彼女は「内痔核脱肛」の手術ですので切った上に「縫って」いますのでかなりの痛みがあるようなのです。つまり・・・・唸るようにー「痛ぁーい、腰もいたぁーい」と叫び続けており、ただ痛み止めを要求はせず、ただひたすら叫び続けていたのです^^; 自分の苦しみが解放された途端に今度はそれが気になり・・・結局寝ることもままならず・・・うとうとして浅い眠りにつくと「いたぁーい」といううなり声で目が覚め・・・この繰り返しで夜は更けていき朝になり・・・ただそのおかげで頭を上げることもなく、寝返りだけで一晩過ごすことができました。唯一の苦痛は「採尿」とそしてほぼ1日の半分を制限された形で寝ていたことによる腰痛だけで済んだことはもしかするとおばさん様々かもしれませんww とりあえず朝がきて看護婦さんが見回りにきて血圧を測り、やっと起きあがることが許され、自分の足でトイレに行くことが出来ました。看護婦さんからは「よく、痛み止めも飲まずに我慢できたわねぇ・・・」とほめられましたが、痛みは麻酔が切れた後もまったくなく、そういや痛みなんてまったくなかったな・・・採尿以外は・・・と思いつつ・・・そして朝8:00、朝食が運ばれてきました。普通の食事です。この病院では手術明けの朝からちゃぁーんと皆と同じ食事を取ります。他の病院ではまずみられない光景ですw (これは後日先生より説明されますが・・・;)それと同時に看護婦さんから「今日からお薬出ます。食後飲んでくださいね」と4種類のお薬が出ました。出たのは抗生剤である「セフゾン」とおしりの薬である「ヘモナーゼ」、そして便通をよくする「マグラックス」そして整腸剤である「ビオフェルミン顆粒」が処方されました。とりあえず普通に回復室で朝食を取り、薬を飲んで暫く待機し、その間になぜか便意を催し・・・看護婦さんに訴えたところ「普通は腸の中になにもないはずだからねぇ・・・浣腸の残りかしら・・・出来れば診察おわるまで待ってくれる?」と言われこらえ(本当はこういう手術の後は絶対にいきんだりこらえたりしてはいけませんw と先生に言われましたwww)診察され・・・先生から「大丈夫ですね。お薬と毎回の便の時間の記入だけはかかさずにしてくださいね」と言われ排便表といわれる紙を渡されました。そして「ありがとうございました」と診察室を後にし・・・回復室で待機して・・・部屋に戻っていいと言われたので戻ろうとすると受付の方から「○○さんひとりで行っちゃだめよw ちゃんと看護婦が付き添って行きますから」と怒られ・・・暫く待ってから看護婦さんと部屋に戻り・・・術後の入院生活がスタートするのでした・・・この後、結構いろいろなことが起こるjことも知らずにww

次回、激動(と言っていいかな?w)の闘病日誌その8 −術後入院偏−へと続くww
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ