2020/10/16

シャイン・マスカット  

 ぶどうはこれまで主役だった巨峰に変わってというか、市場はシャイン・マスカットに移ってきた感じがしますが、いかがでしょうか?
 
  つい先日、教室の生徒から、地元で採れたそのシャイン・マスカットをいただきました。箱を開けてビックリ。 何とこの大きさ!

   クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

 

 そんなぶどうが熟してたくさん出回っている昨今、季節はさらにどんどん深まってきていることを、散歩時のまわりの景色からも気がつかされますね。

   クリックすると元のサイズで表示します

 例年は、それでもゆっくり味わえたこうした様々が、今年は何かまぼろしのようにも感じます・・・・

 ・・・・ます、マス、マス、マスカット・・・シャイン・マスカットは美味しいね。
5

2020/10/13

カボチャ 2  

 9月3日のこのブログで、うちの畑のカボチャを収穫したことを述べましたが、その後、待望の“カボチャ・プリン”ができました。

   クリックすると元のサイズで表示します

 先頃、電子レンジをこれまでのと交換して新しくしたので、女房曰く、これまでのプリンの作り方ではそのレンジの調整が難しいのだとか、それ故今回はちょっと表面が焦げてしまったのだとも。

 しかし、味は想像した通り、ボーノ!ボーノ!です。お皿まで舐めてしまいました。


 僕は自分の人生最後の食べ物は何か?と問われたら、即、”プリン”と答えています。そのくらいプリン類が好きです。


 まだまだ収穫したカボチャがあるので、僕からのカボチャ・プリンのリクエストは続くことでしょう・・・ナンテ・・・・

 ・・・・ナンテ、ナンテ、南テ、南天はお正月の飾りだね。
6

2020/10/11

薪ストーブ 始動!  

 一昨日から、うちは早くも薪ストーブの時期となってしまいました。

 このところ台風の影響でか、寒い日が続き、灯油ストーブをつけていましたが、その何かムッとするようで、身体全体が暖まる感じもなく、これはやっぱり薪ストーブでないとと思い、昨年度(といっても今年4月まで使っていた)の残っていた薪を、庭やベランダで探しだし、スト−ブに火をつけました。

  クリックすると元のサイズで表示します
      <25年ほど使っているノルウェイ製の薪ストーブ>
 
 それで、今何を言いたいのかというと、この身体の芯から暖まるような薪ストーブの効果についてです。

 何だか眠くもなってくるくらい、気持ちがいいのです。遠赤外線効果というのか、全身がホンワカしてきて、何だか幸せ・・・という気分になります。

 ただ、灯油ストーブとは違って、薪をくべる作業を忘れないようにしなくてはなりませんが(テレビに夢中になってて時々忘れる)、屋内に干してある洗濯ものもとてもよく乾きます。換気もそんなに必要ではありません。

 しかしここで大きな問題があります。それは今冬の寒くなるのが早かったせいか、まだ薪ストーブをこうして焚き始めるとは思わず、今期注文してある薪がまだ届いていないのです。大問題ですよね。残ってる薪はあと数本・・・ヤレヤレです。

 来週月曜日には、薪屋さんにせっつかなくてはね。

 こうして薪ストーブを始めると、後戻りできませんね。これが来年の4月頃まで半年間以上も続けなくてはならないというのが、慣れているとはいえ野外に積んである薪を室内に運び入れるなど、寒い日々での作業の連続(昨年そのための台車などを工夫しましたが)で、これから益々歳を重ねていくと思うと、ちょっとしんどいこともありますが、今は・・・・

 ・・・・今は、今はこんなに悲しくて♪・・は中島みゆきの歌ですね。
5

2020/10/7

名残りのピーマン  

 かなり冷え込んできた昨今、朝の霜もあるので、畑で最後のピーマンを収穫しました。(カラーピーマンが主ですが。)

   クリックすると元のサイズで表示します

 畑仕舞いということですね。

 このところは玄関前の木々の枝を切ったりもしました。太陽の光を入れやすくして、雪も溶けやすくするためです。 そんな風に冬支度を急いでいるところです。

 これからはまわりの山々の紅葉が燃えるようになり、私達に対して、冬への覚悟と励みを与えてくれます・・・・

 ・・・・ます、ます、マス、マストよりウィルで生きていきたいものですよね。
4

2020/9/29

ホップ  

 ・・ステップ・ジャンプ!・・・のホップではありません。

 ビールに入っている植物のホップのことです。うちの西壁側の水道管に、そのホップが巻き付いているではありませんか!

  クリックすると元のサイズで表示します

 どうりでこの頃、水と思って飲んだらビールの味!!・・・なんてことはありませんよね。

 もう25年位前になりますが、うちの北側の土手(今はブタ草が生い茂っていますが)に、緑白色というのか、とてもきれいなかわいらしい(といってもかなり大粒)ホップの実が点在していたことを思い出しました。

 かつて誰かがビール会社から頼まれて、栽培していた名残でもあったのかしらんとさえ思ったぐらいです。もちろん天然のものだと思いますが。 当時は油絵にも描きました。

 その後何故かズーと消えてしまったのです。それがまたこうして四半世紀もたってから見つかったとは・・・なつかしい!

 
 植物は枯れてしまったと思っていても、どこかまた別の所にこうして何年も経って、ヒョイと顔を出すことがありますよね。 けなげなものですね。 ブタ草のように憎たらしいのもありますが・・・・

 ・・・・すが、すが・・すが首相はどう進むのでしょうかね?
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ