2020/8/9

風景スケッチの喜び  

  クリックすると元のサイズで表示します

 今月の2回の造形教室は、音楽村の敷地の中で、生徒が好きな場所を見つけて、野外スケッチをするというあり方にしました。

 すでに猛暑に入っていますが、当日は雲が多く、日陰で描ければ、何とかなりました。戸外ですし、ソーシャルディスタンスもバッチリで、久々の風景スケッチに生徒の皆さんも打ち込むことができたようです。(上の写真は車の中から撮影しました)

 僕自身もこうして自然の風景と素直に向かい合い、自分が何に感じたか、そして何を表したいのか、その風景と対話しているような気分でした。

 そして思ったのは、僕は普段は前回のブログでも述べたように、自分の頭の中でアイデアや形、色をこねくり回して、作品として生み出していますが、こうして風景を前にすると、それに基づいて自分の解釈を形づくるという有り様は、似ているようで全く異なる方向性に思えることがあります。
 もちろんどちらが上とか下とかではありません。それぞれ作者が選ぶことですし。

 さらに言うと、僕の場合は、板材とにらめっこをしながら、そこで自分の中に浮かんでくるものを表すことが、おもしろいというか、楽しくもあり、またどこに着地するのかもわからない(時として全く予期しない方向にいってしまうこともあるので)そんなスリルを含め、その自由さが、自分をその創作に向かわしている気がします。

 かたや、今回の風景スケッチのような、対象が厳然とあるものは、何か言ってみれば、赤ちゃんが母親の懐のように頼れるというか、常にそこに戻ってこれる安心感がありますね。

 そんな風に大きく二つに分けて考えてみることもできました。

 この二つとも僕は自分の表現のあり方として、いつも持ってる気がします。両方実践することができて、幸せです。


 ところで、皆さんも風景スケッチをやりませんか?楽しいですよ。
 それこそ机上の空論かもしれませんが、鉛筆と紙だけでも、世界を美しく作り直しましょう・・・・

 ・・・・しょう、しょう、将、将来、将来て今だよね。

追記・・・僕のまだ下描き状態ですが(着彩はこれから)、このブログのトップの写真の風景を現場でスケッチしたものを載せてみました。

   クリックすると元のサイズで表示します
3

2020/8/5

毎日が同じ?!  

 きっと多くの皆さんもそうなのだと思いますが、季節は雨が降ったり、暑くなったりと、変化はしていくものの、今の自分たちの生活はさほど変わらないのです。変わらなすぎなのです。

 僕は言ってみれば毎日のルーティン・ワークというか基礎的習慣をほぼ午前中に行い(体操とか洗濯、掃除、散歩、畑の収穫など)、そしてお昼をはさんで、自分の仕事でもある制作を仕事場で行っています。

 そうした表面的な有り様は、知ってる人から見ると、これまでの僕らの日常と全く変わらないように見えることでしょうね。

 日数に伴って制作の作品数は増えてもきますが、何か気分は晴れませんね。

 しかし、自分としてはこうして一人だけでやれることがあるというのは、ありがたいなとも思っています。(下にいくつか最近の作品写真を載せました)

 制作ものってくると、時間も忘れてしまうのが常ですが、外との交流がなくなってることで、自分の世界に益々没入していきますね。

 ただ、いつものように展覧会を行うというのは、全く見通しがたちませんが・・。

 でも別の視点でいえば、自分が感染してないからこそ、こうしてやっていられるのかなと、不安の中でも思います。


 僕は「私にとってのイコン」というテーマで板絵を制作していますが、この少々おちゃらけたファニーなイコンに、コロナの収束を祈って作ってもいます。
 気持ちは、ただそれだけ・・・・

 ・・・・だけ、だけ、ダケ、ダケカンバと白樺の違いってご存じですか?


追記・・・ここ2、3か月で作った作品の一部です。(丸顔が“イコン”シリーズ、顔の長いのが“のんきなとうさん”シリーズ、白いターバンのような姿のが“弾丸ボーイの休日”シリーズです・・・見てくださる方々が少しは明るい気持ちになってくださるといいのですが・・・) ※作品の大きさはカメラの都合でバラバラです。

  クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
3

2020/8/1

お伝えできない話  

 どういうことかというと、写真にも撮れないし、上手く説明ができないことなのです。

 何それ?!と おっしゃる方、そう今回のテーマは“におい”なのです。

 このところの雨降りの夜、居間にいても突然、多分外から入ってくる“匂い”があるのです。(窓など開いているわけではありません) 何年か前にもこんなことがありましたが、何なのか実はよくわからないのです。

 その匂いというのは、野生動物?が家の外を通ったのかと思う程なのです。思わず、ウップ!となるようなとても嫌な匂いなのです。 例えて言うと動物園で感じるようなあの匂いなのです。
 その後、消臭剤などをまきますが。

 僕らの想像では“熊”じゃないかと思っているのですが、雨の夜、外に出て確かめることもできませんので、本当にはわかりません。もし遭遇してしまったらと考えると・・・。
 しかし翌朝家のまわりを調べても、熊が歩いて草が踏み倒されている感じは見当たりません。匂いもしないのです・・・。

 それで、もしかして熊より小さいキツネとか、タヌキなのかと考えが定まりません。もしかしてシカ?イノシシ?ハクビシン?
 いつか動物園に行って、その匂いの元を確かめてみたいものです。

 しかし、今のところ本当に何の動物なのかがわからないのは、不安です。

 それ故、くわばら、くわばらと唱えて、彼(彼女)が去っていくことを祈るのみです。この湿気の多い状態もまずいのだと思いますね。

 いかがでしょうか?匂いの気分?だけは伝わったでしょうか?

 テレビの“ポツンと一軒家”に出てくるお宅などでは、こういうことはないのかなぁ・・・・

 ・・・・なぁ、なぁ、で過ごすしかないこの自粛期ですね。
5

2020/7/26

大雨の中の草刈り  

 うちの地域では野外での共同作業が年に4回程あります。

 主に住宅の周りの道路沿いの草刈りです。時には道端のU字溝にたまった泥上げ作業などもあります。今回は年に3回あるうちの草刈りで、うちの組(この集落が7組に分けられている)は集落内の一番大きな坂道の周辺を刈ります。

 ほとんどの人がそれぞれの草刈り機で作業を進めますが、僕はかつて背骨の手術をしたことから医者に止められているので、鎌で刈ります。そして皆の分の草刈り機のオイル缶を持って廻る係です。

 特に今朝は梅雨の大雨の中での作業となり、しんどかったですね。早朝6時からちょうど1時間半かかりました。

 ここら辺は別荘も多く、その人達からも協力金を得ているため、かなり離れたところにある別荘までの道も草を刈るのです。

   クリックすると元のサイズで表示します

 こんな大雨の中では、ふと、イタリア・トスカーナではこういう作業て、地元の人でなく、役所の担当の人がやってたよなぁ・・とこぼしたく思ったりしました。もちろんそんなことは言いませんが、ここは日本だと。

 またここら辺では強制労働?とつい思ってしまうのも、もしその日都合で参加できない家は、不参金として、2千円も取られるのです。

 しかしこの時期、誰かがこうして道の周りの草刈りをしなくては、ボウボウとなり、結果スゴイことになってしまうので、皆お互い様というか、当然のように黙々と作業しています。

 「フー、疲れたー」と年々思うのは僕だけで、もしかしたら他の人は農業の人が多いので、慣れてて、自分の家の畑の草刈りをする気分と同じだったりして・・・。

  クリックすると元のサイズで表示します
      <きれいになった道端>

 今日は雨でも決行と言われていたので、覚悟をしていたつもりですが、今朝からの雨があまりにヒドクて、そんな雨に腹が立ち、ついブログに、こぼしてしまいました・・・・

 ・・・・した、した、舌、舌足らずにダラダラ梅雨のように述べてしまい、ゴメン!
7

2020/7/22

トンダ  

 丸いズッキーニのことを トンダ といいますが、我が家の畑で今夏も収穫ができる頃となりました。

 うちは寒冷地ですが、このズッキーニ類は毎年よく育ちます。

  クリックすると元のサイズで表示します

 しかし、他の野菜(いずれうちではわずかしか作っていませんが)の発育がいつもよりかなり遅いですね。

 長雨により、日照時間が少ないためだと言われていますが・・。うちのミニトマトもなかなか赤くなりません。

  クリックすると元のサイズで表示します

 これでは仕事として農業をやってる人達の、大変さが想像できますよね。

 コロナ、天候不順、そしてそんな天災以上にコロナ対策の様々な人災とも呼べるような状況。全くトンダことですよね・・・・

 ・・・・よね、よね、四年、♪四年たってもオリンピックは来ない・・てか。
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ