2021/9/30

とったどー!  

 今朝、スズメバチの巣の駆除に業者の人が来てくれました。驚いたのはその二人のうち一人は女性でした。

 宇宙服のような白い作業着に着替えて、まずは巣のまわりから蜂の吸引を始めました。その作業にかなりの時間が費やされているようでした。

 最初に作業の様子を撮影させてほしいと言ったところ、蜂が凶暴になり、危険なので、家から外には出ない方がいいと言われ、それは諦めました。

 さて、1時間弱がたって、取った巣を持った業者さんが出てきました。
 そしてまだ外に出ている蜂が戻ってきても対応できるように、殺虫剤を巣の場所に塗るとかもしたそうです。

  クリックすると元のサイズで表示します

 取った巣を見せてもらいましたが、すでに新たに生まれた100匹ほどの女王蜂も中に含まれているのだそうです。(巣の表の下の方に付いてる黒みの強いのがその女王蜂ですが、わかりますか?)

  クリックすると元のサイズで表示します

 ちなみに冬をどうやって彼らは越すのか?と尋ねたところ、女王蜂以外は死んでしまい、女王蜂は土の中とか、枯れ葉の下で越冬し、また来春になって巣を作り始め、子供が増えたら、梅雨頃から新たにうちのような巣をつくっていくのだそうです。働き蜂は3ヶ月ほどの命だそうで・・。

 駆除の人達はその後すぐ別の現場に向かって行きました。

 しかしとにかくホッとしましたね・・・・

 ・・・・たね、たね、種、種あり巨峰の方が、種なしのよりオイシイとか・・テレビによると。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ