2020/10/26

あの“インドリンゴ”は どこに?           

 今まさにリンゴの季節となっていますが、友人から“紅玉”をいただきました。

   クリックすると元のサイズで表示します

 紅玉は昔からある甘酸っぱい、まさにリンゴらしいリンゴと僕らは思っていますが、現代ではあまりポピュラーではなくなっていますよね。“富士”の人気は不動ですが・・。

 我が家では毎年紅玉を産地で求め、ジャムも作ったりします。


 そして、そこからフと思い出したリンゴがあります。 

 懐かしの“インド”リンゴのことです。今ではほとんど見ることがなくなりましたが、子供の頃に実家の裏庭に実っていて、味わったことがあります。
何故インドなんていう名前がついているんだろう? インドでもリンゴができるのかなぁと子供心にも思いました。
 
 インドリンゴはゴツゴツ(デコボコというのか)していて、かたいリンゴですが、香りや味が独特で、忘れられないリンゴですね。(写真は残念ながら なし)

 こんなに年月がたっても、どこかにはあるのでしょうが、どこにあるのでしょう・・?

 皆さんは、このインドリンゴを憶えてらっしゃいますか・・・・

 ・・・・すか、すか、スカ、スカがないのが、今時の果物ですね。
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ