2019/7/31

学校出てからほぼ50年・・・  

 昨年暮れに小諸市のスーパーで偶然出会った、大学時代の同級生(埼玉県在住)が制作に来る小諸市内の彼のアトリエを訪ねました。

 僕は50年近くもたって再会し、この離れてしまった歳月をどうやって越えたらいいのか、はじめは正直とても不安でした。(大学時代の他の同級生とも交流はほとんどありませんでしたし)

 居間で、お互い今も続けている美術制作のことについての話が中心となりましたが、他の同級生の動向や、彼がどんな仕事をしてきたかとか、今どんな作品を作っているのかなどと僕には関心や興味が次々出てきました。またどうしてこの信州の古い民家を借りているのかとか・・・。
 
 彼はにこやかに泰然としているのに、僕は久々に会った何か照れかくし?もあってか、やたらとしゃべりまくり、千々に話が飛びまくってしまいました・・・(今思うとそれが恥ずかしい、ハハハ。でもきっとしゃべりたかったんだね)。彼は笑って聞いてくれてて、大人だなぁと感心。(昔もそうだったね)

 そして彼の仕事場や展示場などの部屋で、作品を見せてもらい、僕は ウワー!いい制作をしているなぁと感心というか嬉しく思いました。全くお互いのそれぞれの表現が異なっていても。

 彼もまた高校の美術の教員をやりながら、絵を描いたり、彫刻を作ったり、焼き物をしたりと様々追求してきたようです。

 この頃の木や金属などを用いての立体造形がとても僕には面白かったですね。

   クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

 主張がハッキリしていて、ユーモアもあり、あぁ彼らしいなと思えました。

 そして、そうなるまでの彼なりの紆余曲折もたくさんあったんだろうなと自分のことの様に思いました。
 (余談ですが、作品を見て、誰のものでもその作者のことを勝手に想像するって、僕には実に楽しいことです・・・自分とは違えば違うほど)
 
 彼の作品の今でもその“攻めてる姿勢”には共感もでき、素直にまたまた感心しました。(僕自身は自分の造形が“癒しや遊び”の方向なので・・)

 またその学生時代に、僕らは制作やサークルにと、もう一人の男も含め3人で毎日のようによくつるんでもいたのですが、現在山口県に退職後住んでるそのもう一人の友達に、交流を続けていた彼が突然電話をし、話すこともできました。50年ぶりです。まさかそんな展開にもなるとは思ってませんでした。

 それで、現在のその山口県の彼の体調が、その奥さんも含め、かなり悪いことを僕ははじめて知り、その懐かしい声を聞きながらも、机の上に置かれたスマホに向かって、次第に何も言えなくなってしまいました・・・。手紙を書くねと伝えました。

 学生時代、そして社会人の時代、さらにその後の定年以後の時代(僕には定年はなかったけど)とほぼ50年間に渡る三者三様の人生を想いました。

 何となく離れてしまった今日の旧友とは、なごやかに旧交を温めることができました(僕の持って行ったいくつかの作品も見てもらえましたし)。

 
 そして帰宅した後は何と自分の頭の中が、昨晩の天気の様な大嵐みたいにガンガン鳴り響き、グルグルと回るのです。こんな体験も初めてのことです。
 
 うまく言えませんが、これが50年という時間の互いの積み重ねなのかと・・・・大げさに言うと彼の50年間が自分の50年間でもあるかのように感じ、頭の中で次々何かさまざま増幅されてくる感じなのです。不思議な気分です・・・。


 しかし、つくづくお互いがまだ生きているうちにこうして再会できてよかった!!と思うばかりです。そして互いの元気を祈るばかりです・・・・

 ・・・・です、です、デス、Death は誰にも必ず来てしまうものですしね・・・。

 
追記・・彼の写真は許可をもらっています。
10



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ