2021/10/13

りんごのタルトタタン  

 ネットを見て、女房が先日求めた紅玉りんごで“タルトタタン風パンケーキ”というのを作ってみました。

   クリックすると元のサイズで表示します
    <かなり食べてしまったので、何か見た目の雰囲気が焼き餃子みたいですよね・・>

 
 大きめのリンゴ3個と焦げたカラメルとの相性が良く、土台のホットケーキミックスとの組み合わせもグーで、今日の午後のお茶のお菓子にピッタリでした。雨の日の気分転換にもなりました。

 それにしても今や少数派となってしまった“紅玉”りんごは、その酸味が実に味わい深いですね。

   クリックすると元のサイズで表示します

 リンゴはこれからもいろんな銘柄がめじろ押しで、シーズン最後は一番人気の“富士”ですが、こちら地元では順々に味わっていかれる喜びを改めて感じています。

 そうは言っても先年の台風で、長野市あたりでは甚大なリンゴの被害が出てしまい、(2年前の今日、台風19号による千曲川の氾濫の被害地域は未だに復興がしきれていませんが)こうして紅い実(時によっては黄色や緑もある)を手にとれることの幸せも・・・・

 ・・・・せも、せも、背も、背も毎年変化していきますね。今は伸びるのではなくて、縮むことに・・・。  
7

2021/10/5

またかー!!  

 つい先日、うちに作ったスズメバチの巣を取ってもらったのですが、その後も何故か仕事場の室内の天窓周辺にスズメバチが3匹、4匹と出てくるのです。

 オカシイ!?と思いながらも、殺虫剤で退治するのですが、翌日もまた翌日もと同じように出てくるので、これは近くにまだ巣がある!と思い、家の周辺をさぐりました。

 すると庭側から蜂の動向を観察していた女房が、屋根の角にスズメバチが出入りしてると叫ぶのです。

 よく見ると、いる!いる!ハチが。
 
 先日やっと大きな巣を駆除したというのに、まさかもう一つあったとは。
 昨日また同じ業者に電話をしたところ、下見にきてくれ、屋根の隙間から入って家の壁と壁の間に巣を作っているんだと説明してくれました。そして今年はスズメバチにとっても天候の具合から特別な年になっているのだとも。

 今日の午前にまた駆除をしに来てもらいました。

 今回は巣が建物の中なので、取り出すことができないので(もし壁などを壊して行うとなると、別の業者の力も必要で、とても費用もかかるので)殺虫剤で退治して、中のも追い出す戦法なのだそうです。  

  クリックすると元のサイズで表示します

 作業中、殺虫剤により退治されたのが、屋根の上にコロコロと転がり出てくるのでした。

  クリックすると元のサイズで表示します
     <黒く点々と見えるのがそれです>

 そして部屋の中には取り残されたハチがどこの隙間からでてくるのかがわからないため、約一週間はその仕事場を閉じたままにし、もし生き残っていたハチもその期間でオダブツになるということでした・・・・

 ・・・・した、した、したがって、またハチの話で失礼しました。
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ