2021/5/11

こんな本もどうですか?  

 先日、テレビでイタリアのルネサンス時代の作家3人(レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ)のことを語り合ってる番組を見ました。

 その中で、ヤマザキマリというイタリアに長いこと住んでいた漫画家(「テルマエ・ロマエ」など)がラファエロを高く評価していて、その理由というか観点に、なるほどと思え、そのヤマザキさんに興味を持ち、今出ている彼女の本「たちどまって考える」 中公新書ラクレ、を求めました。

   クリックすると元のサイズで表示します

 読んでみると、このコロナ禍の状況で、僕にはとても響いてくる内容が多かったです。

 特に彼女は若い頃から世界中を飛び回り、イタリアの大学で学び、暮らしてきた(ご主人はイタリア人)ので日本人とイタリア人の比較がとても秀逸なのです。

 ぼくもこれまでもイタリア人の有り様に関心があり、現在もイタリア(トスカーナ州)の友人からしょっちゅうラインで向こうの様子が伝えられてきます。やはりこのコロナでかなり苦しんでいますね。

 さて、今回の本論ですが、そのヤマザキマリさんの言いたいことで、コロナに負けないようなことがいろいろよく言われるような観念的なことでなく、イタリア人のメンタルなども含めて、実践的に述べられていて、共感できたのです。
 特にこの時期における“文化”“芸術”の意味とかが。さらにかつて西洋から導入された“民主主義”がどうして日本にはなかなか根づかないのか・・といったことなどなど。

 ここでそんなことを述べたかったのですが、それはぜひ本を手にとってご覧くださいな。

 本の帯を見たら、たまたまアマゾンのランキングで1位になったこともあるとか。別に僕はアマゾンやヤマザキさんの手先ではありませんよ。

 まだまだ長く続きそうなこのコロナの時期、その中でもやれることは何でもやろうと思っていたので、この本もその一つになり、大変勇気づけられましたよ・・・・

 ・・・・たよ、たよ、便りのないのは無事な証拠・・と思いたいのですがね。
3

2021/5/9

シルバー さん  

 今年は春の訪れが早かったのですが、うちは 畑作業を今回どうしようかと悩んでいました。

 猫の額ほどの畑ですが、耕運機で土を耕して、畝をつくり、種を蒔いたり、苗を植えれば、それでも時が来れば生活の足しとなりますので・・・。

 しかし、このところ女房はメニエール病でめまいが激しく、また僕は天候の加減もあってか、古傷の背中の手術痕が体幹を揺らし、ヨタヨタ状態ともなっていて、どうするか迷っていました。

 そしてふと、そうだ前に草刈りでお願いしたことのある例の“シルバー人材センター”に頼めば、やってもらえるかもしれないと考えたのです。

 それで、この地域のシルバーの本部に問い合わせをしてみました。しかしこれまでは畑の耕しというのはしたことがないと言われてしまったのです。

 けれど、たまたまその話が伝わった隣の家のご主人(シルバーに所属している僕より年上の人)がシルバーとしてやってあげるよと、今日やってくれたのです。

   
  クリックすると元のサイズで表示します

 一番大変な畑耕しをとても丁寧にやってもらえて、ありがたいこと、この上なしでした。シルバーは助かるなぁと改めて思いました。

 これであとは自分達で畝を作って、肥料を入れ、作物のいくつかを細々とでも育てられるとホッとした次第です・・・・

 ・・・・です、デス、デスマッチのようなコロナとの戦いはいつになったら終了するのでしょうね? 
3

2021/5/6

始めたヨ!  

 何を? ・・・そう、野外スケッチです。

 家の近くで、太陽の光の方向を確認して(午前と午後では影も変わってくるので、描く場所を変えて)、まず我が家を描き始めてみました。

 前回のブログで、こうしてスケッチすることの様々をここで事前に語っておくと、有言実行的にやらざるを得なくもなり、自分にも発破をかけられると思いました。
 通常は室内で全く異なる表現をしているので、気持ちの切り替えが要ります。

 でもこうして久しぶりに描き初めてみると、やはり楽しいというか夢中になりますね。特にこのコロナ禍で、これは自分にとってとても大きな癒やしだなぁとも感じました。

   クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

 そして僕は、風景を空間というか、奥行きとしてとらえて表わせられればいいなと願っているので、それは写真などでなく現地の空気の中で感じとることだなぁと改めて思いました・・・・

 ・・・・した、した、舌、舌足らずな言い方になってしまっても、伝えたいことは言わなくちゃね。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ