2021/1/24

懐かしのトスカーナ  

 雪の日のこの頃、僕らがもう25年位前に一年間住んだことのあるイタリア、トスカーナ州シエナ郊外のある町のことを、ふと思い出しました。

 というのはつい先日、その町に住む友人のKAORIさんから、彼女の仕事に使うために、僕らのその時の体験談などを述べた原稿を依頼されたからです。

 僕らは1997年春から一年間、そのトスカーナに滞在したのですが、とても忘れられない経験となりました。詳しくはここで述べきれませんが、まさに現在テレビで放映されている“小さな村の物語 イタリア”といった感じでした。

 その滞在後、帰国してから、あの美しいトスカーナの丘の景色やイタリア人の親密な家族の様子や食事、そして先人の知恵などのあり方をぜひ一人でも多くの日本人にも体験してほしいと思い、その現地の友人KAORIさんに協力していただき、我々の友達や知人に声をかけて、友情で(商売でなく)10人10日間といった「トスカーナ・ツアー」を毎年のように案内してきました。

 それを18年間行ってきましたが、2015年で終了しました。のべ200名程が参加してくれました。
 それらは自分たちの40代後半から60代前半までの一番充実した年齢の頃のことでした。

 現在もイタリアに住んでる友人から、僕らの滞在してた頃が、イタリアは一番景気が良くていい時代だったと言われたことがあります。

 そして帰国してから下の冊子を出版しました(1998年)。滞在中日本での地元の新聞社(東信ジャーナル)から頼まれ、トスカーナの現地から郵便で、さし絵も付けて送って新聞に連載されたものを後でまとめたのです。

  
クリックすると元のサイズで表示します

 今はコロナ禍のとんでもない状況で、行き来もできないイタリアですが、それ故に一層懐かしさがつのります・・・・

 ・・・・ます、ます、ますます世界中のコロナがどうなっていくのかわからない様相ですよね。こんな状況でもオリンピックをやるつもりなのかねえ・・?!

5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ