nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2011/8/6

インプロヴィゼーション―即興演奏の彼方へ/デレク ベイリー  MusicDiary

インプロヴィゼーション―即興演奏の彼方へ/デレク ベイリー (著), Derek Bailey (原著), 竹田 賢一 (翻訳), 斉藤 栄一 (翻訳), 木幡 和枝 (翻訳)

並列処理のため相変わらず、読書も時間がかかる。
そして読み終わった時は達成感と引き換えに内容はあまり覚えていない。

でもこの本は最初から最後まで連続して読んでも楽しいが、
ページをぱっとめくって目につく場所だけ読んでも、色々な示唆的な言葉が含まれている。
試しに3箇所ほど引用してみよう(本当に適当にめくったページから引用しています)。

---
本人たちの間で既知のことがらとして確立された要素は、他のものと比べても劣らないほど、新しいものの進化をうながすのに役立つ背景を提供してくれるのじゃないだろうか。(エヴァン・パーカー)

即興演奏が事前の予測や心がまえも一切ない、まったく即席のできごとだという誤解である(デレク・ベイリー)

展開しているものを聞いて自分なりの加わり方をさぐることもできる。もちろん、その展開を壊そうとする方向でやることもできる。貢献と破壊、この二つの目標が考えられるね。(アンソニー・ペイ)

---

難解な言葉も多いが、聞いた事のない音楽をまだまだ探しつづけたいという欲求も圧倒的に得られる。
そしてますます即興演奏を続けて行こうと思っている。

---
かなり前にこの本を買っていたのに、読んでいない本も沢山あるため本棚に眠っていたのですが、エレクトリックバイオリン奏者の勝井祐二さんがツイッターで「即興演奏をする/しようとしていている人は全員、デレク・ベイリー先生著「インプロビゼーション」を読むべきでしょう。本当に。」と書かれていて、やっと読み始め(6/12頃)、そして、やっと読み終えた(8/5)。

----------
即興演奏についての僕の思うところを。

練習すればするほど即興演奏は難しくなる。しかし、練習しないとそもそも楽器を演奏する事ができなくなる。そのバランスに気を遣います。

でも、僕にとっては、楽器の練習をする事以外に、即興演奏に結びついている事は沢山ある。
仕事、家庭生活、展示を見たり、本を読んだり、ネットで情報を見つけたり、ネットでたわいもないぼけとつっこみを入れたり入れられたり、勉強をしたり(プログラムであったり、統計であったり、これからは福祉の事が加わるはず)、政治の事を考えたり、社会の事を考えたり、エネルギーの事を考えたり、猫で癒されたり、ビール飲んだり、妻と喧嘩したり仲直りしたり、老若男女関係なく意見かわしたり。。。。。
ありとあらゆることが、僕の即興演奏を形成しているのだと思う。

人は毎日、即興しながら生活している。

既成概念にとらわれたり、脱却したりしながらこれからも、表現は続けていきたいのだ。



クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/6/26

ハコザキボイス◆第14回「言霊となった電子音楽」  MusicDiary

こういうトークはなかなか聴けないよな〜と思い出向く。
知った顔ちらほら。

受付をすますと、500ページもの本が詰まれている。
ディスカウントしてあったが所持金なく残念。

「言霊」がキーワード
ただ、言葉と電子音楽についての言及は多くあったが、
言霊への言及は殆どなかった。

小杉さん(水戸芸術館)の演奏がきっかけで電子音楽に関心を持ったとの事で
最後も小杉さんのような年輩の方が、精力的な活動を続けておられる事に
尊敬を抱かれていたようだ。

俄然、現代音楽を聴いてみたくなった。
俄然、現代音楽をもっと知りたくなってきた。
僕の即興演奏に影響があるのかどうか知りたくなってきた。


◎紹介された作曲家
武満徹、松下真一、外山道子、一柳慧、湯浅譲二、鈴木治行、藤枝守、宇都宮泰、檜垣智也、松井茂、フォルマント兄弟

◎以下、Evenoteにリアルタイムメモを書いたのでそれを羅列する。後で読み返したら何のこっちゃ判らないのかもしれないけど。

人間を埋葬するところから芸術

岡本太郎の音楽感を岡本太郎の誕生日に書いたらRetweetがたくさんあったとのこと
内容はこちら

電子音楽家
蓄音機は事務用品だった

ミュージックコンクレート→音が録音される事によってオブジェ化される→録音すればあらゆる音を作れる
電子音楽はサイン波の組み合わせ→全ての音はフーリエ変換により色々な周波数のサイン波の組み合わせで表す事が出来る
*アプローチは似ている

電子音楽と声の相性は悪い

詩の朗読と電子音楽
ライブエレクトロニクス
偶然性、不確定性
何が起こるかわからないシステム
人間の演奏行為からの自由化

声の解体
図形楽譜による声を変調

間投詞、接続詞(事実の説明には不要なところ)がコミュニケーションの重要な要素
言葉から意味のあるところを省いた声(つまり、間投詞や接続詞のみとなる)による音

1969〜1987
電子音楽が食い散らかされる
シンセサイザーの普及

全ての周波数帯域が入ってるホワイトノイズから何かを創り出す
コンピュータを人間性からの脱客に使う

MAX、Macintosh、MIDIの関係性による音楽の展開
良くも悪くも

現在でもアナログテープの編集で出来る事を追求

のりのりのフェーダー操作でライブ感
檜垣さん9月に円形ホールでライブ?

音による映像のようなものを目指す

松井茂
5日サイクルでメールによって詩を配信
新聞投稿、パネル、写真
カチッカチッ

音声詩、音響詩

電子的に人間の声を合成しフレディマーキュリーの声を生成

電子音楽の、夢を打ち破る
声が必要ではないか?

録楽

-----
ハコザキボイス◆第14回「言霊となった電子音楽」
2011/6/26
川崎弘二 (電子音楽研究家)
藤枝守 (作曲家、九州大学大学院教授)
主催/企画制作: 九州大学大学院・藤枝研究室
共催: 箱崎水族舘喫茶室

0

2010/12/30

阿部薫1949~1978  MusicDiary

阿部薫1949~1978 / 文遊社

阿部薫と関わりのある著名人のテキストから構成された本。
難解な文章もあってか、
随分時間がかかってしまった。

阿部薫。
「ぼくは誰よりも速くなりたい」

この本から何を得るのか?
演奏に対する心。
精神性と思考と言動と。

音の速度。
音の存在。

色々な見方がある。
肯定するもの、否定するもの。

もちろん全てを理解する事は出来ない。
そしてとても残念な事に、僕は彼の生音を聴いた事もないし、この先も聴けない事。
ただ、彼のような音を出してみたいと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/7/31

即興セッション企画 <<出ai系>>女の即狂時代  MusicDiary

本日はなんとフレックス退社して、自宅で御飯を食べてからイベントに出掛けるという素晴らしい一日。
今週は、納期前の怒濤の一週間でした。
24302930休2600300028002145 という感じ。

さてさて、題と中味は残念ながら全く一致しておりませんでしたが、なかなかこういう形式でのセッションは機会がないので、楽しく夜を過ごす事が出来ました。

即興で演奏する事について、少し話す。
・新しい音や表現との出会いをいつも求めているから。
・失敗がないから、正解がないから。その日の状態がそのまま出るから。
・曲の練習をする必要がない(もちろん、楽器を鳴らすという意味での練習は継続が必要)。

ストレスをため込んでいた僕はビール、ビール!
そして眠気を覚ますために、会場のあちこちを右往左往する。
バスクラを吹き、ビール瓶を吹き、物を転がし、落とし、声を張り上げる。

都合が合えばまた参加したい。
そして、新しい刺激が欲しい方にはお勧め!!

-----
即興セッション企画 <<出ai系>>女の即狂時代

期日…2010年7月30日(金)
場所…アートスペーステトラ
0

2010/7/3

サウンド・リノベーション〜廃材楽器デモンストレーション  MusicDiary

リノベーションミュージアム冷泉荘というところに行く。
廃材を使った楽器のデモンストレーション。

完成された楽器も良いけれど、音の発音原理を追求するような楽器も好きだなあ。
ライブで使いたいぐらいだ。

風、揺らす、打つ、叩く、弾く、擦る、吹く、回す、傾ける
いろんな発音方法があり、いろんな演奏方法がある。

デモンストレーションが終わった後は、体験時間。

ぷふ〜
たたんととん
ぼんぼんびんびん
がらがら、ととっとととと

楽しいよね!音を出す事って。

このシリーズまだ続くみたいですよ〜
------
2010/7/3(土)
サウンド・リノベーション -みいだされた音、あるいは場の記憶
廃材楽器デモンストレーション
リノベーションミュージアム冷泉荘
藤枝守研究室生、他
1

2010/6/5

captureという単語に関するメモ  MusicDiary

"When you hear music, after it's over, it's gone in the air. You can never capture it again. "

「音楽を聴き、終った後、それは空中に消えてしまい、二度と捕まえることはできない」

アルバム『ラスト・デイト』に収められた、ドルフィーの言葉
0

2010/2/11

音響設計学入門/九州芸術工科大学音響設計学科  MusicDiary

音響設計学入門―音・音楽・テクノロジー

九州芸術工科大学「音響設計学科」(現在の、九州大学芸術工学部音響設計学科)の教育資料として刊行されたものだそうです。

音の入門書的な位置づけで、多少の理系的知識と、多少の音楽的知識と、多少の人間の聴覚的知識などを刺激してくれる。
音楽を鑑賞したり演奏したりする事が好きな僕にとって、音、音響への興味は尽きない。
また、音楽以外でも、人間の生活には、音が必要不可欠な情報源である一方、時には氾濫したり、ノイズ源となったりするのも事実である。

これを一冊読んだからと言って、興味を全て満たしてくれはしないけれど、何かあった時に、教科書的な存在になるような本とも言える。
ただ、音は実際に感じ、また学問的にはそれを様々な測定機器で分析していくというプロセスがないと、知識としては本物にならないし、興味も持続しないような気がする。

そういう意味で、学校や現場で、音、音響を感じたり実験したり分析したりする事も合わせて経験したい!

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/2/11

ベルテック〜バスクラ調整  MusicDiary

2/11

ベルテックへ。

バスクラリネットのキーが曲がったので調整を兼ねて預けていたのだ。

留守電「楽器屋です。出来てます。」

楽器は低音から高音まで良くなり、僕の妖しさ暗さにも磨きがかかりますよ!

案の定、お店で話し込む。

僕のCDのこと、ライブ(昨年10/31に来て下さっていた)の事など色々感想を頂いた。ありがとうございました。
それと、ライブとは?コンサートとは?コントラバスクラリネットを吹きたい、みたいな話を。
またゆっくり来ます。
ちなみに店主ブログには生チョコレシピなども書かれています。バレンタイン用にどうぞ!(笑)
0

2009/12/19

2009年末から来年(2010)後半に向けて  MusicDiary

ボーナスはもう何回も出ていないけど、そんな事は余り気にせず(嘘)、給料日が出たら、小遣いもらえるので、ライブ、アート、飲み会などの計画を立てる(最近恒例です)。

演奏する!、観に行く、行きたいライブ/イベントの紹介。
http://www.bloc.jp/mew_ug/
↑情報随時更新中

◎ライブで演奏します!
12/26(土) capture acoustic electronic dance@art space tetra(自主企画)
2010/1/16(土) TIMEMARKET150@桜坂Staff(captureで出演)

◎行きます!
12/20(日) マヘル・シャラル・ハシュ・バズ @art space tetra
 マヘル、2回目。危なかしい演奏が意味する事とは!
12/29(火) 納めの儀@箱崎水族館喫茶室
 バスクラリネット持参で伺おうかな〜
11/28(土)→2010/1/11(月) 未来建築 日本からオーストリアへ@三菱地所アルティアム
 期間中のどこかでは観に行きたいと思います。

○行きたいけど、仕事、体力、財力、その他諸条件の都合しだい。
2010/1/17(日) Newday@art space tetra

●行きたいけど、諸事情で断念。
12/19(土) 水族館時代 vol.1@箱崎水族館喫茶室
12/22(火) TVEGYPT vol.2 -尾中俊介特集@art space tetra
2010/1/10(日) WWM2010(Tim Kinsella (Joan of Arc) + Owen Japan Tour 2010)@博多住吉神社能楽堂
2010/1/19(火) CCA北九州 サウンド・ワークショップ LIVE@北九州芸術劇場小劇場
0

2009/12/16

David LIebman、明和電機オタマトーン  MusicDiary

この人のライブを観たい!



エキサイトした後は明和電機オタマトーンでリラックス!

0

2009/11/21

今週から12月後半に掛けて  MusicDiary

あと十日で12月。師走です。

僕の勤めている会社は給料日が20日なので、給料をもらうと、小遣い、カレンダーとにらめっこしてライブに行く計画など立てます。

とゆーわけで、演奏する!、観に行く、行きたいライブ/イベントの紹介。

同じイベント、ライブにいく方、会場でお会いしましょう。
また、僕が行かなくても、下記のイベントはお勧めですよ〜(ただし僕の主観、興味によりますので悪しからず)。

◎ライブで演奏します!
12/12(土)、12/26(土)、2010/1/16(土)
http://www.bloc.jp/nakamurayuji/

◎行きます!
11/28(土)13:00 第36回シネクラブ・クラシック「死刑台のエレベーター」@九州日仏学館5F多目的ホール
 マイルスの演奏が流れるサスペンス映画。1958年。映画観るのって、むっちゃ久しぶり。

12/5(土) 原田 千寿 写真展 「手をつなぎたい」@行橋Gallery YANYA
 先日のレコ発イベントで写真撮影をしてくれた原田さんの初写真個展
 福岡からは車で行きます。今のところ2名。同乗者募集中。

12/8(火)→12/20(日) 工藤冬里展 『 鬱陶 ― マイナス茶碗 ― 』@art space tetra
 期間中のどこかでは観に行きたいと思います。

○行きたいけど、仕事などの都合しだい。
12/8(火) 工藤冬里+礼子@箱崎水族館喫茶室
12/11(金) 川下直広トリオ@New COMBO
12/11(金) 渋谷慶一郎@ROOMS
12/18(金) 工藤冬里 ソロ@art space tetra
12/20(日) マヘル・シャラル・ハシュ・バズ @art space tetra

●行きたいけど、諸事情で断念。
11/21(土) 乱歩ナイト第弐夜@中洲Bar Eternity
11/22(日) サキソフォビア@ニューコンボ
11/23(月) ドグラマグラ@上海ノォト
11/27(金) 諸岡光男/コシデケンジ/電子卓上音楽団@gigi
11/27(金) Clarinet Jazz night(吉田サヤカ)@Leichhardt Cafe
12/6(日) ふちがみとふなと@PublicSpace四次元
0

2009/11/8

音楽作品、芸術作品  MusicDiary

音楽や芸術作品が良いか悪いかなんて、主観的な問題だ。
だから、あなたが、その作品を良いと思ったり好きだと思ったりする事を、誰も妨げる事が出来ない。

ただ、商業的成功は、その作品がどれだけ受け入れられたか(売れたか)、という客観的事実にもとづいて判断される事が多いのも事実である。
0

2009/11/3

11月の予定  MusicDiary

11月になりました。
今年も、あと2ヶ月。1年がどんどん早くなって行きます。

11月は今年初めて、ライブのない月になりそうです。
次回は、12/26(土)の自主イベント@art space tetraを予定。

ですのでちょっと充電します。
下旬には、ビジネスで、今までうまく逃げてきた海外出張に初めて行くことが決定済みです。
ビジネスの秋、芸術の秋、音楽の秋、読書の秋、準備の秋。

というわけで、お勧めのライブ、展覧会など〜〜
http://www.bloc.jp/mew_ug/

<行くこと間違いなし>
11/7(土) 谷本仰×マカレナ・オリヴェラ@赤坂El Taller
 音楽×絵画の即興ライブ

<多分行く>
11/15(日) Ωフュージョン/ドグラマグラ/monstermovie@警固Space Terra
 グルーブする即興
11/24(火)〜12/5(土) 原田 千寿 写真展 「手をつなぎたい」@行橋Gallery YANYA
 先日のレコ発イベントで写真撮影をしてくれた原田さんの初写真個展

<行きたいけど時間的、金銭的に厳しい(ごめんなさい)>
11/14(土) "x93"-2009 LAST SPECIAL-@親冨孝Decadant deluxe
 クラブイベントに「寂しい女」出演
11/22(日) サキソフォビア@渡辺通NEW COMBO
 サックス四重奏from東京
0

2009/10/12

二日連続大濠公園  MusicDiary

連休最終日。
二日連続で大濠公園。
昨日はソプラノサックス、今日はバスクラリネットを吹く。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

※ちなみに、セブンイレブンでも、Edyが使える用になって便利だ!
0

2009/10/11

わたしが子どもだったころ〜近藤等則  MusicDiary

録画したテレビ番組が溜まっています。

2009/2/15の深夜に放送された「わたしが子どもだったころ〜トランペッター・近藤等則」を今日やっと観ました(実はもっと前の番組も結構溜まっております)。

魂の叫びのようなトランペット。
大地とは、地球とは、自然とは、生きるという事とは。
そんな問いかけに、僕らはまだまだ答えを出す事が出来ないでいる。
いや、永遠に答えなど出せないだろう。

厳しい家庭。ファンキーな土地柄。生と死が隣り合う時代。
自ら苦難を選択する。

実行する自信はないが、見習う事は多い。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ