nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2010/1/2

なぜ日本の製造業はサムスンに勝てないのか  Electoronics/IT/Business

新年早々硬派ですが、考えさせられた記事なので、とりあえずメモ。但し、考えはあまりまとまってませんので悪しからず御了承下さいませ。

「なぜ日本の製造業はサムスンに勝てないのか」


-----
日本の電機業界としては、何に注力すべきなんだろう。
多分、BRICs(Brazil/Russia/India/China)には、機能は多いが、品質は余りよくなく、でも安いもの。
それに対して、先進国には、高機能、高品質で、少しは安いもの。
発展途上国には、低機能で良いから、とにかく安いもの。

今もっとも経済成長が著しいのは、BRICsだろうからここに注力すべきなんだろうけど、日本の製造メーカは、先進国仕様が得意なので、遅れをとっているのかもしれない。

一方、日本国内に目を向けてみると、いま最も求められているのは、便利さより、安心が必要なんだと思う。
健康面での安心、金銭面の安心、災害への安心、犯罪への安心、環境への安心。
それは、テレビやブルーレイでは実現しないはずなのに、依然として日本の電機業界の牽引役となっているところに矛盾が生じている。

そうすると記事にあるような
「戦略的地図と投資余力、そして経営者の決断」や
「産業の地図を再編成し、企業群の合従連衡をきわめて大胆に行う」
事も必要なのだろうけど、電機業界が「人々の生活の何に貢献/注力すべきか」について真剣に考える時期がきているような気がしてならないのです。

------
というわけで、えらそうな事、書いたけど、結論先送り、すみません。
それに僕はなんにも権限ないし下請け企業所属なので残念ながらblogに書いたところでそれだけで終わっちゃいますね。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ