nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2009/9/22

en@共同アトリエ3号倉庫  LiveReport

心が潤い幸せな気分で帰り倒れ込むように眠った。
ヨハマンゾクジャ♪
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

3号倉庫という好きな箱で研ぎ澄まされた音が鳴り音楽が奏でられる。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

外は倉庫街、夜は人気がないので扉は開かれたままだ。
あちらこちらに輪が出来、会話と笑顔。一方で演奏者の前に座りものの動き、手、足、口の動きを凝視する観客。

-----
クリックすると元のサイズで表示します

労働の対価としての振動音、発振音。その場で構築される間接的な発音システム。
クリックすると元のサイズで表示します

頭上から観る聴く。低音と高音のブレンドが美しく、三角形と六角形を連想するリズムにのる。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

音は画像で歪められ、映像はその場で変調する。音の色彩と映像の色彩が妖しく混ざる。
クリックすると元のサイズで表示します

針と光と音と電気と磁石の繊細な関係を維持するのに苦労する。でもその苦労が色々な場面を演出する。物理学の芸術への応用例。

ランダムな偶然をプログラミングする。コンピュータ技術の芸術、音楽への応用例。学問がエンターテイメントに変貌を遂げる喜び。

パワーパワーパワー。外に出てみる。ラブホの手前まではギターの三連符が聴こえた。さすがにローソンでは何も聴こえないが。

トランペットは打楽器である。エフェクター使っていても生の打音の輪郭がくっきりしていて、叩く場所や叩き方で表情豊かに七変化する。素晴らしい。
クリックすると元のサイズで表示します

スピリチュアルな倉地さん。とりつかれたかのようにアコギをむさぼり弾き詩を詠む。今までの倉地さんの演奏の中で一番好きな夜。
クリックすると元のサイズで表示します

※全てパフォーマンスを筆者が勝手な妄想で変調したものです。

-----
2009/9/19(土)
“en”
共同アトリエ3号倉庫
企画…諸岡光男(99.999999999)、小山冴子(art space tetra/3150)
主催…art space tetra
協賛…共同アトリエ3号倉庫
後援…(財)福岡市文化芸術振興財団
機材協力…SHOCK CITY OMUTA

出演…
梅田哲也(大阪)
te_ri(東京)
99.999999999(ELEVEN NINE)
堀尾寛太(東京)
的場寛
macmanaman
ヨシハマショウ(沖縄)
倉地久美夫
○VJ 宋秀臣
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ