nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2007/3/31

diatxt.number 16〜音を聴く/音をつくる  MusicDiary

diatxt.number 16
diatxt.〈16〉特集 音を聴く/音をつくる

大友良英さんのテキストや対談が掲載されていたので一昨年、京都芸術センターからネットで購入してたものをやっと読んだ。

本の内容ではなく読んだ後なんとなく気になった事を書き留める事にする。

日常の音と音楽の音、日常のノイズと音楽のノイズ。音楽と日常の音の違い。偶然のノイズといわゆる積極的なノイズの演奏。そんな事に思いを巡らせるのもなんだか興味深い。

映像は目を閉じれば遮断出来るが音の遮断は決して出来ない。ただし映像も音も常に変化し続ける。瞬間瞬間の積分だけが事実。しかもそれを記録する事はどんなにテクノロジーが発展しても不可能だろう。

ジャズ、現代音楽、昭和の歌謡曲、ポストジャズ、音響、エレクトロニカ。現代の音楽は互いに有機的に絡みあって成立しているのでそんな狭い視野で論ずる事がナンセンスだとは思いながらも(以前も似たような事を書いた気がする)時には知ったかぶりをしてしまう。

自分の創造力だけで不思議なメロディを奏でてみたい。ただし最近はとにかく即興がキーワードな僕だが創造する事はとても難しい。自分のソロ演奏を録音して聴いてみると特に感じる事だ。


何を書いているのか判らなくなってきたので今日はこのあたりで、終わり。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ