nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2006/9/23

山内桂 presents 「東京最前線」in Fukuoka  LiveReport

日付け変わったので昨日は、art space tetraでのイベントに参戦。

山内桂 presents 「東京最前線」in Fukuoka

出演者:山内桂 / 高橋琢哉 / 吉村光弘 / tamaru /

集中と我慢の芸術的実験音楽。
非日常と日常の境界線を行ったり来たり。


<二つの錯覚>
ソプラニーノ(山内さん)…最後の曲"Salmo"で二つの音が同時に聴こえて来た(速いフレーズだったというのもあるが実際はどうなんだろう?)

ベースソロ(tamaruさん)…途中、うねりが耳元で聴こえてきた。明らかにスピーカーから出ている音とは別であったが何かからくりはあるのだろうか?もしかしてこれも錯覚なのか!

<感想>
ラストの四人でのセッションが立体的な響きで興味深かった。
こういった実験音楽、インプロビゼーション演奏であっても違和感なく聴ける様になった(いやむしろ癒されるぐらいだ)。
tetraではこれからもこういった実験音楽的なライブがめじろ押しのようだ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ