nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2006/9/19

さがゆき即興ワークショップ  MusicDiary

さがゆきさんとの出会いはシナプスの CD(どうやら廃盤ではないらしい(さがゆきさん本人コメントによる)。おそらく本人のWebで取り扱ってるという意味かもしれない。興味ある方は是非問い合わせてみて下さい)。) と ライブ。ライブが終わった後、さがさんから、即興のワークショップをやっている事と、次回は合宿になりそうだ!と伺っていた。実はこの時から僕は福岡から東京まで行く気になっていたのだ!そしてやってきたのだ一泊二日の合宿に。場所は千葉県岩井海岸の民宿「かごや」

「インプロビゼーション(即興)」が僕の人生のキーワード。
そして今回、「即興は人生そのもの」という価値観を共有する事が出来た。

そんな事を踏まえて、(物理的)(精神的)テクニックを吸収する。それが音楽表現に役立つ事は言うまでもない。そして大袈裟かもしれないが、人生のあらゆる場面でのヒントが得られたような気がしている。具体的にどう役立つかは言葉では表現出来ないけれど。

コミュニケーション、宇宙、集中、無、反応、スピード、一人一人がソリスト、自由、多彩な色。

そんなキーワードをもう一度噛み締めてみる。
そして、「ありがとう」

以下補足
1.今回はバスクラリネットで参加。
2.ここでの即興はメロディ/リズム/ハーモニー/音色、それらの決め事が全くない完全即興
3.ボイスでの参加者圧倒的多数。楽器も個性的なものばかり。貴重な体験。
4.途中までは、誰と共演するのかと言う事がとても気になっていたが、途中からどうでもよいと思った。もちろん良い意味です。
5.一つの現象に過ぎないが、バラバラだったエンディングがどんどん揃う様になった。しかも音だけで。
6.失敗もあった。手のひらを叩きながら輪に加わったが、演奏後暫く痛かった。お茶のペットボトルを振って音を出したが振り過ぎで泡だらけになっていた。もちろん普通に飲んだ。
7.何人かとコラボレーションが出来るかもしれない。人脈が広がった。
8.宴会では飲み過ぎた。迷惑はかけてないと思うけど二日酔い
9.海岸には久しぶりに来た。心洗われた。
10.参加者は男性2名(一日目宴会途中から3名)に対し、女性10数名。貴重な体験V(^-^)V
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ