nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2011/2/27

作家池田龍雄が語る見どころトーク3(3号倉庫) @fukuoka_kenbi  Art

まだ県立美術館の展示を観ていませんが(でも会期中に必ず行きますが)、大好きな3号倉庫でのトークなので出掛ける。
途中の大雨の音を聞いて、バスで来て良かったとほっとしながら長丁場を乗り切る。
いや、池田龍雄さんって、1928年生まれだから、御年80歳以上だ。
長丁場だなんて失礼だった。。

ほぼ最終盤の言葉:
「絵は絵としての世界を持っている。」
という言葉が物凄く説得力を持っていて、思い切り頷く。

芸術って正解がないから面白いし、それこそが芸術の醍醐味なのかも。
*と書きながら仕事だって正解は一つではないもんな〜とか思うのもまた事実。
アバンギャルド、前衛という僕の中でかなりの重みを持ったキーワードが何度も出てくる。
絵の事、舞台の事を例に話されていたが、当然音楽の事にもそのまま当てはまる、と思う。
写真も撮って良いですよ〜一緒に撮影するのも構いませんよ〜という人柄。

クリックすると元のサイズで表示します

以下、池田さんの言葉からキーワード的な言葉を列挙します。
*孔は気になってたんだよね〜〜

絵は空間によって変わる
何がわからないかわからない
具象から抽象へ。対象物が何なのかわからない。
生きてる事を実感したい、時間に関わりたい
光、重力、時間。物理的概念と美術の結びつき。
線と面と色。

2005年にこの場所は水没する。by芥川さん
孔はブラックホール。ブラックホールは別の世界(ホワイトホール)に繋がっている。ブラックホールはあの世、人間の死。
立体も平面も一律に考える
絵は絵としての世界を持っている。

-----
作家池田龍雄が語る見どころトーク3
共同アトリエ・3号倉庫
2011.2.27
主催:福岡県立美術館 / 協力:3号倉庫
0

2011/2/27

茶会*SPITAL/MONSTER10*HANG/Pandemic Halation*SOAP  Art

良い天気だったし楽しい一日でした。
有り難う。
小倉。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

久しぶりのSPITAL。
茶会が催されていた。和の精神、正座して楽しむ。
ちょっとした企てがあったので、夕方と夜の二度お邪魔する。
春ですよ〜〜

MONSTER10*HANG
え?1000円(ビール500円含む)??
展示の雰囲気は楽しい。
同じ被写体だが被写体が時とともに変化したり、撮影者が少しだけ視点を変えたりしている写真が好きだった。
なんとなく繋がっている人が多数訪れている、そんな場所。

Pandemic Halation*SOAP
最近知り合った福岡の写真家2人と、SPITALで名前を知った2人、その他、何名かのグループ展。
残念ながら、名前を知っている4人の展示はゆっくり観覧出来たのだが、その他の方々の作品は、
作者と作品が結びつかず、またの機会にしたい。
街の写真、田舎の写真の対比。
無機質に存在感を放つテンペラ作品。
画材と壁の境界を越えた絵。
久しぶりの人、初めての人と表現について色々話す。
しかし、作家さんのプロフィール眺めてて、若いなあ、羨ましいなあ〜と。。。

-----
茶会
2011.2.26(Sat)
亭主;古市流 一松庵 松尾宗慈
SPITAL

MONSTER10
HANG
2011.02.19(sat)〜02.26(sat)
mercimaman、BABU、nuttsponchon田中慎一郎NANOOKアインnocomonoタナベヨリチカANTI SYSTEM(Velo)、バカんす(菊池良太)http://www.myspace.com/bakansuバカんすサイクル(tama5)薄毛女性SUIKO、HOWL、ARNY、YENOM、bony1、ZEROSY、DODDODO反転地

Pandemic Halation
GALLERY SOAP
2011年2月15日(火)- 3月6日(日)
emo、大成牧子、Keizo a.k.a 描生、佐々木原哲也塩井一孝清水萌子、外田春、戸島善寛ニホヒロノリ日野直樹松本詩津、三津木晶、義経友紀、LEVEN
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ