nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2010/6/1

UNIT STRUCTURES/Cecil Taylor  CD/DVD(Music)-Report

ユニット・ストラクチャーズ / Cecil Taylor

示唆的で奇怪で劇的なオープニングが僕の動きを止める

速度の変化がゆらぎを創り出し、
音ははじかれ、擦られ、叩かれ、吹き込まれ、なでられ、撃たれ、絞り出され、
難解さと困難さと簡便さと容易さと、
連続性と乱数性と、
楽しさと苦しさと寛ぎと怪しさと奇怪さと激しさと狂気と欲情と、
協調と対抗と同調と妥協と。

聴きながら意味もなく勝手に単語を浮かべてみる。そんな行為が楽しい。

3曲目のバスクラソロの炸裂に、僕の演奏との共通点をたくさん見つける行為が楽しいです(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

-----
UNIT STRUCTURES / Cecil Taylor
1966/5/19

Eddie Gale Syevens JR. (trumpet)
Jimmy Lyons (alto sax)
Ken McIntyre (alto sax, oboe, bass clarinet)
Cecil Taylor (piano, bells)
Henry Grimes (bass)
Alan Silva (bass)
Andrew Cyrille (drums)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ