nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2009/11/29

[動画]duo & trio(captureレコ発ライブ@091031@WaterLounge)  Music Movie

10/31の記録を少しづつ紹介していきたいと思います。
第4弾は、Duo演奏とTrio演奏の動画ダイジェスト版。
定点カメラですので、演奏者が映ってなかったりしますが、気にせず〜〜

capture nakamura yuji レコ発ライブ〜improvisation session

2009/10/31,WaterLounge

duo(digest edition)
 伊藤知恵子×中村勇治
 かっぱ×藤井マサカズ
 越出健治×諸岡光男
 w/tiny(Live Painting)



trio(digest edition)
 伊藤知恵子×かっぱ×越出健治
 中村勇治×藤井マサカズ×諸岡光男
 w/tiny(Live Painting)

0
タグ: YouTube

2009/11/29

組織の精神  Electoronics/IT/Business

共感を得た記述を見つけたので書き留めておく。

「マネジメント 基本と原則」P.F.ドラッカー より引用

【組織の精神】
人は、優れているほど多くのまちがいをおかす。優れているほど新しいことを試みる。

真摯さが重要だ。
・強みに目を向ける(弱みではなく)
・何が正しいかに関心を持つ(誰が正しいかではない)
・真摯さを重視する(頭のよさではない)
・部下に脅威を感じさせてはならない
・高い基準を設定する
0

2009/11/29

[English]夢と悟り  English

昔話を語りたい事はあるけれど、思い出に浸っている余裕はあまりない。
ただ昔話を反芻する事で得られる何かもある。
過去の経験に無駄なんてない。

あと4頁半です。

(というわけで英訳抜粋と原文抜粋)
-----
The regulars complain how it was better the way it was before.

Am I happy? All I can say is I guess so. That's pretty much the way it is with dreams.
And just when I feel like crying, I never can.
That's how it goes.
-----
常連客は昔の方が良かったねとブツブツ文句を言う。

幸せか?と訊かれれば、だろうね、と答えるしかない。夢とは結局そういったものだからだ。
泣きたいと思う時には決まって涙が出てこない。
そういうものだ。
0

2009/11/28

死刑台のエレベーター(1958年フランス)  Movie

僕にとって映画自体、観る事が珍しいのだけど、本作品をフィルムで九州日仏学館という場所で上映するという情報を入手した時から、行くような気がしていた。

フランス語のゆったりとしたテンポで進行するサスペンス。
男と女の成就しない愛の虚しさ、儚さ。
白黒映像の美しさ。

動けない主人公。
動くしかない彼女。
突っ走る若い男女。

写真が決め手になるとは。

Miles Davisの音楽が緊張感を高める。
ただ、音質は余りよくないので、トランペットの音とわずかなリズムの音が聞こえるだけ。テナーサックスに、Barney Wilenの名前がクレジットされていたのでひそかに、期待していたのだけれど(今度、CDで聴こう)。

(記録)
-----
第36回シネクラブ・クラシック
死刑台のエレベーター(Wikipedia)

2009/11/28(土)
九州日仏学館

1958年フランス
監督 ルイ・マル
出演者 モーリス・ロネ、ジャンヌ・モロー
音楽 マイルス・デイヴィス
0

2009/11/27

[写真]capture レコ発ライブ@091031@WaterLounge  LiveReport

10/31の記録(動画、音源、写真)を少しづつ紹介しています。第3回は写真です。

共演した事がない人たちが繋がっていくのを、現場で観るのはとても嬉しい。
また、ゴールはスタートだ♪ という事を実感した夜。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

写真撮影:原田千寿
0

2009/11/27

台湾〜初海外出張  旅行

11/22-26台湾出張、仕事としては初の海外出張。しかも一人だったので、結構、テンパっておりましたが、無事、帰国。お世話になりました。

実は台湾は初めてではない。
約15年前、初の海外旅行で、シンガポールに向かっていた。
 「当機、エンジントラブルにつき、これより台北に着陸します」
 着陸
 「エンジンの点検が終わるまでそのまま機内でお待ち下さい」
 「今暫くお時間かかりますので、いったんロビーにてお待ち下さい」
 「本日は、ホテルを用意しましたので、台北にお泊まり頂きます」
荷物は飛行機に預けたまま、お金は円とシンガポールドルしかない、深夜に謎の電話はかかってくる。まあ翌朝の朝食はきちんと食べたし、いまこうしてblogなんぞを書いているので、今となっては楽しい良き思い出である。

本題に戻ろう。
今回の出張目的を満たしているかどうかは、現時点では判定不可能で、今後の活動に依存する。
*個人的満足度は、70点ぐらい?

滞在中は、ホテル、訪問先、セブンイレブンぐらいしか行っていません。
初日のセブンイレブン。物価は安い。これで、NT$193=600円弱ぐらい。
クリックすると元のサイズで表示します

最後の夜。ホテル回り50mぐらいを散策してみる。
いちおう、繁華街みたい。
クリックすると元のサイズで表示します

ネットカフェ
クリックすると元のサイズで表示します

chatroom じょゆうって?(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
------
英語、応対してくれたメインの方は中国語/英語とも大変な早口で、正直5回ぐらい聞きなおしたうえに、白板に書いてもらわないと分からなかった。
ちょうど良いスピードで話す人だと、僕の認識率は上がるようですが、まだまだ聞き取り能力はダメですね。
話すほうは、文法無視、単語も不適切(これが大変難しい。日本語では同じ単語でも英語では使い分けが必要だったりするので)にも関わらず、大まかには理解してもらえたようです。
ちなみに、難しくない単語でも聴き取れなかったり。
例)line tour→night tour(夜遊び願望のせい?)、design→ディナイ

食事;朝食、夕食はホテルで洋食なので問題なし。昼食は訪問先の食堂、又は、Out to Lunch(Eric Dolphyのアルバムタイトル名)!!
なじめない人も多いようだけれど、メニューがたまたま当たりだったのか、結構大丈夫。特に、cha For Tea の料理とお茶はなかなかの美味。

ちなみに、おみやげに紅茶を買ってきたけど、日本語の説明が無茶苦茶。
クリックすると元のサイズで表示します

また次回があれば、もう少し足を伸ばしてみようかな?
0

2009/11/26

[MP3] trio 2 @091031@WaterLounge  MP3

10/31の記録(動画、音源、写真)を少しづつ紹介していきたいと思います。第2回は音源です。

↓直接MP3ファイルへのリンクとなっています。

trio 2 (17:09)

capture nakamura yuji レコ発ライブ〜improvisation session

中村勇治×藤井マサカズ×諸岡光男

Recorded at WaterLounge,Fukuoka on 2009/10/31.

-----
緊張と炸裂をお楽しみ下さい(笑)
0

2009/11/24

[動画]バスクラリネットソロ(captureレコ発ライブ@091031@WaterLounge)  Music Movie

10/31の記録を少しづつ紹介していきたいと思います。

capture nakamura yuji レコ発ライブ〜improvisation session

2009/10/31
WaterLounge

バスクラリネットソロ-中村勇治-
w/tiny(Live Painting)

0
タグ: YouTube bass capture

2009/11/21

今週から12月後半に掛けて  MusicDiary

あと十日で12月。師走です。

僕の勤めている会社は給料日が20日なので、給料をもらうと、小遣い、カレンダーとにらめっこしてライブに行く計画など立てます。

とゆーわけで、演奏する!、観に行く、行きたいライブ/イベントの紹介。

同じイベント、ライブにいく方、会場でお会いしましょう。
また、僕が行かなくても、下記のイベントはお勧めですよ〜(ただし僕の主観、興味によりますので悪しからず)。

◎ライブで演奏します!
12/12(土)、12/26(土)、2010/1/16(土)
http://www.bloc.jp/nakamurayuji/

◎行きます!
11/28(土)13:00 第36回シネクラブ・クラシック「死刑台のエレベーター」@九州日仏学館5F多目的ホール
 マイルスの演奏が流れるサスペンス映画。1958年。映画観るのって、むっちゃ久しぶり。

12/5(土) 原田 千寿 写真展 「手をつなぎたい」@行橋Gallery YANYA
 先日のレコ発イベントで写真撮影をしてくれた原田さんの初写真個展
 福岡からは車で行きます。今のところ2名。同乗者募集中。

12/8(火)→12/20(日) 工藤冬里展 『 鬱陶 ― マイナス茶碗 ― 』@art space tetra
 期間中のどこかでは観に行きたいと思います。

○行きたいけど、仕事などの都合しだい。
12/8(火) 工藤冬里+礼子@箱崎水族館喫茶室
12/11(金) 川下直広トリオ@New COMBO
12/11(金) 渋谷慶一郎@ROOMS
12/18(金) 工藤冬里 ソロ@art space tetra
12/20(日) マヘル・シャラル・ハシュ・バズ @art space tetra

●行きたいけど、諸事情で断念。
11/21(土) 乱歩ナイト第弐夜@中洲Bar Eternity
11/22(日) サキソフォビア@ニューコンボ
11/23(月) ドグラマグラ@上海ノォト
11/27(金) 諸岡光男/コシデケンジ/電子卓上音楽団@gigi
11/27(金) Clarinet Jazz night(吉田サヤカ)@Leichhardt Cafe
12/6(日) ふちがみとふなと@PublicSpace四次元
0

2009/11/16

Ωフュージョン/ドグラマグラ/monstermovie  LiveReport

これで、ドリンク付1500円は安くないですか?(*)

メロウで、甘酸っぱく、ちょっとだけハードなフュージョン。
ALESISのMICRONの音とそれを操る彼の演奏が好みだった。

ロック、ロック、ロック。
シャープに斬り込み次から次へと電光石火のフレーズを畳み掛ける。
今回はフリーインプロビゼーションの要素は最小限にとどめ、「曲」の良さを活かした演奏。
身体を揺らす。揺らす。揺らす。

いきなりノイズが雷を落とす。
ゆったりしたリズムから、高速リズムまで、いつ変わるのかいつ変わるのか?
ワクワクワクワク。
そして、変幻自在に音色が変わる。
ノイズがバッキングでギターがメロディーなのか?
それとも、ギターがバッキングでノイズがメロディーなのか?

今回、三者三様のドラムスの個性も面白かった。
でも共通して、顔は楽しいのだ。
そして、音楽の仲間(先輩?)がいる事に喜びを感じる。

(*)ちなみに、「1500円(ドリンク付)」と「1000円+ワンドリンクオーダー」、どちらも観客の負担は同じだけどみなさんはどちらが安いと感じますか?

(以下、記録)
------
2009/11/15(日)
Space Terra

Ωフュージョン;GYRA(Alto Sax)、HIRONORI OBATA(KeyBoard)、YOSUKE HAYASHI(Electric Bass)、SYOICHIRO ONISHI(Synthsizer)、KEI WATANABE(Drums)

ドグラマグラ谷本仰(violin)、宮野章(guitar)、フクヤマワタル(bass)、白川和宏(drums)

monstermovie;武井庸郎(drums)、花田コウキ(guitar)、avan(bass)、Shayne Bowden(noize,electronics)
0

2009/11/16

経験がなくっても  Electoronics/IT/Business

今まで働いていて、感心させられる言葉はたくさんあるけれど、この言葉は忘れられない。

「経験のない事が皆さんの財産だ」

ある部長さんが新入社員に向けて話した言葉。

もちろん、開き直っては駄目ですよ〜〜
そこのアナタ♪
0

2009/11/15

[English]別れ  English

You stay on top of things now.

元気でな。。。
0

2009/11/14

[English]じわじわとクライマックスに近づいてきた  English

世界で最も読書スピードが遅い筆者です(笑)

昨年9月から読んでいる小説(原文日本語を英訳したもの)、ただいま、120頁目当たりです。
月に10頁も進んでませんね。まあ気にしない事にします。継続は力なり。
Little by little, and bit by bit.

でもようやく終わりが見えてきました。あと10頁ほどですので、年内には読み終わるかな。
物語は甘酸っぱく、じわじわと、クライマックスを迎えているような気がします。

Anyway it sure seems that way to me.
いずれにせよ、そんな気がするんだ。

I have no idea which was your room.
どれが君の部屋なのか判らない。※I have no ideaという表現が好きです。

It was the first time I'd ever looked at things that way.
And just the thought immediately brought tears to my eyes.
物事をそんな風に感じたのは初めてだった。
そう思うとね、急に涙が出てきた。 ※主語が、the thought というのは英語らしい表現ですかね?
0

2009/11/8

音楽作品、芸術作品  MusicDiary

音楽や芸術作品が良いか悪いかなんて、主観的な問題だ。
だから、あなたが、その作品を良いと思ったり好きだと思ったりする事を、誰も妨げる事が出来ない。

ただ、商業的成功は、その作品がどれだけ受け入れられたか(売れたか)、という客観的事実にもとづいて判断される事が多いのも事実である。
0

2009/11/8

谷本仰×マカレナ・オリヴェラ  LiveReport

弦を擦る音と筆を動かす姿。
即興演奏と即興絵画のコラボレーション。

音のエネルギーと絵画のエネルギーのキャッチボール。

ひとつの音、ひとつの線。
ひとつのフレーズ、ひとつの物体。
音の場面が形成され、絵画はだんだん実体を明確にしていく。
繊細な音とダイナミックな音。
繊細な線とダイナミックな線。

色々な音の表情は残念ながらもう記憶にしか残っていない。
出来上がった絵画は観る事が出来るが、描いている途中はもう記憶にしか残っていない。
-----
終演後、歓談していたら、思いがけず、フラメンコが始まる。
情熱的なリズムとステップとうた。
谷本さんも一曲だけ加わる。
音楽のジャンルとかフォーマットとかわからなくても、純粋に楽しむ事が出来る喜び。

ちなみに僕も、サンプラー?ディレイ?が欲しくなった。
-----
楽しい夜をさらに楽しい夜にしようと欲張った僕は、久しぶりに一人飲みを企てる。
しかし、この夜は優柔不断であった。2時間彷徨い、どこにも寄らず自宅に帰る。

(以下、記録)
-----
2009/11/7(土)
谷本仰(violin)×Macarena Olivera(マカレナ・オリヴェラ)(live painting)
場所;El Taller

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ