nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2008/7/30

ライブ〜freezone(8/3) × ソロ(9/6) × ソロ(9/21)  LIVE情報

今のところ決まっているのは3本です。3本のライブは足し算ではなく掛け算になるようなライブにしたいです。
お時間ある方はぜひ〜〜〜
予約受付中です。
ーーーーーーーーーー
(1)8/3(日)freezone(3人バンド)…カラダハ オトヲ ダスモノ。電気処理付き管楽器を吹きます(予定)@decadentDELUXE
(2)9/6(土)ソロ…ソプラノサックス+バスクラリネットソロによる完全即興@Leichhardt Cafe
(3)9/21(日)ソロ…ソプラノサックス+バスクラリネットソロによる完全即興@decadentDELUXE
続きを読む
0
タグ: 即興 ソロ freezone

2008/7/29

ライブ観戦+写真展+ライブ出演〜その3:ライブ出演  LiveReport

土日の遊び;その3はライブ出演〜〜〜

お客様、および、全ての関係者の皆様、有り難うございました&お疲れさまでした。

セットリスト;
即興1〜ソプラノサックスによるランダムな音
即興2〜バスクラリネットによるまったりな音
即興3〜バスクラリネットによる支離滅裂な音


課題;
アバンギャルドさの追求の反面、聴きやすさを意識してしまう事への打開策検討。
ウォーミングアップの大切さを認識したので次回は実践。
リードミスの削減とリードミスしても平然と吹き続ける神経の図太さを養う。
カラダハ オトヲ ダスモノ。

佐々木匡士さんの演奏とうたが良くてCDを買って帰ろうと思ったけど、どうも食事に行かれてたようで、また次回〜。

(以下、記録)
----------
Zecho-ten+ 2008.7/27 (sun) Public Space 四次元
■鈴木拓也
■山岡カルテット
中村勇治
■佐々木匡士(山口)
■nanbanjin
0

2008/7/28

ライブ観戦+写真展+ライブ出演〜その2:写真展  Art

土日の遊び;その2は写真展「梅佳代スーパーシャッターチャンス祭り in Fukuoka」

シャッターチャンス、色と明るさを切り取る行為。

おじいさん。北国の田舎にまだ残る昭和の香り。

バナナ、きゅうり、ほうき、虫メガネ、飼い犬の仕草、プレステと囲碁といった素材に年輪を重ねる。

ライブ前の気持ちを温かいものにしてくれた。

そういえば、昨年買った、フィルムのトイカメラ、まだまだ撮りきっていない。

(以下、記録)
----------
梅佳代スーパーシャッターチャンス祭り in Fukuoka
三菱地所アルティアム(IMS-8F)
7月26日〜8月24日…「じいちゃんさま」
0

2008/7/28

ライブ観戦+写真展+ライブ出演〜その1:ライブ観戦記  LiveReport

土日は良く遊ぶ。体力も結構きついのだが疲れは楽しさで吹き飛ばそう!まずは、7/26のジャズオルガンライブ観戦記

----------
チャレンジしたり困難を乗り越え何かを達成した姿を観るのは嬉しいし楽しい。そして観ている方も元気になる。

ジャズオルガン奏者5人とギター、ドラムスのライブ観戦。

満員でなかなか身動きのとれない会場で盛り上がりました。
僕もアフターセッションで久しぶりにスタンダードを演奏〜

(以下記録)
----------
7/26(土)博多デジャヴ
野田正純、上野美由紀、菅野友紀、岩永康弘、中村佳江(org)
柳武史雄(guitar)
中村健(drums)
0

2008/7/26

大友良英ニュー・ジャズ・クインテット・ライヴ  CD/DVD(Music)-Report

大友良英ニュー・ジャズ・クインテット・ライヴ

僕はこのアルバムと出会って以降、インプロビゼーションに大きく傾倒していく。ティッピングポイントというのかな?

硬派でクールなのにホット、アバンギャルドなのに美しい。立体的な空間の中を光線が反射し屈折し変調をきたす。「うわぁ」っと大きな声を上げたいほどカッコいい。

菊地成孔が血管が切れるほど炸裂的な演奏をしていて嬉しい。
津上研太が流暢で美しい言葉で美女を口説く。
水谷浩章が歩いたり走ったり止まったりする。
芳垣安洋が劇的な展開を仕掛け時に仲良く時に暴力を振るう。
大友良英がギターをループさせノイズの海を掻き鳴らす一方、訥々と散文的で断片的な音で何かを投射する。

ユリイカに泣き震える。

演奏したい。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/7/22

にかスープ&さやソース(Chicago Club Night #21)  LiveReport

海の日は昨年に引き続き能古島のノコニコカフェでライブ見物(昨年は出演)。

カフェ前の路上、ござひいて体育座りの人や、あるいは立ったまま身体を揺らす人。僕は立って後方を左右に行ったり来たり、まったりくつろぐ休日の夕方。サイダーとビールがうまい。

美しく、浮遊感漂う魔法のボイス二重奏。
クリックすると元のサイズで表示します

機械と人間オシレーターのセッションが楽しい(*^.^*)
クリックすると元のサイズで表示します

魔女の宅急便ではありません。ゆるくて楽しくて穏やかな気持ちになる。
クリックすると元のサイズで表示します

終演後いつもお目にかかる方と初めて話したり、いつもお世話になっている友達と話したり猫の写真撮影したりする。こういうのが好きだし大事だ。そういえば、スイカ割りもしたんだよ。
クリックすると元のサイズで表示します
能古島の「たき」オートバイにまたがる。

時間はゆっくり流れる。
夜のマリノアシティ。
クリックすると元のサイズで表示します

(以下余談)
-----------
大失敗〜ドームでの試合の影響かバスは40分遅れで17:45の船。相変わらずタイムマネージメントが下手です。案の定、倉地さんは一曲しか聴けず。

(以下記録)
-----------
Chicago Club Night #21 
にかスープさやソースwith 植野隆司
2008年7月21日(月・海の日)
能古島nocinico

w/倉地久美夫
企画:Chicago Club
0

2008/7/21

3連休×管楽器+大濠公園  MusicDiary

3連休。管楽器練習を毎日する。来週はライブですからね。

7/19(土)夜の大濠公園でバスクラリネット。犬の散歩をしている方が多い。暗いのでアバンギャルドに激しく吹きまくる。迷惑だったらごめんなさい。

7/20(日)スタジオで2時間。バスクラリネットとソプラノサックス。ロングトーンと12のスケールなどの基礎練習+吹きまくる。

7/21(月)午前中。ソプラノサックス。暑い。デジカメで写真を撮ろうと思い持参したが充電中のバッテリーを付け忘れ。携帯のカメラで撮影(3枚)。散歩やランニング、自転車などの方が多い。時間帯によって訪れる方も違うんですね。人目が気になるのでまったり吹く。ベビーカーを押す若いお母さんが一瞬立ち止まりベビーカーの中の赤ちゃんに、「聴いてご覧」、みたいな表情をされる。気持ちよい休日。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/7/20

ライブ〜ソロ(7/27) × freezone(8/3) × ソロ(9/6) × ソロ(9/21)  LIVE情報

少しバタバタで告知が若干遅くなりましたが、今のところ4本のライブが決まっています。4本のライブは足し算ではなく掛け算になるようなライブにしたいです。
お時間ある方はぜひ〜〜〜
予約受付中です。
ーーーーーーーーーー
(1)7/27(日)ソロ…ソプラノサックス+バスクラリネットソロによる完全即興@四次元
(2)8/3(日)freezone(3人バンド)…カラダハ オトヲ ダスモノ。電気処理付き管楽器を吹きます(予定)@decadentDELUXE
(3)9/6(土)ソロ…ソプラノサックス+バスクラリネットソロによる完全即興@Leichhardt Cafe
(4)9/21(日)ソロ…ソプラノサックス+バスクラリネットソロによる完全即興@decadentDELUXE
ーーーーーーーーーー
(1)Zecho-ten+
2008.7/27 (sun)
@Public Space 四次元(福岡市中央区天神4-4-30新郷ビル2F)
OPEN19:00 START19:30
ADV\1,500(DAY\2,000)+1DrinkOrder

■佐々木匡士(山口)
■鈴木拓也
■中村勇治
■nanbanjin
■山岡カルテット
クリックすると元のサイズで表示します
ーーーーーーーーーー
(2)ZEcHO-TEN
2008.8/3 (sun)
at decadent DELUXE(福岡市中央区舞鶴1-8-28マジックスクエア ビル 3.4.5F)
adv/1,500(door/2,000)+1drink order 
open/19:00 start/19:30

■左団扇
monorhythm
zooloretto(長崎)
フアリナ
■freezone
クリックすると元のサイズで表示します
ーーーーーーーーーー
(3)カフェでソロ演奏
2008/9/6 (sat)
at Leichhardt Cafe(福岡市中央区平尾2-19-21-2F)
投げ銭制
■中村勇治
平尾のカフェで演奏します。
20時、21時、22時の3回演奏予定。
ーーーーーーーーーー
(4)ZEcHO-TEN
2008.9/21 (sun)
at decadent DELUXE(福岡市中央区舞鶴1-8-28マジックスクエア ビル 3.4.5F)
■中村勇治
対バン、その他詳細未定
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 即興 ソロ freezone

2008/7/13

3号倉庫〜art space tetra  Art

日曜の昼。プチアートツアー。
暑い一日。博多は山笠がだんだんと盛り上がってきている。
今日も足を現場に向かわせる。
まだまだ感じ続けたい。
-----
友人に紹介された、3号倉庫

公開制作。歯車が回る。偶然と必然の調和。丁寧に説明頂き作品に招いてくれる。
お茶を飲みながらくつろぎの場所。オブジェは何を象徴しているのだろうか?
大きな黒い平面に小さな穴が二つ。覗くとわずかな光と動きが見える。
同じ挙動を繰り返すぬいぐるみ。
大きなキャンバス、迫力ある色使い、絵が動いているように見える。
世俗を辛辣に風刺した映像。in parkingという映像に笑う。
博博博博博博博博博博博博博博博博博博。遠くで見る印象と近くで見る印象が変わる。

作家の一人の大木千波さんと少し長く話す。
感性は人それぞれ違う。
非日常の中に日常を探す作業を行うと、色々な価値観の存在が見えてくる。
倉庫という空間が面白い。
この後行くtetraとも繋がっていた。
音を響かせたい。
音とのコラボなどもやってみたいとの事で、デモCDを渡す。

-----
art space tetra
Gavin Weber 個展

取り置きしてもらっていたCD"Moere"を買う(帰って気づいたがジャケットが長過ぎてCDがなかなか出てこなくて楽しい)。
壁から始まり壁で終わるそのオブジェ。
床を這い、壁をよじ登る。平面が立体になり、立体が平面になる。
こういうオブジェに囲まれた演奏も楽しそう。
いつもここで顔を合わせているのに、あまり話した事のなかったスタッフと話す。やっと名前を覚える(多分)。自由な活動と地道な活動。

-----
(記録)
3号倉庫
ブース展
『BOOTH EXHIBITION 2008』
大木千波、三輪恭子、矢部真知己、ソン・ジュンナン、南健吾

art space tetra
Gavin Weber 個展
Gavin Weber HP Blog
1

2008/7/13

知人の結婚パーティ  日記

7/12(土) 音楽関係で繋がった知人夫妻の結婚パーティ。

初耳だったが、彼ら、九州芸術工科大学(現;九州大学芸術工学部)の音響設計学科出身だった。僕がもう一度大学受験するとしたらここしかない、と思ってるところ。「音響」を芸術という主観で抽象的な概念と、工学という論理的概念の両面から学んでいくと思うと、ワクワクします。

それはさておき、二次会的なラフで楽しい雰囲気で良いパーティでした。

同じ席に座った方は、やはり音楽(ジャズ)繋がり。
色々話すと、音楽は、家庭で体験する音楽も素晴らしいけれど、音楽が実際に生み出されている「現場」の活性化がもっともっと必要だという感じの話になる。

クリックすると元のサイズで表示します

また話がそれましたが、料理はおいしく、生演奏もあり、場所もおしゃれで、綺麗どころの女性も多く、楽しかった。
改めて、結婚の意味とか、家族の幸せ、そして色々な事にチャレンジする姿勢、とかについて考える。

人の幸せから学ぶものは多い。

写真はテーブルに飾ってあったお花。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/7/12

忙しいけどライブはやめられない〜|Uniq゛est |  LiveReport

昨日は、会社のあと、某所で用事を済ませ、家でも用事。
午後9:00だ!間に合うじゃん。ライブへゴー!
いつもは地下鉄で向かうが、時間的余裕がなかったので自転車でゴー!
Public space 四次元へゴー!

残念ながら敵国音楽は観戦出来ず。

一楽まどかさんから。
小さなエッセンスと小さな音がビーカーの中で混ぜられ、美しい何かが出来上がる。

雅だよ雅。途中から一楽まどかさん加わる。
勢いと静けさの対比。

そして、|Uniq゛est |
明確なリズムがない曲でもからだを揺らす僕。
1曲目が新鮮な響きで好きだ。即興的アプローチ?
映像はオリジナルな映像を、音で変調をかけたように見える。多分、音と映像が解け合っている事の証拠だろう。もしかするとテレビのノイズが強調しているのかもしれない。
グルーブを生み出すエレクトリックアップライトベース。
サウンドの輪郭を抽出するエレベのユニークさ。
サウンドの進行をトリガーでコントロールするドラムスのアクセント。
爽やかだったりポップだったり激しかったりした尺八のメロディー。
おなじみ「Material」の6/8拍子の小気味よいリズムも聴けて満足。

(僕の主観を勝手気ままに書いていますので人によって印象は異なります)
-----
終演後、電話がなり、ライブのオファー。受ける。2ヶ月に一回のペースでソロ出演が続く。打ち上げは諸事情あり、また次回に参加させて下さい。
0

2008/7/5

ソロCDレコーディング第4弾〜ノイズとのデュオ  CD/DVD-information

レコーディングも終盤になってきました。

第4弾レコーディングはノイズ演奏家とのアバンギャルドコミュニケーション。

ノイズの音を聴いていると、海、山、北海道などの広大な風景が目の前に浮かび上がってきて、とっても自由な気持ちになる。
そして、そのキャンバスのどこに音を描いていっても、互いの音たちは凄く居心地が良さそうだ。

愛する人の事、色々な価値観があるんだという事、"現場"で音を出す事の幸せ。
そんな事を感じながら演奏していると、CDの出来映えが楽しみになってくる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

終わった後、前から気になっていた薬院の「回」でご飯を食べる。僕は、お茶漬け、他の二人はグリーンカレーを食す。大通り沿いにあるため、車の行き交う音と店のBGMとが仲良くなっているようだ。そんな空間。お名前だけ存じていた店の方と音楽イベントを色々紹介される。また繋がる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(English Study)
His noize sound makes the wide and free sound canvas.
So I can express myself freely.

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(以下、記録)
参加ミュージシャン;
中村勇治(soprano saxophone , bass clarinet, 空缶)
Ka.(noize)
M.M.(recording)

第一回目の日記
第二回目の日記
第三回目の日記
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ