nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2007/4/30

浦上眞紀&Harbor Lights  LiveReport

昨日4/29は久しぶりに、春吉Namazuへ。

出演は、以前何度も会っているはずだが、ライブを聴くのは初めての、 浦上眞紀さんと Harbor Lights。

「サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート」
パワフルでブルージーなツインボーカルが楽しい。
「マーシー・マーシー・マーシー」
ファンキーな曲だけど、丁寧なタッチで癒してくれるピアノ。
「アローン・トゥゲザー」
輪郭がくっきりしてて心地よいギターの音色。

お客さんも多くて盛況、知った顔もちらほら。温かい雰囲気のライブハウス。ほっと一息。但し、お酒は控えめにね。また行こう。

ちなみに、昨日はとある記念日でした。
0
タグ: 浦上眞紀 Namazu

2007/4/28

大濠公園2007ゴールデンウイーク初日  MusicDiary

ゴールデンウイーク初日です。僕は飛び石ですが、みなさん、如何お過ごしでしょうか?

今日は温かく天気も良かったので、ソプラノサックスを持って、大濠公園で公開練習しました。

行楽日和だけあって、たくさんの人が、安らぎを求めてやってきていました。また、高校生のマーチングバンドがアンサンブルをしながら練り歩いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

僕の方は、湖畔のベンチに座って気持ち良く練習出来ました。
(但し、前に転げ落ちないようにね(笑))

クリックすると元のサイズで表示します

今日も、全編、即興で思うがままに吹いておりましたところ、隣のベンチに座っていた、男の子とそのお父さん、お母さんから 拍手を頂き、話しかけれました。有り難うございます。

何故か、話しかけられてしまうと、ちょっとした、サービス精神が湧いてきて、「Yesterday Once More」「朝日のようにさわやかに」などのポップスやジャズスタンダードを吹きました。ちょっと忘れてる部分があって、ちょっとたどたどしい演奏だったかもしれませんが、たまには既製曲も良いですな。

※写真は携帯電話のカメラで撮影。この前買ったデジカメ持っていたのですが電池切れでした。。。
0

2007/4/28

趣味のCD製作[Organ Trio featuring 徳永英彰/061012]  CD/DVD(Music)-Report

趣味のCD製作なので、最近とってもペースが遅い。

やっと、昨年秋のライブ音源をCDにし、ジャケットまで作成(毎度似たようなデザインです(笑))。

まあ、こうして時を経てから音源をCDにまで落とすと、その時の状態が少しではあるが思い出されてくる。そんな記憶の反復もたまには必要かなと思う。

なお、完全趣味の自家製CDですので、販売はいたしません。

Organ Trio featuring 徳永英彰 From L.A.
Live at Backstage 2006.10.12


クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/4/22

デザインプロセスイノベーション  Electoronics/IT/Business

デザインプロセスイノベーション―21世紀のハイテク製品開発プロセス

少なくとも、エレクトロニクス、半導体、ITだけにとどまらず様々な仕事に役立つはずだ。
必要に応じて、その都度読み返す必要がまだまだあるし、その価値があると思う。
つまり、バイブル的な利用で効果が期待出来る。
少しだけ、ある会社の例に依存し過ぎな気もするが。

断片的には、会社で行っているマネージメントが、原始的ではあるけれど、根本的には間違っていない事を説明してくれている。問題はそれが有効活用されるまでにはまだまだ実績が不足しているし、手法がかなり、古い事だ。もっともっとトップマネージメントがこういう書籍を読んで勉強し、それをトップダウンで実施してほしい。そう思う。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/4/22

インストール 綿矢りさ  読書

インストール 綿矢りさ

何かと話題になっていた本が文庫本で出版されていたので購入。

とても読みやすい。
文字も大きいし、テンポも良いのであっと言う間に読める。
少々疲れ気味の僕にとって、暇つぶしや息抜きにはちょうど良いみたい。

ただ、それ以上のものは求めない方が良い。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/4/21

明日は年末以来の英会話レッスン  日記

Tomorrow, I will attend an English conversation lesson after a long absence since the end of last year.

The reason is as follows.
1) I have been busy with work intensely.
2) Furthermore, meanwhile, I appeared at live music events four times.

Probably the ability of my English conversation is reset. I will study steadily.

-------------------------------------
この文章は英語の勉強を兼ねております。
-------------------------------------
明日、私は英会話レッスンを昨年末以来久しぶりに受講します。

理由は以下の通り。
1) 仕事が猛烈に忙しかった。
2) その上、その間に、4度も、ライブイベントに出演。

多分、僕の英会話能力はリセットされている。また地道に勉強していこう。
0
タグ: 英会話 english

2007/4/20

充電  日記

充電開始です。

昨年末から、仕事に、ライブ(出演も観戦も)にと、い〜ろい〜ろ、忙しかったので、少し、ゆっくりしたい今日この頃。

今日、明日、あさっては、ゆ〜っくりします。

あ!日曜日は昨年末以来のカフェで英会話。教養の春です。

そんだけです。
0
タグ: 英会話

2007/4/18

ハイコレ82 菊地成孔DCPRG  LiveReport

ハイコレ82 菊地成孔 DCPRG

昨年秋のKQLDに引き続き菊地成孔が今度は踊れダンシングのDCPRGで福岡公演。しかも場所はVoodooLounge、そして主催はボギーさんのヨコチンレーベル!こんな素晴らしい企画に先ずは感謝。

踊れ!ダンシング!
跳ねろ!ジャンプ!


そんな感じの2時間40分。前から2〜3列目ではちゃけた。年齢詐称作戦もうまくいった、、かな?

菊地成孔
・分厚い音色、不協和音でバンドをぐいぐい引っ張るオルガンサウンド。
・大袈裟な(つまり演奏者の視点にたった)指揮が時系列な音の動きと瞬間の音配置の両方を創り出していく。
・その存在自体が既に、カリスマなのに加え、姿、形、言動、が圧倒的に格好よすぎる。
・彼は僕と同年代なんだけどライバルである(嘘)。そして彼はやはり軟派であった
 ※「彼」と偉そうに書いたが、まだ3〜4回しか話した事がない。すんません。もう10年以上前であるが、伝説の「ティポグラフィカ」の博多公演の質問コーナーで、まっさきに質問した僕は「譜面ってあるんですか?」、回答「ある。ソロの譜面はもちろんない。あなたプロレスラーの○○に似てますよ」というやり取りをした事はあるんですけどね。残念ながらプロレスに興味が無かったので○○が誰だったか忘れた。ってな下らない話はどうでも良いですね。。。。
・音楽の色んな要素を(恐らく入念な準備をしているであろうが)その場、その場で合成していくプロセスは、即興に他ならない。
 ※ってか文章が評論家めいてきたのでこのへんで他の人の印象へ。

全員、もの凄い強者ぞろいなんだけど、中でも僕の大好きな二人。
坪口昌恭
70年代サウンドを思い出させるエレピサウンドと幻想的な80年代ボコーダーサウンド、そしてなんやらサンプラーのようなものでノイズ/エフェクト発生。終わった後、話して握手してもらった。

津上研太
今回はソプラノサックス1本!艶やかで幻想的でそして空中に漂う浮遊感。たまりません。CD買わなきゃ。終わった後、話して握手してもらった。

−−−−−−−
というわけで忘れてはいけない。対バン。
ロレッタセコハン
でたッ!アルトサックス二本吹き(←僕も練習しよう)。ドラムスとのデュオゆえ、リズミカルな演奏。ドドドドっと身体を揺らしました。

nontroppo
相変わらず、スコンスコンと良く抜けるスネアドラムに、明るい陽気なギターシンセ。気持ち良く身体を揺らしました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
以下記録、こんなに著名ミュージシャンが揃ったのも圧巻!
完全リンク付き(保存版(笑))。

菊地成孔(key,conduct)、坪口昌恭(key)、高井康生(g)、ジェイソン・シャルトン(g)、栗原正己(b)、芳垣安洋(ds)、藤井信雄(ds)、大儀見元(per)、吉見征樹(tabla)、津上研太(ss)、後関好宏(ts)、青木タイセイ(tb)、佐々木史郎(tp)、関島岳郎(tuba)

P.S.何人入ったのだろうか?2〜3列目に陣取って踊れダンシングの僕は、時々人に押され、バランスを崩しそうになった。床もかなりうねっていた。菊地成孔が言ってたが、本当「怪我に注意」である。
0

2007/4/16

ライブ出演;4/15 timemarket  LiveReport

自分としては約二ヶ月ぶり、バンド progression としては約三ヶ月ぶりのライブ。丁度良い感じのペース。

お越し頂いた方、主催の方、会場スタッフの方、対バンの方、その他関わって下さった方、ありがとうございました。

前半はスピリチュアルに静かに、後半は怒涛のフリージャズで。

なかなか楽しい演奏が出来た。これからも極力決め事なしで即興でやりたい。無からは何も得られないって言われた事があるけれど、音には、音楽経験だけでなく、人生、恋愛、仕事、旅行、読書、教養、まわりの環境、その他諸々、そういったものが詰まっていると信じてやまない。なので、無ではない。

何人かの人から感想。「良かった」、「反則だよ」、「フリージャズを広めて」、「格好が彫刻のようだ」というお褒めの言葉から意味不明な言葉まで(^O^)なんでも良いから反応があるのは嬉しい。

録音したけど、DATテープなもんでたまっていく一方。CDに焼いて聴くのはいつになるやら。。。

さて、そして、対バンが素晴らしかった。
meltcomp さわやかな風。シンプルでゆっくりなグルーブ。
トワトワ座 渋いっす。低音の女性ボーカルとクリアなギターバッキングの絶妙なコラボレーション。 
QQQ シュールですな。最後の壊れ方が面白かった。
ドグラマグラ あ〜〜とにかくダンシング!かっこ良すぎ。もう言う事無いでしょう。
|Uniq゛est | サウンドメイキングを練り上げてきたところにライブ演奏というのが恐ろしく素晴らしく判る。一番完成度の高いライブだったのでは?バスドラに同期した映像も、空間を広げてくれる。

そうそう、grafって箱、良いサウンド出ますね。乾いたクリアな音。
0
タグ: progression

2007/4/15

Maher Shalal Hash Baz LIVE  LiveReport

Maher Shalal Hash Baz LIVE at art space tetra 4月14日。工藤冬里。

音楽を解体し再構築する。そんなプロセスが垣間見れて、不思議な面白さを感じたライブでした。

2月の僕のイベント;佐藤さん小倉公演 に観にきてくれた かっぱさん の必然的かつ音楽的ノイズも隙間をそっと埋めるようなそんな感じで良かった。

編成は、アルトサックス、トランペット、ピアニカ、キーボード、ギター、ベース、スネアドラム、ノイズ。
トランペットやピアニカの音を聴くのが久しぶりでなんだか新鮮。インプロバンドにトランペット奏者がいると、また楽しいかもです。

そんな事を思った、ホッと一息のライブ。

ちなみに今日も別の場所で別のメンバーでライブされるそうです。これまた聴いてみたかったです。
0

2007/4/14

いよいよ4/15!親不孝grafへ是非!  LIVE情報

☆フリーインプロビゼーションバンド;progressionで出演させて頂きます。対バンも素晴らしいバンドばかりなのでどうぞお越し下さい。
本日(4/14)、直前強化セッションしました。なかなか良い感じになっています。フリーインプロなので本人たちも何が飛び出すか判らないところも楽しみです。

問い合わせはこちらまで。

■TIME MARKET 103 ■ タイムマーケットHP

2007年4月15日(日)at 親不孝graf
18:30 OPEN /19:00 START
チケット料金/前売¥1500 当日¥2000(1drink order ¥500)

出演(予定出演順);

meltcompトワトワ座ねじ式、QQQ、progressionドグラマグラ|Uniq゛est |

0

2007/4/9

[観戦記]Organ Trio  LiveReport

昨日は久しぶりにジャズライブでまったり。

徳永英彰(guitar)flomL.A.
中村佳江(organ)
田川誠一(drums)
(要はかみさんのライブなんですけどね。)

ゆったりまったりくつろぎました。

温かく包み込むようなギターの音色。指弾きでノンエフェクト、そして丁寧なので音の輪郭もクリアで聴いている方に決して緊張を与えない。いいなあ〜〜〜

オルガンがバージョンアップしてからは初のライブ。演奏も楽器も低音が更に安定してバンド全体を引き締める。オリジナル曲が軽快。いいなあ〜〜〜

ソフトで大きなGrooveを生み出すドラムス、楽しそうに叩く姿を観ているとこっちまでもが楽しくなる。いいなあ〜〜〜

おまけ;謎のバスクラリネット奏者を交えてのアフターセッションも楽しかったな〜〜〜。

お客さんの入りは残念だったけれど、今年はもう少しライブを増やしたいそうだ。僕にはない温かい音楽。たまには癒されながら演奏を聴くのも幸せです。
0

2007/4/2

カンブリア宮殿  Electoronics/IT/Business

硬派な番組だけど1時間釘付けだった。

カンブリア宮殿

ソニー元CEOの出井さんがゲストでした。

「出井伸之が語る、電機産業の“悩み”と“未来”」

現在は、時の人、という感じではないけれど、CPU速度速いね、そして鋭い。

「社長の暴走をとめるにはどうしたら良いですか?」

「恐らく現場を知らない、二代目社長か何かでは?即刻、会社を辞めるべきですね。人を変える事は難しいですよ。そんなことより、自分のバリューアップを考えた方が良いのでは?」

色んな意味で大笑いした最後の場面でした。

ちなみに、観客100人は殆どなんにもしない。もう少し質問や対談コーナーあって良いと思った。
0

2007/4/1

猫は嘘をつかない  

今日は、エイプリルフールですが、猫たちは嘘をつきません。安心して癒されます。

いつもの美容院で妻と一緒にカット。
今日は、里親募集はしていませんでした。

昨日買ったデジカメで早速、猫たちの専属カメラマンに専念する僕。(写真集はこちら)
えさを与え、鳴き声の掛け合いを楽しみ、のどをゴロゴロと触る。約90分間の癒しの時間。ゆったりとした時間と空間。たまにはこういう時間も必要ですね。

↓ププ(左)とさくら(右)。
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ:  cat 写真

2007/4/1

デジカメ購入!  Electoronics/IT/Business

デジカメ買いました!

以前のブログにも書いた通り、Sony Cyber-shot DSC-T100 の"赤"を購入。そいでもって、ワイドエンドコンバージョンレンズVCL-DE07T
も注文したので、広角側27mm(35mmフィルム換算)まで視野が広がる。これで、狭いライブ会場で後ろに下がらなくても、ステージ全景を撮れるかもね。新しい世界が開けると楽しいな!

それにしても、小さくて軽いし、今まで持っていたもの(下に少し思い出など)と比べるとパフォーマンスは桁違いにアップ!

但し、おそらく、ネットに画像をアップロードする事が前提で使用するので、解像度は、VGA(640*480)で使用すると思います。800万画素のデジカメなんだけど、VGAの時はCCDはどのように使うのだろう?

今まで、使ってたのは、2001年に会社を辞める時に、送別の品として下さった、やはり、ソニーの、DSC-S30。僕のデジカメライフの原点です。画素数だけだと最近の携帯電話内蔵のカメラより少ないけれど、やっぱり専用機の方が画質は良かったと思っています。ただ持っていても仕方ないのでとりあえず手放します。ご苦労様でした。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ