nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2006/8/31

Electric Ascension(Rova/Orkestrova)  CD/DVD(Music)-Report

Electric Ascension

Coltraneが高らかにフリー宣言したあのアセンションを題材にしてROVAという
SAX-QUARTETとオルタナ系(?)の錚錚たるゲストミージシャンが1時間以上の壮絶なライブパフォーマンスを繰り広げるというとんでもないCD(本家の感想はこちら)。

全体的にはあの雰囲気をしっかりと再現している。テクニカルなのにエモーショナル。暗いのに楽しくなるのは何故?何度聴いてもありえないテンションの高さにのめり込んでしまう。もう2週間聴き続けているのだ!

ギターが凸凸としたフレーズとノイジーなフィードバックを使い分けトランス状態に陥る。リバースディレイ?をかけた様なエレクトロニクス音がタイムトリップを起こす。ソプラノサックス(この奏者の音色とフレーズが大好き)にバイオリンが妖艶に絡む。バイオリンとバイオリンがのこぎりと火花を連想させる一方、ドラムスが荘厳に響きわたる。もちろん各サックス奏者は僕の日頃のうっぷんを晴らしてくれるのに十分な昇天ぶりなのは言うまでもない。そしてやってくるのは集団即興である。この展開が実にスリリングでとても快感なのだ。

エンディングも素晴らしい。あの混沌のテーマで一気に激しく上り詰めた後、管の息使いとエレクトロニクス音の余韻が、静寂と美の世界を提示して曲は終わる。素晴らしさを象徴する大きな歓声と拍手。圧倒的な感動!

混沌で無調和でノイジーな音に全く拒否反応なく聴ける方で、複数のサックスの奏でる不協和音に興味のある方は是非聴いてみて欲しいです(^O^)

このCDにも参加していて僕の尊敬するミュージシャンの一人である大友良英さん自身のblogで演奏の意味を若干マイナスに捉えているけれど、正直言って日本でこういう演奏の企画があったらまじで参加したい。
0

2006/8/30

CD製作(O.G.D./060513)  CD/DVD(Music)-Report

妻のライブと僕自身のライブは時々録音してはCD化する。
本作は、5/13の、妻(organ)のライブ O.G.D./060513 です。

でも自己満足の非売品です。
前もこのblogで書いたような気がするけど
1)DATでライブ録音
2)Macintosh iBook/ProToolsLE(これも全く使いこなしておらず宝の持ち腐れである)で音源を取り込む
3)曲の切れ目を地道に探し、ファイルを曲毎に分割する。
4)場合によってはフェードイン/フェードアウトを施す(他の加工は面倒だし、センスもないので行わない)。
5)AIFFファイルにバウンスする。
6)iTunesに取り込む
7)CDに焼く
8)CDジャケットを作る(毎回、同じフォントに同じ配置、そして比較的新しい猫の写真を取り込む、というわけで芸がない。)
9)いちおう、非売品を明記してHPに掲載する。今回はこんな感じ

要は、CDを作成する行為自体に達成感を得るのです。
もちろん記録として思い出として反省材料としての役割も大きいです。

でも、最近、売るためのCDも製作してみたいな、と思い始めました。
ゆっくり構想を練りたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/8/28

色々考えちゃう  Electoronics/IT/Business

Sonyのバッテリーリコール問題。色々考えちゃいます。
事実はこの二つ。
・Dell:バッテリの自主回収
・Apple:バッテリー交換プログラム

僕は、Sony&Appleファンなんです。だから複雑な心境。このblogでもiPodとWalkmanの事とか、CCD不具合の事とか書いてきました。
CCD不具合の時には、各カメラメーカーからはSony製である事は告知されなかったのですが、今回は、はっきりとSonyのバッテリーセルと記載されています。
Sonyは本当に大丈夫なのでしょうか?
(実は、自動車やエレベーターや湯沸し器でも人命に関わる事故が多発しててSonyだけの問題ではないような気もしますけどね。)

一方、明るい話題もちょっと(これも喜んでばかりではないのが厳しい)。
Sonyの一眼レフデジカメα100好調なそうです。発売直後の瞬間最大風速でないことを期待するだけですが、実は、既に、キヤノンやニコンが巻き返しに同一ユーザー層を狙った製品を!
デジタル一眼レフカメラ「ニコンD80」の発売について、しかも、イメージキャラクターに木村拓哉だって。
キヤノン EOS Kiss Digital X

製品のライフサイクルが短くなり開発期間も短くなる。
その中で、高性能を目指し、信頼性も確保する必要がある。
でも、企業側は、フレキシブルな(いつでも雇用を解除できる)人材を求め、アウトソース(派遣)に代表される非正規社員を増やしていく。その結果、モチベーションを落としたフリーターやニートが増加する(断っておきますが、中にはしっかりと志を持った方も大勢いらっしゃいます)。
一方、教育現場では英語や古文・漢文を小学校で導入しようという動きが。全てを否定するつもりはないけれど、人格形成が先だと思います。犯罪のまん延、若年齢化。社会の基本的ルールを守らない人のなんと多い事か!
一方、世界に目を向けると貧困と戦争。
僕の力ではどうする事も出来ないけれど、たまにはこういう事を論じても良いかな、って思います。

なんか、Sonyへの危惧を書くつもりが、社会問題になっちゃいましたね。
え?人の事よりまずは自分の事を気にしたら?
あ、そうですそうです。

でも、社会は循環してますからね。独りよがりでは駄目だと思いますよ。
0

2006/8/26

花火×バスクラ×大濠公園  MusicDiary

なかなか、面白かった技術セミナー。
さて、大濠公園へ!
今日は、楽器持参のため自家用車!
しかし、百道浜はソフトバンク戦終了後で大渋滞!
あちゃー。

やっと渋滞を抜け大濠公園に向かう途中、今度は思い出した。今日は、舞鶴公園で花火大会があったような。。。案の定、大濠公園駐車場手前はまたもや渋滞、そしてやはり、第27回中央区市民フェスティバル開催中でした。でも駐車場は「空車」の表示が。おお、良かった、良かった。

色々とハラハラしたせいで、モチベーションが上がった状態で、バスクラリネット公開練習開始!
お祭りとあって、舞鶴公園(大濠公園の隣)からは、盆踊り風音楽が大音量で「月がぁ〜出た出ぇた〜」。はは、負けじとアバンギャルドに責めますよん。しかも、通行人が多い多い。私は演りまくりました。

一、フリーでアバンギャルドに、まずは暴れる
弐、メロディアスに情感を込めて過ぎ行く多くのカップルに捧げる
参、メカニカル&テクニカルエクササイズ
 ※テクニックはないですが(笑)
四、呼吸を意識し腹の底から芯のある音を出し、爽快感を味わう。
五、花火が上がり始めたので、少しだけ花火と対話を試みる。


途中、一組のシニア夫婦が声をかけて下さる。「サックスですか?」「いや、クラリネットです」「クラリネットなんですか???」「大きいクラリネットです。バスクラリネットという楽器です」「ああ、それで低い音が出るんやの?」「はい、そうです」「良い音が出とる」「有り難うございます」嬉しい。

帰宅してビールを飲んだのはいうまでもない。

※今日も携帯で花火の写真撮ったけど、駄目だったのでアップロード禁止。
代わりにマイバスクラリネット"YAMAHA YCL621"の写真を掲載します。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/8/25

大濠バスクラインプロビゼーション  MusicDiary

明日は雨は降らないですよね〜〜〜

夕方まで技術(何の技術?)セミナー受講してそのまま大濠公園に向かう予定です。

バスクラリネット、準備完了!
大濠インプロビゼーション!

※なんだか、わざわざblogに書く事でもない気がしてきた今日この頃。
0

2006/8/23

Why do you study English?  日記

I have three reasons.

First, it is necessary in my job. For example, I must read some technical specifications for IC chips written in English. Perhaps, I must talk about business in English.

Second, I like music. And I play music. But, it is difficult to find musicians I can play with in Japan, because my music is underground and avant-garde. So, I want to communicate with foreign musicians.

Finally, this is very important, I enjoy conversations with students and teachers at the English lesson.

------------------------------
なお、これは英語の勉強を兼ねています。但し、未添削なので表現とか文法とか間違っているかもしれません。気付いた方は遠慮なくコメントして下さい。
0

2006/8/22

blogサイトのメンテナンス  Electoronics/IT/Business

昨日はこのblogも管理サイトのメンテナンスによりアクセス出来ませんでした。訪問いただいた方、申し訳ないです。

blog管理サイトの説明はこちら

まあ特に困ったわけではないですが、もう少し、影響の少ない時間帯を選んでやって欲しかったです。

ただこれを書いていて思いましたが、影響の少ない時間帯っていつ?
会社なら、定時後とか休日対応、あるいは、事前告知により調整できた場合は、長期休暇前最終日とかにやるんだろうけど。。。
こういう公共サービスの場合は?

僕の感覚だと深夜なんだけど、実は深夜の方がアクセス上がってたりして。。。
暇な僕はこのblogの時間帯別アクセス数を調べてみました。
調査期間;2006年6月22日〜2006年8月22日
総アクセス数;2434
結構、深夜というか早朝アクセスも多いようです。みなさん、早寝早起きしましょうね(笑)

−−−−−−−−−
0-2;12.5(%)
2-4;5.4(%)
4-6;2.9(%)
6-8;3.7(%)
8-10;6.3(%)
10-12;8.4(%)
12-14;9.3(%)
14-16;7.7(%)
16-18;8.8(%)
18-20;9.3(%)
20-22;11.3(%)
22-24;14.3(%)
0

2006/8/19

SUSTO 菊地雅章  CD/DVD(Music)-Report

ススト 菊地雅章

バンドのライブに出演した翌日、このCDが聴きたくなった。聴きたくなった理由は二つ。
理由1:なんといっても格好良すぎる、ヒップでホップなビートにクレイジーなソロ。
理由2:大人数という共通項があってバンドサウンドの参考になる。

これが1981年(マイルスが復活した年)だから恐るべし。
"Circle/Line"(8分の7拍子!);永遠のグルーブパターンにノタウチまわる。途中の間奏はいったいどういう精神状態でアレンジ?コンポーズ?インプロバイズ?されたのか凡人にはとても理解出来ないがあまりにやばいのでトランス状態に陥りそうになる。そして大人数の編成によるファットなサウンドとそれでいてスペーシーさを両立させた大きなグルーブ感はありえない領域に到達している。この曲は近年、菊地成孔がDCPRGで取り上げたりしていてClubMusicとして再評価されているようです。
"City Snow":ゆったりとした展開の中でDave Liebman(アルトフルート)と菊地雅章(エレピ)が美しく奏でられ、心地良くなった僕はビールが飲みたくなる。
"Gumbo";とってもファンキーでポップなレゲエ。Steve Grossmanがテナーサックスでフィーチャー。この投稿を書きながら僕は腰を踊らせる。
"New Native";重低音でグルーブするリズムパターンに菊地雅章のオルガンサウンドが不協和音で鳴り響き、日野皓正がフィーチャーされる。朗々と伸びやかなアドリブフレーズが高らかに歌い上げられる。そして間奏部分の決めからどこからともなく、不気味に現れてくるDave Liebmanのソプラノサックスが切れ味鋭く暴れまくる。良く聴いてみると僕は彼のソプラノサックスには随分影響を受けてる気がして、ついついこの曲をリピートしはにかむ。※そういえば日野皓正も同じ路線のアルバム出してたなあ(探したらLP"Double Rainbow"があった!)。

成り行きで各曲毎の感想になったけど、もちろんアルバムとして全体を聴かれる事をお勧めします。ドラムスやパーカッション、ベースのリズムグルーブは本当に脅威です。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/8/18

台風  日記

仕事終わってバス停向かうだけでずぶ濡れ♪それに停まっている事が難しいほどの風。職場、海沿いですからねぇ。気を付けて帰ります&皆さんも気を付けて下さい!
0

2006/8/15

夏の夕暮れに演る即興  MusicDiary

長いタイトルにしましたが何のこっちゃない、大濠公園でのソプラノサックス公開練習を演ってまいりました。

暑い!ので日陰のベンチに陣取る。

今日は、メロディアスな演奏もしつつ、かなり、アバンギャルドで激しい演奏もして通りがかりの人を寄せつけない(笑)。
また、グロウルトーン(唸りながらサックスを吹く奏法=ヤマハで習ったぐらいだから珍しい奏法ではない、と思う)を多用した怪しい演奏も練習した。

少し日が暮れ、風が心地よくなって来たので、池の傍に場所を移動し、池の方を向いて、吹いてみる。気持ち良いですね〜〜〜

なんか家で練習するよりずっと達成感が得られるし、人目を気にしなければ思いきったフレーズも全く問題ない(迷惑だったら指摘して下さいね)。日頃忙しくしているせいか、十分な息をせずにあくせくする事が多いのだが、ここではゆっくり腹で大きく息をする事が可能になり健康的でもある。なんか病み付きになりそうです(問題は寒い冬かな)!

*ちなみに携帯電話のカメラで写真を撮ったが薄っぺらい写真しかとれなかったので全て削除した。風景画はちゃんとしたデジカメ使った方が良さそうです。
0

2006/8/14

真夏の強化練習告知  MusicDiary

明日8/15は大濠公園での公開ソプラノサックス練習予定です。

暑いので夕方でしょう。

演るのは即興です♪

メロディー重視、情熱重視、リズム重視、ルックス重視、日焼け重視。。。。

どれを重視するかは明日の気分次第です。
0

2006/8/13

Anthony Guerra live(art space tetra)  LiveReport

毎回、実験的なパフォーマンスを繰り広げる、art space tetraのミュージックイベント。無名なアーチストであってもここに来れば何かしらの刺激や充足感を得る事が出来る。

なのでお盆休み初日は、Anthony Guerra liveに行って来た。

この日は、ちょうど、シンガポールから、前衛芸術家?(この辺の定義は僕もよく分からない)の Kai Lam が来て、tetraでsolo exhibitionを開催していることもあって彼も少しサウンドパフォーマンスを披露してくれた。このパフォーマンスはとても短かったけど、なかなかユニーク。洗濯機の音を拾い、一方で接触ノイズを発生しながら、それらをミックスし、楽器用のエフェクターに入力、フィードバック音や、歪み音などを発生させて行くと言うもの。音楽的ではないけれど、独特なサウンドスケープが広がっていくのを感じた。

次は、tetraのスタッフも始めたらしい 坂口壱彦 のまたまた不可思議な「夏休み」パフォーマンス。取り扱う音はとても日常的なもの。コップに飲料を入れたり、それをストローでぶくぶくさせたり(子供がよく遊ぶやつです)、コップを動かしたり。。。。主にディレイを使ったパフォーマンスだったけれど、そんなテクニカルな事より、小学校時代、外で遊んで帰って来た後、ジュースをコップで飲んだり、その後、夏休みの宿題をしたりしていたなあ、といった些細な日常の事を思い出して、懐かしくなってきた、そんなパフォーマンスだった。

ラストが、Anthony Guerraの演奏(この日唯一の演奏!であった)。ハーモニカの音をサンプリングし、それを再生しながらのギタープレイで始まる。途中からギターの伴奏がサンプリングされたりしながらも、演奏自体は極めてシンプルで癒しの音楽。最小限のギタープレイと歌での表現だけれど、上質な音楽が何かを悟っているといった感じだろうか?自分の演奏する音楽を含めて世の中には音を厚く/大きくすれば良いといわんばかりの音が氾濫する中で(全てを否定するわけではない事を断っておきます。。)その対極の音世界での表現は何かしら現代が抱えている問題点を示唆している様にも感じる(そう感じたのは僕だけかもしれないけれど)。
まあとにもかくにも素晴らしく癒された会場はアンコールを求める事になったわけである。

−−−−−−−−−−
ライブ中、及び、終演後に何人かの仲間と色々話す。音楽そのものの話が出来るこういう場がある事に凄く感謝しつつ、音楽感から垣間見えるその人の価値観などもとても参考になり勉強になる。
0

2006/8/13

フリーインプロセッションその3  MusicDiary

昨日は昼からフリーインプロビゼーションセッションその3。
その1のレポート と その2のレポート も参考にどうぞ。

third eye dub for dimensions
というバンドになんとなく参加するはめになったのもこのセッションがきっかけ。

今回はドラムス担当がタブラを持参、新たな生命を注いでくれました。
メンバー;kmmr(g)、NJOROGE(ds、タブラ)、僕(ss,bcl)

フリーインプロとは名ばかりの同じパターンの繰り返しに終始する事のなきよう常に新しいイマジネーションを持ってこれからも活動続けたいと思っています。

なのでモチベーション維持のために、そろそろライブ出演を考えても良いかな、と思います。完全フリーインプロビゼーションが信条ですから、失敗と成功が同居すると思うけれど、毎回「変化」して「成長」していく姿をお見せ出来れば良いと考えます。

ちなみに、個人的には良い感じになって来た、と思います。録音したのでまたプレイバックをゆっくり聴いて反省しようと思います(良い演奏があればMP3を公開する予定でいます)。

というわけでメンバーは個人練習頑張って下さい(笑)!
0

2006/8/11

真夏はビールとまたたび!  

え〜〜〜もう売れっ子かもしれません。某美容院の看板猫。

ププ(しましま)とさくら(くろ)。

今日は週末&最終予約という事もあり、ビールで乾杯(妻はお茶)!
うまいね〜〜〜

んで、猫達には恒例の またたび を進呈。後半にはビールをなめさせ、またたびとビール両方に酔わせる。夜の彼らは目がクルリンと大きく開いていて可愛い(もちろん昼も可愛い)。

ただねえ、もう一匹酔った猫がいて、台の上にある入れ物(色々な美容Goodsが入れてある)をがしゃーんと床に落としてしまいました。ごめんなさい。アハ!

本日のアルバムはこちらです

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/8/10

あなたはどんな音楽を演りますか?  MusicDiary

I say that "I play soprano-saxophone and bass-clarinet" by self-introduction at an English conversation school.

Then certainly I am asked.
"What kind of music do you play?"

But it is difficult for me to explain that.
For convenience, I can say "I play jazz", but I answer just just seriously.
"My music is strange,avant-garde,crazy in the underground performance scene"

????

at the last , I explain in this way;
"Please come to hear my performance if interested."

In brief, it is sales talk of that.
However , nobody is caught on that.
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ