nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2005/4/30

いよいよ韓国  日記

さて、いよいよ明後日(正確には明日)は韓国ソウルへ2泊3日旅行です。
宿泊はソウル在住フリーインプロ&ロックミュージシャンの佐藤行衛さん宅。お世話になります。

現地では5/2にノーチャージのライブにどうも出演させられるみたいですが(笑)。。。他には予定ありません。おいしいもの食べておいしい酒飲んでソウルの人と交流して(と書いたものの韓国語は全く話せない。挨拶すら知らない。。。)音楽を楽しむだけ。リフッレッシュしてくるぞ!

Free Improvisation at Ladyfish
5/2 (mon) pm8:00
弘大 Ladyfish Pop Hall 02-322-5355  no charge!
出演: Nakamura Yuji (from Japan), 佐藤行衛, イッタ , Ha Jane and more…
0

2005/4/20

「MAZURUの夢」林栄一  CD/DVD(Music)-Report

一人で多重録音した演奏とサックス/ツインギター/ツインベース/ツインドラムという強力ユニットMAZURUによる演奏が収められている。多重録音ではぞくぞくするサックスアンサンブルの上でソロが縦横無尽に炸裂。クインテットでは白熱のインタープレイが展開されていく。林栄一はかなりトリッキーにフリーな演奏で僕の好みにピッタリだぜ!。呆けすとらでも演奏した名曲NorthEastがともにサックスアンサンブルだけど2バージョン聴けるのも嬉しい。そしてこれまた呆けすとらで演奏した名曲Naadamは怪しいサックスフレーズで始まった後全員が一つになってたたみかけてくる。疾走感あふれるフェイバリットアルバムである。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/4/19

韓国  日記

突然思い立って5/1〜5/3と2泊3日で韓国はソウルに行ってくることにしました!
向こうでお世話になるのは佐藤行衛さん。ソウル在住のフリーインプロバイザー&ロックミュージシャン。

もちろんバスクラも持参で行きます。
向こうでセッションが出来ると思うと本当楽しみ。
ただ韓国語が全く出来ないのと、韓国での反日感情の高まりがちょっと気になるところですが、音楽は世界共通言語だからきっとうまくコミュニケーションとれると思っています。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/4/9

Loose Community by 大友良英  CD/DVD(Music)-Report

大友良英(turntables,g)、Park Je Chun(per)、Mi Yeon(p)
Günter Müller(electronics,selected drums[1])、田中悠美子(futozao shamisen[2])、Sachiko M(sinewaves[1,2,4])


無機質でいてしかし有機的、この相反する概念がまるで結合したような演奏。はっきり言って今まで経験した事のない世界。大友良英が韓国の即興演奏家と繰り広げたセッションを納めたCD。静寂の世界と混沌の世界とが行き来し、ゆらゆらさまよう。感性を研ぎ澄ませてみると色んな情景が浮かんでくる。風の吹く野原、キャンバスに絵を書く画家、夏の静けさ、戦場に向かう前の戦士達、大地の唸り、僕が演奏している姿、嵐、嵐の後の不気味な静けさ、再び押し寄せてくる悪の手、クライマックスは混乱で幕を閉じ、そしてまさにこの音源を演奏している音楽家達。病み付きになりそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/4/7

沖至ユニット・ライブ  CD/DVD(Music)-Report

日本からフランスに渡り長年活躍してきたトランペッター沖至の新宿ピットインでのライブCD。フリーインプロビゼーションあり、詩の朗読あり、スタンダードあり、高速4ビート、16ビートありと内容はとてもバラエティに富んでいる。一曲目「ByeByeBlackbird」冒頭ではベースのアルコソロからフリーインプロビゼーションが繰り広げられた後にテーマ。なかなかドラマチックである。ラスト「LikeSomeoneInLove」でのソロ並びに4バースが各プレーヤーの個性(InとOutの対比)が出ていて面白い。そういえば沖は時折笛を吹いている。これがまた素朴でなんとも言えない雰囲気を出している。それと三曲目、白石かず子の詩とのセッション、このインタープレイもなかなか面白かった。なお、ピアノともう一人のトランペットは藤井郷子と田村夏樹である。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/4/3

CD製作中  MusicDiary

えーと、3週間ぐらい前から、かみさんの八幡(2005/2/7)でのライブ音源をCD化する作業をしています。
ProToolsというソフトとMboxというハードを使って作業していますが、これがまた原因不明のエラーが頻発するのでなかなかはかどりません。まあでも地道にやるしかありません。
それと、音源はMDで録音しています。そのせいかDATで録音したときよりも若干荒いって感じがしています。まあそれも仕方ありません。
あと、いつもライブ録音で悩むのが録音レベル。録音位置はライブハウスによって変わるし、その日その日で演奏者側のセッティングも変わるんでこれがなかなか難しいです。それにマイクのダイナミックレンジがどうしても物足りない。やっぱOnePointStereoMicrophoneじゃなくて、ちゃんと、二本マイク立ててマイクアンプなんかを通して録音するのが一番なんだろうけど金銭的な余裕とセッティングの事を考えると現実的ではありません。
というわけで、いつもなかなかうまく録音できません。
しかしながら、今回の演奏はなかなかファンキーだし期待できる内容です。一般に販売するような事は全く考えていないけれど、まあ自己満足の世界ですね!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ