nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2011/11/28

【御礼】capture sound and photo improvisation #capture_111126  LiveReport

11/26のイベント capture sound and photo improvisation に関わって下さった全ての方々に感謝いたします。
少しでも楽しんで頂けたなら嬉しいです。

そこに場所があり
そこに人がいて
そこに音があり
そこに画像がある。

機材が多くなりすぎたり
MacBookProがたくさんあったり
元映画館にあったスピーカーで音を鳴らしたり
生楽器を鳴らしたり

デジアナ混在サウンドを鳴らしたり
サンプルをバックに即興したり
全力でつまみを回したり
精魂尽き果てたり

さて、captureはどこに向かうのか?向かわないのか?
でも、全てが capture☆
音とアートと実生活と。

色々考えます。

なお、Kudo Suzuさんの個展は引き続き開催中で、12/3にはクロージングパーティも開催されるようです。

写真と音も近日公開予定。
シバラクオマチクダサイ☆
-----
togetterでのtweetまとめ


-----
2011/11/26(Sat)
IAF SHOP*

[Sound]
かっぱ(noise)
capture
 中村勇治(ss,bcl,etc.),稲益健太(voice,etc.),越出健治(guitar,etc.)
source 
 Yosuke Ide(bass,laptop,etc)、Gensaku Shirabe(bass,mpc2000xl,laptop,etc)

[Photo]
ニホヒロノリ
capture photo projection system programming by nakamura yuji

同時開催中
タイトル:<視覚/死角>−object 
作家名:Kudo Suzu
期間:11月17日(木)〜12月4日(日)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ