nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2011/10/10

re:re:freq  LiveReport

音・映像・テクノロジーをテーマにしているイベントだそうです。
アナログなディジタルとディジタルなアナログとなんやかんや☆

集中したり、外で話し込んだりして、
そのくせ、パフォーマンスの内容は刺激的で、
下らなかったり(←良い意味)、洗練されてたり。

音源は木琴のみのアナログシーケンサ

小柄なお兄さんのノリが面白い
操作と音が同期しないけれど、そこに大きなビートが発生する。

ノイズ、光、低音

Mac OS自ら意志を持ってしまったのか?

楽しい楽しい堀尾寛太君。
その場での理科の実験がそのままパフォーマンスとなる。
音を出す仕組みに無限の可能性を感じる。

知った顔と久しぶりの顔と
どこかで会った事のある顔なのに思い出せなかったり
でも楽しかったな☆



-----
re:re:freq
2011.10.8.sat
COMMENT ALLEZ VOUS

[Presentation]
松尾謙二郎(invisible designs lab.)
Kyle McDonald

[Performance]
The Durian Brothers(Duesseldorf/Germany)
近藤テツ
城一裕
Lighting Choreographer
エキソニモ
heirakuG(yamaguchi)
堀尾寛太

[Opening Movie]
早川貴泰

[Graphic Design]
宇佐美毅

[Ustream]
FFFTV
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ