nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2005/4/9

Loose Community by 大友良英  CD/DVD(Music)-Report

大友良英(turntables,g)、Park Je Chun(per)、Mi Yeon(p)
Günter Müller(electronics,selected drums[1])、田中悠美子(futozao shamisen[2])、Sachiko M(sinewaves[1,2,4])


無機質でいてしかし有機的、この相反する概念がまるで結合したような演奏。はっきり言って今まで経験した事のない世界。大友良英が韓国の即興演奏家と繰り広げたセッションを納めたCD。静寂の世界と混沌の世界とが行き来し、ゆらゆらさまよう。感性を研ぎ澄ませてみると色んな情景が浮かんでくる。風の吹く野原、キャンバスに絵を書く画家、夏の静けさ、戦場に向かう前の戦士達、大地の唸り、僕が演奏している姿、嵐、嵐の後の不気味な静けさ、再び押し寄せてくる悪の手、クライマックスは混乱で幕を閉じ、そしてまさにこの音源を演奏している音楽家達。病み付きになりそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ