nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2011/2/27

作家池田龍雄が語る見どころトーク3(3号倉庫) @fukuoka_kenbi  Art

まだ県立美術館の展示を観ていませんが(でも会期中に必ず行きますが)、大好きな3号倉庫でのトークなので出掛ける。
途中の大雨の音を聞いて、バスで来て良かったとほっとしながら長丁場を乗り切る。
いや、池田龍雄さんって、1928年生まれだから、御年80歳以上だ。
長丁場だなんて失礼だった。。

ほぼ最終盤の言葉:
「絵は絵としての世界を持っている。」
という言葉が物凄く説得力を持っていて、思い切り頷く。

芸術って正解がないから面白いし、それこそが芸術の醍醐味なのかも。
*と書きながら仕事だって正解は一つではないもんな〜とか思うのもまた事実。
アバンギャルド、前衛という僕の中でかなりの重みを持ったキーワードが何度も出てくる。
絵の事、舞台の事を例に話されていたが、当然音楽の事にもそのまま当てはまる、と思う。
写真も撮って良いですよ〜一緒に撮影するのも構いませんよ〜という人柄。

クリックすると元のサイズで表示します

以下、池田さんの言葉からキーワード的な言葉を列挙します。
*孔は気になってたんだよね〜〜

絵は空間によって変わる
何がわからないかわからない
具象から抽象へ。対象物が何なのかわからない。
生きてる事を実感したい、時間に関わりたい
光、重力、時間。物理的概念と美術の結びつき。
線と面と色。

2005年にこの場所は水没する。by芥川さん
孔はブラックホール。ブラックホールは別の世界(ホワイトホール)に繋がっている。ブラックホールはあの世、人間の死。
立体も平面も一律に考える
絵は絵としての世界を持っている。

-----
作家池田龍雄が語る見どころトーク3
共同アトリエ・3号倉庫
2011.2.27
主催:福岡県立美術館 / 協力:3号倉庫
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ