nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2006/1/14

Six Little Pieces for Quintet (Sven-Ake Johansson)  CD/DVD(Music)-Report

Six Little Pieces for Quintet(by Sven-Ake Johansson)

とても僕好みの音楽だ。初めて聴いた時、なんとなくEric Dolphyの"OutToLunch"をイメージしたのだけどそれは全編にわたってフィーチャされその独特な音色と旋律を奏でるバスクラのせいかもしれない。
編成はピアノトリオにトランペット、バスクラとまあオーソドックス。
しかしヨーロッパの多分アングラなミュージシャンによる演奏だ。物凄いテンションの中、危機迫る演奏が繰り広げられていく。そして各々のユニークなアプローチのインプロビゼーションによる自己表現が物理的空間に存在するキャンバスを彩っていく。CDの再生が終わった後も効果的な余韻が残り満足感がじわじわっとしみ込んでくる。
録音も素晴らしく個々の演奏の輪郭がはっきり聴き取れる。出来ればもっと音量を上げたいところだ。このレーベル"hatOLOGY"は取り上げるミュージシャンも個性的であり要注目だ。

ちなみに、このCDを購入した時の第一印象は こちら 。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ