nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2010/11/14

konya2023 ARCHIVE [2008-2010] 「記憶と記録」展  Art

たくさんのブラウン管テレビが記憶を再構築したり変調したり。

記憶へのアクセス方法は色々あるんだ。
テレビ、City情報Fukuoka、新聞、インタビュー、人から人への口コミ、言い伝え、写真

新聞が置いてある。
1965年(僕が生まれた年)の各月の1日。
1966年(僕が生まれた次の年)の各月の2日。
1967年(僕が生まれた次の次の年)の各月の3日。
以下省略(当たり前だ。きりがない。)

年表に書き込む。本名は気が引けたのでtwitterアカウント名で書き込む。
1965/7/15;僕の誕生日。
2010/11/14;今日の日付だ。

入口付近に、ノイズを発するブラウン管テレビが数台。

------
konya2023 ARCHIVE [2008-2010] 「記憶と記録」展
2010年11月12日(金) - 12月12日(日)
konya-gallery
主催 :「定点観測ーマエを解てサキを観るイマ」展実行委員会
助成 : 財団法人 福岡市文化芸術振興財団
後援 : 福岡市、財団法人 福岡市文化芸術振興財団

------
観覧後は、警固で最近オープンしたらしいカフェというかバーに行く。
コーヒー一杯で帰るつもりが、いきなりビールを注文し、
ビールおかわり、ホットラム、オニオンスープまで頂いて、すっかり長居。

このところ激務でしたが、
趣味の会う最近色々なところで会う彼と色々な話(Jan GarbarekやBrigitte Fontaineの音楽の話だ)をし、
彼女が店員で僕が客という昔の関係が復活する事になった。
癒された。

また行きますよーーーー♪
UBUDO de Cafe d'OEuf(中央区警固1-5-23)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ