nakamurayuji.com
スパム対策として、コメント・トラックバックは内容を確認してから掲載します

2006/1/4

鉄道員(ぽっぽや)  Movie

鉄道員(ぽっぽや)

昨年の正月明けぐらいにビデオに録画していた映画をやっと一昨日観た。

静かに、暗く、ゆっくりと、味わい深く、ストーリーは進んでいく。
高倉健の圧倒的な存在感。

現在の日本が忘れてしまっている何かが示唆されている。
でも、それを全ては受け入れられない現実。
そんな事が交錯しながら、これからの事を色々考えてみる。
結論は出ないのだけど。。。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ