2006/8/29 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今日の和菓子は「初雁」です。京都ではまだまだ残暑が厳しいですが、暦の上ではもう秋に突入しているんですねぇ。教室で出してくださる和菓子は暦の季節に則ったものですので、季節の移り変わりを思い出させてくれます。お菓子のほうは薯蕷饅頭でしたが、最近は食べるのが苦にならなくなってきました…(^_^;)

さて、お点前の方は引き続き「15番」の茶箱点前です。前回も書きましたが、最近かなり忙しくて、全然復習が出来ていません。以前は稽古の前に2、3回イメージトレーニングしてから行っていましたので、結構トントン拍子に進んでいましたが、最近は1週間ぶりのぶっつけ本番ということになってしまい、いざやるとなると全然手順が分からなくて、アセリまくりとなっています…(^_^;)

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと今回は写真を撮ってきましたので、一枚掲載しておきます。これが茶箱の中身なんですが、さらにこの上に中駕篭を載せまして、その上から蓋をするという入れ物です。このセットを持っていけば、どこでも美味しいお茶がいただけるという訳で、いつかハイキングなどに行った時に楽しみたいですねぇ


2006/8/22 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今日の和菓子は「楓」です。見た目の通り少し堅めの寒天というか、ゼラチン状のお菓子でして、非常に風流さを感じさせるものでした。夏の一夜に美味しい和菓子とお茶をいただく贅沢は、ちょっとしたジャパニーズ・ロマンス?です。

さて、お点前は「15番」茶箱点前の3回目です。最近かなり忙しくて、3週間ぶりの稽古となってしまいました。しかもお点前が今迄とはかなり趣の違うお点前ですので、すっかり忘れてしまっていました。最初にやったはずの仕覆の包み方、解き方すら全然覚えていなくて、いざ稽古が始まると頭の中が全くの白紙状態となってしまい、またもや先生に横についていただき、一からやり直しとなりました…(^_^;)


2006/8/1 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今日の和菓子は「打ち水」です。またもや寒天状のものが散らしてありますが、これが打ち水を表現しているようです。表面は柔らかい「きんとん」ですので、先生が崩れないように、お菓子を持ってこられるのに、ご苦労されたようです。中は結構しっかりした粒餡でして、表面が柔らかい分、中は若干堅めの餡を使うのかも知れません。

さて、お点前の方は「15番」茶箱点前の2回目です。前回は仕覆という布捌きに終始しましたが、今回は先生に付きっきりで横についていただいて、始めから終わりまでお点前を通しました。このお点前は最も長時間のお点前の一つらしく、終わったときは久しぶりに立てませんでした(^_^;)

お点前の途中で写真を撮る暇がないので、まだ撮影していませんが、この茶箱は今までの道具の中でも、最もプリティ&ラヴリーな道具です

この茶箱は携帯用で、これだけ持って野外でのお手前が可能とのことで、先生のお話では、煎茶道具としてこれを初めて購入される方が多いそうです。その気持ちは大変良く分かります(^_^;)


2006/7/25 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今日の和菓子は「朝顔」です。本当に夏真っ盛りの雰囲気になってきました。表面に透明な寒天状のものが散らしてありますが、どうもこれは朝顔にかかる露を表現しているようです。表面は練り切り、中は漉し餡でした。

さて、お点前の方は「17番」を脱出しまして「15番」となりました。番号が戻っていますが、「15番」は茶箱を使用するお点前でして、他の人が茶箱を使ってお稽古をされていたので、私はそれを飛ばしていましたので戻ってきた訳です。このお点前では、茶宝(お茶を入れる急須の事)が仕覆(しふく)という布に包まれていますが、今日はその仕覆の包み方、解き方のみに終始しました。これは相当長時間のお点前になりそうです…(^_^;)


2006/7/11 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今日の和菓子は「せせらぎ」です。先々週の「夏衣」と同じく、寒天状の衣に包まれたもので、見た目が涼しげで風流でした。包まれている餡はお茶が練りこまれた漉し餡で、ほのかにお茶の香りが漂っておりまして、口に入れるとその風味がひろがります。

さて、お点前の方は引き続き「17番」です。なんだか相変わらずピンボケなんですが、ついに器局の中を撮影してきましたのでご開帳です。

クリックすると元のサイズで表示します

とまあ、こんな感じに上下2段になっていまして、下の段は水が入っている「水注」や「茶巾筒・盆巾筒」がセットされています。あと、上の段には色々なお点前道具が入っていまして、扉を開けてから、上の段のお点前道具をお盆ごと取り出してお点前開始となる訳です。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは取り出したものを上から撮影したものです。こじんまりとした中に必要な道具が全部入ってまして、こういうのを見ると本当にママゴトに似ている気がしてきます(^_^;)。案外、煎茶道は小さいお子さんがやると、ハマルんではないかなぁと思う今日この頃です。


2006/7/4 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今日の和菓子は「糸巻き」です。七夕の織姫にちなんだものとのことで、風流ですねぇ。細工が結構細かいですが、表面は練り切りで、中は白の漉し餡でした。

さて、お点前の方は先週に引き続き「17番」の器局点前です。今日こそは写真を撮るぞ!と気合を入れて臨みましたが、ピントを「接写」に設定したまま撮影していたようで、見事にピンボケ写真ばかりとなってしまいました(苦笑)。という訳で、使い物になるのが開始前の一枚だけですので、それを載せておきます。さて、器局とはなんぞや?ということですが、右側の茶色の木箱が「器局」で、別名は「茶箪笥」。中に色々な道具が入っていますが、詳細は次週のお楽しみということで。

クリックすると元のサイズで表示します

2006/6/27 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今回の和菓子は「夏衣」(なつごろも)です。このタイプは初めて見ましたので、ちょっと意表を突かれた感じで嬉しかったです。表面を包んでいるのは寒天か葛かよく分かりませんでしたが、プニプニとした弾力性がありまして、中の漉し餡とのコントラストで食感が楽しめました。

お点前のほうは先週から引き続き、「17番」の2回目です。器局の写真をまたもや撮り忘れたので、説明は省きますが、「16番」のお点前では、ちょっと特殊な茶托の取り方をするところがありまして、この「17番」のお点前ではそれが元に戻るんですが、結構皆さん最初は間違えられるらしく、私も例に漏れず、頭がこんがらがって間違ってしまいました(^_^;)


2006/6/20 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今日の和菓子の写真はアップですが、見ため通り「鮎」です。5月30日にも薯蕷饅頭の「鮎」が出ましたが、今回は練り切りで、中は漉し餡でした。ちなみに上に乗っている透明の粒々は寒天です。なんとなく初夏を感じさせる色彩で、見た目に涼やかでした。

さて、今回からお点前の方は一つすすんで「17番」となりました(ちなみに15番は飛ばしたままですが…)。このお点前は「器局」という道具を使う屋外用のお点前だったりしますが、ちょっと写真がないと説明が難しいので、また写真を撮った時に説明したいと思います。

話は変わりますが、煎茶を稽古している施設では、書道なども稽古しておられて、部屋に飾られる掛け物なども、そこでの作品だったりするようです。今日は色紙が飾られていましたが、何と読むのかさっぱり分からず、皆で「何と読むんでしょうねぇ?」と首をかしげていました。写真に撮ってみましたので、判読できた方はご教示下さいませ。

クリックすると元のサイズで表示します


2006/6/13 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今日のお菓子は「水牡丹」です。これも実は1年ぶりの再会です。表面に透明な膜のようなものがありまして、最初は葛かと思いましたが、食べてみると、どうやら寒天のようです。その下は練り切りで、中は白の漉し餡でした。夏向きの涼しげな風情のあるお菓子です。

さて、お点前の方は引き続き「16番」です。自分で言うのもなんですが、結構様になってきた気がします。冷煎淹れのお茶の分量も、カンが働くようになってきまして、美味しくはいっている気がします。

以前、ペットボトルで冷煎のお茶や紅茶を淹れていましたが、その時は一晩ぐらいおいておかないと、あまり味が出ていない気がしました。しかし、今のお手前では長く見積もっても5分程度しかおいておかないので、これで美味しくお茶がでるのが、少し不思議です。

先生曰く、温度が低いのでスッキリとした飲み口にはなりますが、旨みはナカナカ出ないとのこと(無理に出そうとすると渋くなる)。確かに言われてみればそんな気もします。どうやらお茶に含まれるアミノ酸の溶け出す量に関係するようです。


2006/6/6 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今日の和菓子は「早苗」です。近所に田んぼがありませんので、今がどんな状態か分かりませんが、確かに今ごろは小さい苗の季節のような気がします。表面はきんとんで、中はつぶ餡でしたが、今日は先生が崩れないように気を付けて持って来られたらしく(^_^;)、苗らしさがよく出ていました。

お点前のほうは引き続き「16番」の冷煎点前です。既に4週目に突入していますので、順番のほうは、あらかたマスターしました。後はお茶の味の方を美味く淹れたいところですが、今日は思いのほか?うまくいきまして、心の中でガッツポーズでした。いつもこれぐらい出来れば、大満足なんですが…(^_^;)





AutoPage最新お知らせ