煎茶道56回目

2006/7/11 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今日の和菓子は「せせらぎ」です。先々週の「夏衣」と同じく、寒天状の衣に包まれたもので、見た目が涼しげで風流でした。包まれている餡はお茶が練りこまれた漉し餡で、ほのかにお茶の香りが漂っておりまして、口に入れるとその風味がひろがります。

さて、お点前の方は引き続き「17番」です。なんだか相変わらずピンボケなんですが、ついに器局の中を撮影してきましたのでご開帳です。

クリックすると元のサイズで表示します

とまあ、こんな感じに上下2段になっていまして、下の段は水が入っている「水注」や「茶巾筒・盆巾筒」がセットされています。あと、上の段には色々なお点前道具が入っていまして、扉を開けてから、上の段のお点前道具をお盆ごと取り出してお点前開始となる訳です。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは取り出したものを上から撮影したものです。こじんまりとした中に必要な道具が全部入ってまして、こういうのを見ると本当にママゴトに似ている気がしてきます(^_^;)。案外、煎茶道は小さいお子さんがやると、ハマルんではないかなぁと思う今日この頃です。




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ