煎茶道55回目

2006/7/4 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今日の和菓子は「糸巻き」です。七夕の織姫にちなんだものとのことで、風流ですねぇ。細工が結構細かいですが、表面は練り切りで、中は白の漉し餡でした。

さて、お点前の方は先週に引き続き「17番」の器局点前です。今日こそは写真を撮るぞ!と気合を入れて臨みましたが、ピントを「接写」に設定したまま撮影していたようで、見事にピンボケ写真ばかりとなってしまいました(苦笑)。という訳で、使い物になるのが開始前の一枚だけですので、それを載せておきます。さて、器局とはなんぞや?ということですが、右側の茶色の木箱が「器局」で、別名は「茶箪笥」。中に色々な道具が入っていますが、詳細は次週のお楽しみということで。

クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ