煎茶道54回目

2006/6/27 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今回の和菓子は「夏衣」(なつごろも)です。このタイプは初めて見ましたので、ちょっと意表を突かれた感じで嬉しかったです。表面を包んでいるのは寒天か葛かよく分かりませんでしたが、プニプニとした弾力性がありまして、中の漉し餡とのコントラストで食感が楽しめました。

お点前のほうは先週から引き続き、「17番」の2回目です。器局の写真をまたもや撮り忘れたので、説明は省きますが、「16番」のお点前では、ちょっと特殊な茶托の取り方をするところがありまして、この「17番」のお点前ではそれが元に戻るんですが、結構皆さん最初は間違えられるらしく、私も例に漏れず、頭がこんがらがって間違ってしまいました(^_^;)




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ