煎茶道44回目

2006/4/11 | 投稿者: マルセタロー

デジカメを忘れてしまって写真がありませんが、今日の和菓子はお団子でした。何も考えず串を持ってそのままガブっといきましたが、串から外して頂くのが普通です。私が食べる様子を見ておられた方は、あまりにも躊躇なく食べているので、言うべきかどうか躊躇したそうです(^^;)

さて、ついにお手前は「14番」に進みました。これまた写真がないのが残念ですが、これは番茶手前でして、お茶を焙じる作業が入ってきます。よく古くなったお茶をフライパンなどで焙じると良いとは聞きますが、自宅でそんな手の込んだことはやったことがありませんので、お茶を焙じること自体が初体験です。

なお「14番」では「お炭手前」といって、炭を炉にセットするお手前も入ってきます。これが結構時間が掛かる曲者でして、これの次にお茶を焙じるお手前がありますので、全てのお手前が終了する頃には、久々にすぐに立てないほど足が痺れてしまいました。

それにしても実際にお茶を焙じていますと、なんともいえず香ばしい良い香りがしてきます。思わず茶香炉が買いたくなる衝動に駆られました(^^;)




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ