煎茶道40回目

2006/3/7 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今日の和菓子は「梅」です。あまりにもヒネリがないネーミングですが、実は新作とのことで、まだ正式な名前がついていないそうです。デジカメの充電を忘れていたので、今日は撮影が無理かと思いましたが、稽古の欠席者が多かったため、お土産に一個いただいてしまいました。これは家に持って帰ってきてから撮ったものです(形が若干ひしゃげていますが)。

クリックすると元のサイズで表示します

ついでなので断面も撮影してみました。表面は練り切りで、中は漉し餡でした。けっこう水分が多いらしく、懐紙に水が染み込んでいます。しかし、その水分が多いお蔭か、かなり時間が経っていたにもかかわらず、美味しく戴くことが出来ました。

お手前の方は引き続き「13番」で袱紗捌きに取り組んでいます。先生に袱紗で器具を清める意味をお伺いしたところ、あまり明確な意味は明らかになっていないようでした(笑)。しかし、改まった席のお手前では、器具を袱紗で清める動作が加わるとの事。ちなみに私がやっているお手前はお正月用ですので、改まった席の最たるものでしょう。

先週の土日で師範披露も無事に終わられたとのことで、終始のほほーんとした雰囲気の稽古となりました。あと、やっぱり4月に大きな茶会に出るみたいです。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ