煎茶道34回目

2006/1/24 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今回の和菓子は「こぼれ梅」です。表面は練りきりで、中は白の漉し餡でした。しかも今回はお休みの人が多くて、2個いただいてしまいました。飲むほうも、他の人が稽古されている煎茶・玉露・冷煎の玉露と次々と頂いて、帰る頃にはお腹がタポタポでした。

さて、お手前の方は引き続き「11番」のアラレ香煎です。これは一煎入れでお手前も結構簡単ですから、ほとんど手順の方は間違いなく出来るようになりました。しかし、アラレの塩加減はうまくいきませんで、水臭いアラレ水を飲んでいます。先生はその方が健康に良いとは言って下さいますが・・



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ