お雑煮

2006/1/4 | 投稿者: マルセタロー

新年明けましておめでとうございます。

昨年は色々と変化が激しい一年でしたが、今年は腰を落ち着けて、何事もじっくりモノにしていきたいと思っていますので、ノンビリとお付き合いの程を宜しくお願い致します。

さて、正月は大阪の実家に帰っていましたが、TVで正月番組を見ていますと、上沼恵美子と杉良太郎の対談をやっていました。番組でおせちを食べていましたが、その中でお雑煮の話になり、杉さんは神戸の出身とのことで、白味噌の雑煮がスタンダートとの事でした。

関西の雑煮が白味噌とはよく聞く話しですが、ふと考えてみますと、物心ついたときから、おすましの雑煮しか食べたことがありません。具の方は、丸餅・水菜・紅白の蒲鉾というシンプルなものです。

一体いつからこうなのか母親に聞いてみると「あ、それ私が嫌いなだけ」と、白味噌は一刀両断に切り捨てられました。しかもイモなどの具沢山もお気に召さないようで、我が家の雑煮はシンプルなものとなったようです。

私もこればっかり食べていますので、雑煮とはこんなものだと思っていましたが、世間とは若干ズレがあるようですので、改めて刷り込みのコワサを感じた年明けとなりました(^^;)



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ