煎茶道28回目

2005/12/6 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今日の和菓子は「かぶら」です。薯蕷饅頭ですので、手で割って食べるんですが、相変わらずお饅頭は苦手です。またいつものごとく?ビニールが付いたままですが、これはお皿にくっつかないための防護処置で、本当のお茶会では取り除きます。中は漉し餡で甘さが控えめ、玉露との相性も良かったですが、手で割った瞬間に、緑の部分がコロコロとこぼれ落ちたのには参りました

お手前の方は前回に引き続き「10番」でして、今までとは左右が逆のため、1回目は少しまごつきましたが、2回目以降は割合スムーズにいったようです(結局3回通しました)。ちなみにお手前の名前は「逆四方棚玉露手前」と言うそうで、そのまんまと言えばそのまんまなんですが、漢字が並んでいるとなかなか格好良さげに聞こえます。




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ