創世記・ヨハネの黙示録

2005/12/1 | 投稿者: マルセタロー

最近、思うところあって聖書を読み始めています。私の実家はプロテスタントのクリスチャンでしたので、私自身も中学生までは日曜日は教会に通っていました。しかし、高校くらいからでしょうか、何かしっくりこないものを感じて、教会から足が遠のいてしまいました。

現在は特定の宗教にこだわりなく、各宗教の本を斜め読みしている感じでしたが、最近「ダヴィンチ・コード」の影響からか、カタリ派やグノーシス主義についての出版物が目につくようになりましたので、元々の本家ともいうべき聖書を一から読んでみようかと思った次第です。

ペースとしては、一日につき旧約を3章、新約を1章のペースで読み進めて、1年で1回転を目標にしています。旧約の方は、ヨセフが登場してエジプトに奴隷として売られていく場面で、読んでいて非常に懐かしいです。

あと、新約の方ですが、興味があったので「ヨハネの黙示録」から読み始めてしまいましたが、今の実力では殆ど意味が分からずに悪戦苦闘中です。一応、最後まで行きましたら、改めて福音書から読み始めるつもりです。

聖書を本格的に読むのは20年ぶりぐらいです。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ